第25回:元リーフタクシー運転手、最新型リーフに仰天する(その3)
リーフとリーフを取り巻く環境(都心ドライブ編)

2016.03.31 矢貫 隆の現場が俺を呼んでいる!?

2年半

2年半ぶりである。

リーフタクシー運転手を辞めて以来、久しぶりに「リーフ」のハンドルを握り都心を走った。そしてすぐに気がついたのは、リーフタクシーの姿がどこにも見当たらないことだった。

都内の某タクシー会社で潜入取材をしていた頃、5万台ほどある東京のタクシー(個人タクシーを含む)のなかで、リーフ(初期型)と「三菱i-MiEV」を合わせた電気自動車のタクシーは個人タクシーの1台を含め19台しかなくて(リーフタクシーの営業日誌、第4回第7回第17回参照)、いや、言い方を変えると、19台あったわけだけれど、徐々にその姿は消え、今ではすっかりいなくなってしまったかのようだ(少数は営業しているはず。けれど確認できず)。

理由の大きなひとつは電費の悪さ。真冬になったら40kmくらいしか走れないのでは、タクシー用車両として使うには無理がありすぎた(リーフタクシーの営業日誌最終回参照)。

と、過去の体験に照らし合わせて判断すれば、2年半の間にリーフタクシーの多くが姿を消したのは当然の結果だったように思う。

されど2年半なのである。

この2年半の間、かつて電費の悪さに泣かされた元リーフタクシー運転手の知らぬ間に、リーフとリーフを取り巻く環境は(その1)と(その2)で書いたごとく、すごいとしか言いようがない、まさに劇的な向上を遂げていたのだった。

数も増えた。

リーフタクシーは姿を消したけれど、一方、街で見かけるリーフの数は確実に多くなっている。リーフの販売台数が1万台を超えたという話をリーフタクシーで営業をしていた頃に聞いたけれど、その数は今や5万台だという。

販売開始からの累計販売台数は世界で20万台。そのうちの90%が北米、日本、欧州の3市場で占められている。販売台数の最多は北米で、9万台超、日本は2番目で約5万台、欧州は約4万台。
販売開始からの累計販売台数は世界で20万台。そのうちの90%が北米、日本、欧州の3市場で占められている。販売台数の最多は北米で、9万台超、日本は2番目で約5万台、欧州は約4万台。 拡大
 
第25回:元リーフタクシー運転手、最新型リーフに仰天する(その3)リーフとリーフを取り巻く環境(都心ドライブ編)の画像 拡大
矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 「日産リーフ」に国内累計販売10万台を記念した特別仕様車 2018.6.1 自動車ニュース 日産自動車は2018年6月1日、電気自動車「リーフ」に、国内累計販売台数が10万台を超えたことを記念した特別仕様車「X 10万台記念車」を設定し、販売を開始した。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記 2010年の登場以来、電気自動車(EV)普及の立役者として販売されてきた「日産リーフ」。7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した新型は、従来型よりも未来感覚あふれる走りと、意外なほどの快適性や静粛性を味わわせてくれた。
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
ホームへ戻る