日産がスカイラインの全車に予防安全装備を採用

2016.03.28 自動車ニュース

日産が「スカイライン」の全車に予防安全装備を採用

日産自動車は2016年3月28日、4ドアセダン「スカイライン」の仕様の一部変更を実施し、同年4月18日に発売すると発表した。

今回の仕様変更では、「350GTハイブリッド」「350GT FOURハイブリッド」「200GT-t」の3グレードに、自動緊急ブレーキなどからなる「全方位運転支援システム」を標準で採用。これにより現行型スカイラインでは同システムが全車標準装備となった。

今回変更のあった3グレードの価格は以下の通り。
・200GT-t:413万6400円
・350GT HYBRID:492万6960円
・350GT FOUR HYBRID:520万7760円

この他のグレードについては、仕様、価格ともに従来モデルからの変更はない。

(webCG)
 

「日産スカイライン350GTハイブリッド」
「日産スカイライン350GTハイブリッド」

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年) 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記