BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロングが上陸

2016.03.25 自動車ニュース
「BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング」
「BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング」

「BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング」日本上陸

独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2016年3月25日、高性能サルーン「BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング」を国内で初めて披露するとともに、注文受け付けを開始した。

「BMW 750i」比で158psアップの608psを発生する、4.4リッターV8ツインターボエンジン。
「BMW 750i」比で158psアップの608psを発生する、4.4リッターV8ツインターボエンジン。
BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング」のインテリア。
「BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング」のインテリア。
センターコンソールには、独自のシリアルプレート(写真左)が添えられる。
センターコンソールには、独自のシリアルプレート(写真左)が添えられる。
「BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=5250×1900×1490mm。3210mmという長めのホイールベースが確保されている。
「BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=5250×1900×1490mm。3210mmという長めのホイールベースが確保されている。

BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロングは、2016年3月のジュネーブモーターショーでデビューした、高性能な4ドアサルーン。今回、2016年秋のデリバリー開始に先駆け、輸入第1号車が公開された。

注目のポイントは、アルピナが独自のチューニングを施した4.4リッターV8ツインターボエンジン。ベースモデルとなる「BMW 750Li」(最高出力450ps、最大トルク66.3kgm)を大幅に上回る、608ps/5750-6250rpmと81.6kgm/3000-5000rpmを発生する。動力性能については、0-100km/hの加速タイムが4.2秒、最高速度は310km/hと公表されている。

トランスミッションは「アルピナ・スイッチトロニック」と名付けられた8段AT。日本仕様の駆動方式はFRに限られ、4WD車は設定されない。

内外装は、アルピナオリジナルのスポイラーや20インチアルミホイール、独自デザインのシート地やトリム類、計器盤などでドレスアップされている。ハンドル位置は、右のみとなる。

価格は、2395万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アルピナB3ビターボ リムジン(FR/8AT)【試乗記】 2013.10.21 試乗記 アルピナの新型「B3ビターボ」が、日本上陸を果たした。“至高の作品”とうたわれる、ハイパフォーマンスセダンの実力とは……?
  • アルピナD3ビターボ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.10 試乗記 圧倒的な速さと、傑出した快適さ。そしてそれらの調和の妙こそが、アルピナのアルピナたるゆえんだ。71.4kgm(700Nm)の最大トルクを誇るスーパーディーゼル「D3ビターボ」の走りやいかに? 高速道路とワインディングロードでその実力を試した。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その10) 2017.3.9 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。BMWは新型「5シリーズ」のワゴンバリエーション「5シリーズ ツーリング」を世界初公開。BMWアルピナは「B5ビターボ」を披露した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • アルピナB3 Sビターボ リムジン(FR/6AT)【試乗記】 2011.5.16 試乗記 アルピナB3 Sビターボ リムジン(FR/6AT)
    ……1060万8000円

    「BMW3シリーズ」ベースのプレミアムスポーツ「アルピナB3 Sビターボ」。3月に仕様変更を受けたばかりの最新モデルを試した。
ホームへ戻る