メルセデス・ベンツE220d(FR/9AT)

最先端へようこそ 2016.03.31 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「メルセデス・ベンツEクラス」。その中核モデルである「E220d」に試乗した。オートノマスドライブ(自動運転)の実現に向けて、さまざまな新機軸が投入された新型は、われわれにいかなる運転体験をもたらしてくれるのだろうか。

“オートノマス”を大幅強化

W213型となる新しいEクラス。その技術的なトピックは枚挙にいとまがない。が、最も象徴的なのは先進の運転支援システム、ADASの充実ぶりにあるだろう。それをもってメルセデスは自ら、このモデルに「マスターピース・オブ・インテリジェンス」というキャッチフレーズを用いている。ベスト・オア・ナッシングが作る知の傑作。自ら掲げたハードルはむちゃくちゃに高い。

が、ドライブパイロットと名付けられた装備の数々は、さすがにその自信をうかがわせるにふさわしいものだ。ステレオマルチパーパスカメラによる映像認識機能はその視野を拡大。電動パワーステアリングとESPの片側ブレーキ介入を併用するレーンキープアシストは、前車の走行軌跡を認識しながら、白線の敷設環境が悪い場面でも追従を確実なものにするステアリングパイロットへと進化している。また、クルーズコントロール使用時は、後側方のレーダー測定によるブラインドスポットアシストの情報を元に、ウインカーと連動して車線変更を安全に完了させるアクティブレーンチェンジアシストも採用。前方レーダー情報を元に自主規制速度である210km/hまでの完全追従を可能としたディストロニックプラス、カメラで認識した速度標識に連動して巡航速度を自動調整するスピードリミットパイロットと合わせて、オートノマス的な機能が大幅に強化されている。

並行して、緊急停止・回避系の機能も以前から大きく進化を遂げた。交差点などで前方を横切る歩行者や車両等の認識・判定も可能となったアクティブブレーキアシストは、渋滞時の対前方車両であれば100km/h以内での緊急完全停止にも対応。歩行者に対しては単に止まるだけではなく、周囲の状況に応じてステアリングによる衝突回避動作を補助する回避ステアリングアシストも新たに加わるなど、その内容は現在メルセデスが実装するものとして最先端にある。

外観と同様に、内装も「Sクラス」や「Cクラス」と足並みをそろえたものとなる。インパネには横幅12.3インチ(約31.2cm)の液晶パネルが2枚並べて設置されており、横基調のデザインを形成している。
外観と同様に、内装も「Sクラス」や「Cクラス」と足並みをそろえたものとなる。インパネには横幅12.3インチ(約31.2cm)の液晶パネルが2枚並べて設置されており、横基調のデザインを形成している。
優雅な曲線を描くセンターコンソール。空調のスイッチやアナログクロック、COMANDのコントローラーなどが並ぶ。
優雅な曲線を描くセンターコンソール。空調のスイッチやアナログクロック、COMANDのコントローラーなどが並ぶ。
より豪華に仕立てられたシートも新型の自慢のひとつ。試乗車には、ダイヤモンドパターンのステッチが施されたdesigno(デジーノ)シートが装着されていた。
より豪華に仕立てられたシートも新型の自慢のひとつ。試乗車には、ダイヤモンドパターンのステッチが施されたdesigno(デジーノ)シートが装着されていた。
ボディーサイズは全長4923×全幅1852×全高1468mm。従来型と比較して全長が43mm延びた(欧州仕様同士の比較)。
ボディーサイズは全長4923×全幅1852×全高1468mm。従来型と比較して全長が43mm延びた(欧州仕様同士の比較)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • メルセデス、新型「Eクラス ステーションワゴン」を発売 2016.11.30 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年11月29日、新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表し、同日発売した。ワゴンならではの高い実用性を備えながら、セダンと同様の安全性と快適性を実現しているのが特徴。車両価格は712万~1186万円。
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス ステーションワゴン」発表会の会場から 2016.11.29 画像・写真 メルセデス・ベンツ日本は新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表した。また、クリスマスイベントとして「Mercedes-Benz Connection NEXTDOOR Star Garden」をオープンする。発表会の様子を画像で紹介する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る