ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)

より速く よりロータスらしく 2016.03.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。

“隠れた良作”のさらなる進化

あれ? まだこんなによくなる余地があったんだ……。というのが、エヴォーラ400を走らせたときの驚きに近いファーストインプレッションだった。「エリーゼ」や「エキシージ」といったスター選手の陰に隠れ、2+2のシートを備えたやや大柄なエヴォーラに今ひとつ目立たない印象を抱いている人が多いようだけど、実はスポーツカーとしてもGTカーとしても、結構なポテンシャルを持つ実力派。もともとの完成度も高かった。だからこそ、そこからさらに望外といえるほどの進化を見せてくれたエヴォーラ400に、僕はうれしい驚きを覚えた、というわけだ。

でも考えてみれば、それも然(しか)りといえるのかもしれない。ロータス・エヴォーラの最新版であり、ロータスのフラッグシップに位置づけられているエヴォーラ400は、一見「エヴォーラにフェイスリフトを加えてエンジンをパワーアップしただけ」と捉えられがちだけど、実はほとんどフルモデルチェンジといえるくらいにさまざまな手が加えられたモデルなのだ。

確かに、最も目立っている進化が、スーパーチャージャー付き3.5リッターV6エンジンが従来の350ps/40.8kgmから406ps/41.8kgm へとパフォーマンスアップしたことであるのは事実だろう。おかげで、最高速はロータス史上初めて300km/hの領域へ届き、静止状態から100km/hまで4.2秒で到達する、ミドル級スーパースポーツカーとして十分に誇れるレベルの速さを手に入れたわけだ。

けれど、それは大いに歓迎すべき美点ではあるものの、あくまでも美点のひとつにすぎない。それを生かすためにあらゆる部分が磨きに磨かれていて、磨かれた部分がまたあまたの美点になっているのである。単純にスピードを手に入れただけじゃなく、クルマのパフォーマンスが全体的に底上げされているのだ。

「エヴォーラ400」はロータスのラインナップの中で最も大きなボディーを持つ最上級モデルであり、ミドシップ車でありながら2+2のシートレイアウトを実現している。
「エヴォーラ400」はロータスのラインナップの中で最も大きなボディーを持つ最上級モデルであり、ミドシップ車でありながら2+2のシートレイアウトを実現している。
2015年のマイナーチェンジにより内外装の意匠を変更するとともに、エンジンや足まわりの仕様、フレーム構造の形状などを改良。車名もそれまでの「エヴォーラ」から「エヴォーラ400」に改められた。
2015年のマイナーチェンジにより内外装の意匠を変更するとともに、エンジンや足まわりの仕様、フレーム構造の形状などを改良。車名もそれまでの「エヴォーラ」から「エヴォーラ400」に改められた。
「エヴォーラ400」のインストゥルメントパネルまわり。テスト車にはオプションの「アルカンタラパック」が採用されていた。
「エヴォーラ400」のインストゥルメントパネルまわり。テスト車にはオプションの「アルカンタラパック」が採用されていた。
車名の「400」は、同車の最高出力が400hp(406ps)であることに由来する。
車名の「400」は、同車の最高出力が400hp(406ps)であることに由来する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エヴォーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス、2016年11月8日より新価格で販売 2016.11.8 自動車ニュース エルシーアイは2016年11月8日、同日付けでロータス車の価格を改定すると発表した。新価格は「エリーゼ」シリーズが572万4000円から700万円、「エキシージ」シリーズが880万円から972万円、「エヴォーラ400」が1258万2000円となっている。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る