ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)

みんな誤解している 2016.04.01 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。

ジャガーはもっと売れていい

ジャガーは“誤解”をされている――うっかりそんなフレーズを用いると、今度はそんな言葉自体がまた、新たなる誤解を呼んでしまいそう。

けれども、少なくとも東京都心では「ひっきりなし」と表現しても過言ではないメルセデスやBMWを見かける頻度に比べると、ジャガー車を目にする機会が極端に少ないことに、「もしかすると、このブランドは不当な“過小評価”を受けているのではないか!?」と、そんな思いが拭えないことは事実なのだ。

日本で「輸入車」といえば、それが半ば自動的にドイツのブランドを指すのは周知のこと。その人気の一極集中ぶりは、決して今に始まったことではない。
もちろん、こうしてドイツの作品が人気独占にいたるのは、それなりの理由があったからこそ。いかにも「アウトバーンが鍛えた」というセリフがふさわしい高い高速安定性や、世界的に定評のある日本車に準じた信頼性などを否定するつもりは、もちろんない。

さらには、販売やサービス網の充実ぶりなど、車両本体以外の要因が少なくないことも当然想像できる。が、それにしても、見れば見るほど、乗れば乗るほどに、「本来はもっともっと売れておかしくないのに……」と、そんな思いがよぎるのが、昨今のジャガーの作品群に対する個人的な印象なのだ。

2014年春のジュネーブショーで世界初公開、同年秋に英国でデビューしたジャガーの4ドアセダン「XE」。日本へは2015年6月に導入された
2014年春のジュネーブショーで世界初公開、同年秋に英国でデビューしたジャガーの4ドアセダン「XE」。日本へは2015年6月に導入された。
「XE」のインテリアには木目やアルミなど複数の意匠の装飾パネルが用意されるが「ピュア」グレードで選べるのはグロスブラックのみとなる。
「XE」のインテリアには木目やアルミなど複数の意匠の装飾パネルが用意されるが「ピュア」グレードで選べるのはグロスブラックのみとなる。
トランクリッドを飾るジャガーのエンブレム。
トランクリッドを飾るジャガーのエンブレム。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XEの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
ホームへ戻る