キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/6AT)

IT大国の巨艦 2016.04.04 試乗記 全長およそ5.2mという巨体を誇るキャデラックの旗艦モデル「エスカレード」が、2016年モデルに進化。大幅に機能が強化されたインフォテインメントシステムの実力を、アメリカンフルサイズSUVならではの魅力と合わせてリポートする。

飛躍的に向上したインテリアの質感

キャデラックの最高級フルサイズSUV、エスカレードのドアを開けると、自動的にステップがスーッと車体下部から出てくる。大変静かで滑らかな動きに、もう一回やってみようかな、と思ったりする。でもってドアを閉めると、自動的にスーッと格納する。

トラックの運転席によじ登るように着座すると、そこは洗練された世界だった。インテリアの造作レベルが、このように申し上げてはなんだけれど、ヨーロッパの高級SUVと比べても遜色ない。キャディはすばらしくよくなっている。プレスリリースを一部抜き書きすると、「カットアンドソー(職人が手作りで素材を裁断・縫製し、ステッチを縫う)と呼ばれるキャデラック独自の優れた職人技が集結された最もクラシックかつラグジュアリーなインテリア」である。細部に若干アメリカ的な大味さはあるけれど、それはおおらかさと読み替えても抵抗がない。シートの腰の部分がものすごく硬いのが印象的で、最初は、硬すぎ! と思ったけれど、やがて慣れて背筋が伸びる。

2016年モデルの変更点の第一は、インフォテインメントシステムが「Apple CarPlay」に対応したことである。USBのジャックに「iPhone」をつなぐと、12.3インチの液晶画面が反応する。

エスカレードの日本仕様は装備の違いで「プレミアム」と「プラチナム」の2種類の設定がある。前者は1249万円、後者は1349万円と、100万円の差がある。後者は現行キャディで一番高い。どちらもレザーシートだけれど、プラチナムは運転席にマッサージ機能が付いていたり、革の総面積が違ったり、後席の住人用にDVDプレイヤー&スクリーンを前席ヘッドレストに備えていたりする。パワートレインは同じで、性能の違いはない。まあでも、この価格帯で100万円の違いだったらプラチナムをお求めしたいのが人情ではあるまいか。

「エスカレード プラチナム」のインテリア。2016年モデルではメーターまわりのデザインを変更。新たに高精細表示クラスターが採用された。
「エスカレード プラチナム」のインテリア。2016年モデルではメーターまわりのデザインを変更。新たに高精細表示クラスターが採用された。
ドアの開閉に連動して自動で展開、収納されるサイドステップ。上級グレード「プラチナム」に標準装備される。
ドアの開閉に連動して自動で展開、収納されるサイドステップ。上級グレード「プラチナム」に標準装備される。
米国には2WDの設定もあるが、日本仕様の駆動方式は4WDのみ。ダイヤル式のセレクターで、2WD、4WD、AUTOの3種類の走行モードを選択できる。
米国には2WDの設定もあるが、日本仕様の駆動方式は4WDのみ。ダイヤル式のセレクターで、2WD、4WD、AUTOの3種類の走行モードを選択できる。
ボディーカラーにはテスト車の「クリスタルホワイトトゥリコート」を含む全5色が設定されている。
ボディーカラーにはテスト車の「クリスタルホワイトトゥリコート」を含む全5色が設定されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る