日産がスカイラインの全車に予防安全装備を採用

2016.03.28 自動車ニュース

日産が「スカイライン」の全車に予防安全装備を採用

日産自動車は2016年3月28日、4ドアセダン「スカイライン」の仕様の一部変更を実施し、同年4月18日に発売すると発表した。

今回の仕様変更では、「350GTハイブリッド」「350GT FOURハイブリッド」「200GT-t」の3グレードに、自動緊急ブレーキなどからなる「全方位運転支援システム」を標準で採用。これにより現行型スカイラインでは同システムが全車標準装備となった。

今回変更のあった3グレードの価格は以下の通り。
・200GT-t:413万6400円
・350GT HYBRID:492万6960円
・350GT FOUR HYBRID:520万7760円

この他のグレードについては、仕様、価格ともに従来モデルからの変更はない。

(webCG)
 

「日産スカイライン350GTハイブリッド」
「日産スカイライン350GTハイブリッド」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第2回:独創のGT-R<1969年>
    技術とプライドの6気筒エンジン
    2017.7.13 自動車ヒストリー 日産がレースでの必勝を期して投入した「スカイライン」のハイパフォーマンスモデル「GT-R」。あまたの逸話に彩られた同車の歴史を、その前身である「プリンス・スカイラインGT」のエピソードとともに紹介する。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.7.28 試乗記 久々の4気筒ターボはまさかのドイツ製。メルセデスのエンジンを搭載した「200GT-t」に「スカイライン」の“らしさ”はあるか? その走りを試した。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る