日産がスカイラインの全車に予防安全装備を採用

2016.03.28 自動車ニュース

日産が「スカイライン」の全車に予防安全装備を採用

日産自動車は2016年3月28日、4ドアセダン「スカイライン」の仕様の一部変更を実施し、同年4月18日に発売すると発表した。

今回の仕様変更では、「350GTハイブリッド」「350GT FOURハイブリッド」「200GT-t」の3グレードに、自動緊急ブレーキなどからなる「全方位運転支援システム」を標準で採用。これにより現行型スカイラインでは同システムが全車標準装備となった。

今回変更のあった3グレードの価格は以下の通り。
・200GT-t:413万6400円
・350GT HYBRID:492万6960円
・350GT FOUR HYBRID:520万7760円

この他のグレードについては、仕様、価格ともに従来モデルからの変更はない。

(webCG)
 

「日産スカイライン350GTハイブリッド」
「日産スカイライン350GTハイブリッド」
関連記事 ホームへ戻る