マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)

引き算が絶妙 2016.03.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。箱根のワインディングロードを目指した。

草の根モータースポーツのベースモデル

シュルン、と軽快敏しょうに走りだすその感覚は近ごろとんとご無沙汰していたものだ。何しろコンパクトボディーに自然吸気エンジンと6段MTを積んだ奇をてらわないFWD(前輪駆動)ハッチバックなど、今時なかなかお目にかかれない。物理的にも感覚的にも余計な装飾品で“盛られて”いない、そのすがすがしい簡潔さは若い人には新鮮に受け止められるだろうが、私にとってはむしろ懐かしく体になじむ。かつて、例えば「スターレット」やAE86という型式名で知られた「レビン/トレノ」、あるいは2/3代目「シビック」など、量産ベーシックカーを土台にほんの少し辛みをきかせた手ごろな価格のスポーティーモデルが妍(けん)を競ったあの頃を思い起こさせるのである。もちろん、その軽快感は安手な印象を与えるものではなく、当時の車よりはるかに洗練されているのはいうまでもない。これは茶道で言う「麁粗(そそう)に作る」という姿勢に近いのかもしれない、と思った。茶室の造作はさりげなく気取らずに(ぜいを尽くしたと見えては無粋)、しかしその実入念に精緻に作るという、あの心構えのことである。

デミオ15MBは、2015年秋にワンメイクレース用の「ロードスターNR-A」とともに発売された現行デミオの追加モデルで、ラリーやジムカーナ、ダートトライアルなどの競技に使用する車両のベースモデルとして使われることを想定したもの。ベーシックカテゴリーのモータースポーツを盛り上げたいという狙いを持つモータースポーツ・ベースグレードである。シンプル、ベーシックを旨としていることは疑いないが、とはいえ、モータースポーツ・ベース車両という言葉から想像されるようなスパルタンなモデルではない。内装や遮音材なども省いた、かつての“タイプR”のような、やる気むき出しの硬派モデルとは違う。目指すところは、日常使用でも実用性高く、イベント会場までの往復にも気軽に使える、いわゆるナンバー付き競技車両である。ということは、キメすぎない、やり過ぎない、その抑え具合が肝心。ちょうどいい“距離感”を保つということが実は難しい。メーカー主導の場合、どうしてもあれもこれもと盛り込みがちだが、デミオ15MBの場合は、どこを省いてどこを残すかという引き算のあんばいが適切といえるだろう。

「15MB」の室内装備はガソリンモデルのベースグレード「13C」に準じる。エアコンはマニュアルとなり、センターディスプレイはオーディオディスプレイとなるなど簡素化されている。
「15MB」の室内装備はガソリンモデルのベースグレード「13C」に準じる。エアコンはマニュアルとなり、センターディスプレイはオーディオディスプレイとなるなど簡素化されている。
「セグメント液晶オーディオディスプレイ」のアップ。コネクティビティーシステム「マツダ コネクト」が省かれるので、コントローラーの「コマンダーコントロール」も用意されない。
「セグメント液晶オーディオディスプレイ」のアップ。コネクティビティーシステム「マツダ コネクト」が省かれるので、コントローラーの「コマンダーコントロール」も用意されない。
シート表皮はクロス。「13C」と同様にストライプ柄となる。
シート表皮はクロス。「13C」と同様にストライプ柄となる。
試乗車のボディーカラーは「ソウルレッドプレミアムメタリック」。「15MB」というグレード名を示すオーナメントは付かない。
試乗車のボディーカラーは「ソウルレッドプレミアムメタリック」。「15MB」というグレード名を示すオーナメントは付かない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る