メルセデス・ベンツE220d(FR/9AT)

最先端へようこそ 2016.03.31 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「メルセデス・ベンツEクラス」。その中核モデルである「E220d」に試乗した。オートノマスドライブ(自動運転)の実現に向けて、さまざまな新機軸が投入された新型は、われわれにいかなる運転体験をもたらしてくれるのだろうか。

“オートノマス”を大幅強化

W213型となる新しいEクラス。その技術的なトピックは枚挙にいとまがない。が、最も象徴的なのは先進の運転支援システム、ADASの充実ぶりにあるだろう。それをもってメルセデスは自ら、このモデルに「マスターピース・オブ・インテリジェンス」というキャッチフレーズを用いている。ベスト・オア・ナッシングが作る知の傑作。自ら掲げたハードルはむちゃくちゃに高い。

が、ドライブパイロットと名付けられた装備の数々は、さすがにその自信をうかがわせるにふさわしいものだ。ステレオマルチパーパスカメラによる映像認識機能はその視野を拡大。電動パワーステアリングとESPの片側ブレーキ介入を併用するレーンキープアシストは、前車の走行軌跡を認識しながら、白線の敷設環境が悪い場面でも追従を確実なものにするステアリングパイロットへと進化している。また、クルーズコントロール使用時は、後側方のレーダー測定によるブラインドスポットアシストの情報を元に、ウインカーと連動して車線変更を安全に完了させるアクティブレーンチェンジアシストも採用。前方レーダー情報を元に自主規制速度である210km/hまでの完全追従を可能としたディストロニックプラス、カメラで認識した速度標識に連動して巡航速度を自動調整するスピードリミットパイロットと合わせて、オートノマス的な機能が大幅に強化されている。

並行して、緊急停止・回避系の機能も以前から大きく進化を遂げた。交差点などで前方を横切る歩行者や車両等の認識・判定も可能となったアクティブブレーキアシストは、渋滞時の対前方車両であれば100km/h以内での緊急完全停止にも対応。歩行者に対しては単に止まるだけではなく、周囲の状況に応じてステアリングによる衝突回避動作を補助する回避ステアリングアシストも新たに加わるなど、その内容は現在メルセデスが実装するものとして最先端にある。

外観と同様に、内装も「Sクラス」や「Cクラス」と足並みをそろえたものとなる。インパネには横幅12.3インチ(約31.2cm)の液晶パネルが2枚並べて設置されており、横基調のデザインを形成している。
外観と同様に、内装も「Sクラス」や「Cクラス」と足並みをそろえたものとなる。インパネには横幅12.3インチ(約31.2cm)の液晶パネルが2枚並べて設置されており、横基調のデザインを形成している。
優雅な曲線を描くセンターコンソール。空調のスイッチやアナログクロック、COMANDのコントローラーなどが並ぶ。
優雅な曲線を描くセンターコンソール。空調のスイッチやアナログクロック、COMANDのコントローラーなどが並ぶ。
より豪華に仕立てられたシートも新型の自慢のひとつ。試乗車には、ダイヤモンドパターンのステッチが施されたdesigno(デジーノ)シートが装着されていた。
より豪華に仕立てられたシートも新型の自慢のひとつ。試乗車には、ダイヤモンドパターンのステッチが施されたdesigno(デジーノ)シートが装着されていた。
ボディーサイズは全長4923×全幅1852×全高1468mm。従来型と比較して全長が43mm延びた(欧州仕様同士の比較)。
ボディーサイズは全長4923×全幅1852×全高1468mm。従来型と比較して全長が43mm延びた(欧州仕様同士の比較)。
関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス ステーションワゴン」発表会の会場から 2016.11.29 画像・写真 メルセデス・ベンツ日本は新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表した。また、クリスマスイベントとして「Mercedes-Benz Connection NEXTDOOR Star Garden」をオープンする。発表会の様子を画像で紹介する。
  • メルセデス・ベンツE200アバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.22 試乗記 先進の運転支援システムをひっさげて登場した、新型「メルセデス・ベンツEクラス」に試乗。セリングポイントである安全装備の使い勝手や、軽量ボディーがもたらす走りの質を、2リッターのガソリン車「E200アバンギャルド スポーツ」でチェックした。
  • メルセデスAMG E43 4MATICステーションワゴン 2016.6.10 画像・写真 独ダイムラーは2016年6月6日、「メルセデスAMG E43 4MATICステーションワゴン」を発表した。その姿を画像で紹介する。401psの3リッターV6ツインターボエンジン搭載し、0-100km/h加速を4.7秒でこなす。
  • メルセデス・ベンツE220d(FR/9AT)【海外試乗記】 2016.3.31 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「メルセデス・ベンツEクラス」。その中核モデルである「E220d」に試乗した。オートノマスドライブの実現に向けて、さまざまな新機軸が投入された新型は、われわれにいかなる運転体験をもたらしてくれるのだろうか。
ホームへ戻る