第338回:電動ハードトップの「マツダ・ロードスターRF」登場!
ニューヨークショーの会場で開発主査とデザイナーに話を聞いた

2016.03.28 エッセイ
「マツダMX-5 RF(日本名:ロードスターRF)」と、ロードスターの開発主査を務めるマツダの山本修弘(やまもと のぶひろ)氏。
「マツダMX-5 RF(日本名:ロードスターRF)」と、ロードスターの開発主査を務めるマツダの山本修弘(やまもと のぶひろ)氏。

かねてウワサのあった“電動ハードトップのロードスター”こと「マツダMX-5 RF(日本名:ロードスターRF)」が、ニューヨーク国際オートショーでついにお披露目された。商品の狙いは? あのカタチになった理由は? ショーの会場で開発者とデザイナーに聞いた。

ニューヨークショーのプレスカンファレンスで、「MX-5 RF」を紹介するマツダモーターオブアメリカ毛籠勝弘(もろ まさひろ)社長。
ニューヨークショーのプレスカンファレンスで、「MX-5 RF」を紹介するマツダモーターオブアメリカの毛籠勝弘(もろ まさひろ)社長。
「MX-5 RF」が展示されたマツダブースの前には、ご覧の人だかりが。
「MX-5 RF」が展示されたマツダブースの前には、ご覧の人だかりが。
「NC」こと3代目の「ロードスター」から開発に携わってきた山本氏。市販車だけでなく、ルマンカーのエンジン開発にも関わった人物である。
「NC」こと3代目の「ロードスター」から開発に携わってきた山本氏。市販車だけでなく、ルマンカーのエンジン開発にも関わった人物である。

もはや“脇役”にあらず

何を隠そう、「NC」こと3代目ロードスターは、モデルライフの終盤では販売の半数以上が電動ハードトップの「RHT」だったってご存じでしたか?

オープンカーというのはその特別感がイイトコロなのは言うまでもありませんが、いざ所有するとなると、その特別感が邪魔をする場合があるのも事実。「普段はクーペだけれど、ここぞという時はオープンにもなります!」というこのタイプは、やはり多くの方が選びやすいんですよね。

しかし、それくらい販売割合が高いとなると、「いっそRHTモデルを最初に出してから、その後にソフトトップ仕様を出すという考えもあったのでは?」と言いたくなったりもしますが、現行型ロードスターの開発主査である山本修弘氏によると「やはりロードスターはソフトトップのオープンカーであることが基本ですから、発表する順番を変えるのはあり得なかった」とのこと。とはいえ、開発当初からRHT を出すという構想はしっかりあったんだそうで、計画には織り込み済みだったんですね。

それにしても驚かされたのが、そのカタチ。世界中のスポーツカー好きが注目する中、ニューヨーク国際オートショーでお披露目されたハードトップのロードスターは、なんとファストバックスタイルのクルマでした。まさか! と心底驚かれた方も多かったのではないでしょうか? 事実、この私がそうでしたからね……。デザイン的にはひとこと「素直にカッコイイ!」というのが個人的な感想ですが、ロードスターのハードトップが登場したというよりも、「ロードスターRF」という新しいクルマが誕生したという印象の方が強かったですね。ちなみに「RF」とは、リトラクタブルの「R」とファストバックの「F」からなる造語ということでした。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターRFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る