日産がスカイラインの全車に予防安全装備を採用

2016.03.28 自動車ニュース

日産が「スカイライン」の全車に予防安全装備を採用

日産自動車は2016年3月28日、4ドアセダン「スカイライン」の仕様の一部変更を実施し、同年4月18日に発売すると発表した。

今回の仕様変更では、「350GTハイブリッド」「350GT FOURハイブリッド」「200GT-t」の3グレードに、自動緊急ブレーキなどからなる「全方位運転支援システム」を標準で採用。これにより現行型スカイラインでは同システムが全車標準装備となった。

今回変更のあった3グレードの価格は以下の通り。
・200GT-t:413万6400円
・350GT HYBRID:492万6960円
・350GT FOUR HYBRID:520万7760円

この他のグレードについては、仕様、価格ともに従来モデルからの変更はない。

(webCG)
 

「日産スカイライン350GTハイブリッド」
「日産スカイライン350GTハイブリッド」

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.7 試乗記 740psという途方もないパワーを誇る「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」に試乗。この地をはうかのごときファイティングブルは、スーパーカーの中のスーパーカー! とたたえるにふさわしい存在感に満ちていた。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
ホームへ戻る