クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/6AT)

IT大国の巨艦 2016.04.04 試乗記 全長およそ5.2mという巨体を誇るキャデラックの旗艦モデル「エスカレード」が、2016年モデルに進化。大幅に機能が強化されたインフォテインメントシステムの実力を、アメリカンフルサイズSUVならではの魅力と合わせてリポートする。

飛躍的に向上したインテリアの質感

キャデラックの最高級フルサイズSUV、エスカレードのドアを開けると、自動的にステップがスーッと車体下部から出てくる。大変静かで滑らかな動きに、もう一回やってみようかな、と思ったりする。でもってドアを閉めると、自動的にスーッと格納する。

トラックの運転席によじ登るように着座すると、そこは洗練された世界だった。インテリアの造作レベルが、このように申し上げてはなんだけれど、ヨーロッパの高級SUVと比べても遜色ない。キャディはすばらしくよくなっている。プレスリリースを一部抜き書きすると、「カットアンドソー(職人が手作りで素材を裁断・縫製し、ステッチを縫う)と呼ばれるキャデラック独自の優れた職人技が集結された最もクラシックかつラグジュアリーなインテリア」である。細部に若干アメリカ的な大味さはあるけれど、それはおおらかさと読み替えても抵抗がない。シートの腰の部分がものすごく硬いのが印象的で、最初は、硬すぎ! と思ったけれど、やがて慣れて背筋が伸びる。

2016年モデルの変更点の第一は、インフォテインメントシステムが「Apple CarPlay」に対応したことである。USBのジャックに「iPhone」をつなぐと、12.3インチの液晶画面が反応する。

エスカレードの日本仕様は装備の違いで「プレミアム」と「プラチナム」の2種類の設定がある。前者は1249万円、後者は1349万円と、100万円の差がある。後者は現行キャディで一番高い。どちらもレザーシートだけれど、プラチナムは運転席にマッサージ機能が付いていたり、革の総面積が違ったり、後席の住人用にDVDプレイヤー&スクリーンを前席ヘッドレストに備えていたりする。パワートレインは同じで、性能の違いはない。まあでも、この価格帯で100万円の違いだったらプラチナムをお求めしたいのが人情ではあるまいか。

「エスカレード プラチナム」のインテリア。2016年モデルではメーターまわりのデザインを変更。新たに高精細表示クラスターが採用された。
「エスカレード プラチナム」のインテリア。2016年モデルではメーターまわりのデザインを変更。新たに高精細表示クラスターが採用された。 拡大
ドアの開閉に連動して自動で展開、収納されるサイドステップ。上級グレード「プラチナム」に標準装備される。
ドアの開閉に連動して自動で展開、収納されるサイドステップ。上級グレード「プラチナム」に標準装備される。 拡大
米国には2WDの設定もあるが、日本仕様の駆動方式は4WDのみ。ダイヤル式のセレクターで、2WD、4WD、AUTOの3種類の走行モードを選択できる。
米国には2WDの設定もあるが、日本仕様の駆動方式は4WDのみ。ダイヤル式のセレクターで、2WD、4WD、AUTOの3種類の走行モードを選択できる。 拡大
ボディーカラーにはテスト車の「クリスタルホワイトトゥリコート」を含む全5色が設定されている。
ボディーカラーにはテスト車の「クリスタルホワイトトゥリコート」を含む全5色が設定されている。 拡大

いち早くApple CarPlayに対応

BOSEの16スピーカーのサラウンドサウンドシステムは、どちらのグレードも備えている。従ってテスト車にも付いているのだが、筆者の所有するiPhoneには音楽が入っていない。「iTunes」でダウンロードする21世紀的音楽文化の内側に入るのがコワイからである。客観的に申し上げて、こういう態度はいかんですね。16スピーカーの素晴らしさを試さなかったことが悔やまれる。

でも「Siri」は好きである。
原稿を書いている今、手を休めて「おはよう」と呼びかけると、「おはようございます。ただいまの時刻は13時3分です」と答えてくれる。この何気ない回答の中に、「おはようじゃねーだろ、もう昼よ」というアイロニーが込められていると感じたりする。

CarPlayとつなぐと、Siriの音声コマンドで、例えば道案内をしてくれる。日本市場においていち早くCarPlayを標準搭載したのは、IT文化の国アメリカのブランド、キャデラックだったのであった。「SRXクロスオーバー」だけは仲間外れですが。
今のところCarPlayに対応しているアプリは少ないけれど、ITの世界は時間の概念が異なるから、明日にはまたひとつ増えているかもしれない。

BOSEのアクティブノイズキャンセレーションも付いている。だから、室内はとても静かである。2階建てのビルを動かすように、やや緊張をもって恐る恐る走りだすと、そのような緊張などまったく必要がなかったことにすぐさま気づく。

リアのトランクが出っ張っているわけでもないのに全長が5195mmもあり、全幅は2メートルを超える。高さは1910mmである。デトロイト製フルサイズSUVは、最新科学に基づいたトレーニングによって鍛えられたアメリカンフットボールのアスリートのように、といってもよく知りませんけど、ドライバーの入力に対する反応に違和感がない。

2016年モデルの「エスカレード」は、従来モデルと比べてインフォテインメントシステムのタッチパネル式インターフェイスの処理速度が約4倍に向上。ナビゲーション機能が標準採用されたほか、スマートフォンを車載のインターフェイスで操作できる「Apple CarPlay」に対応した。
2016年モデルの「エスカレード」は、従来モデルと比べてインフォテインメントシステムのタッチパネル式インターフェイスの処理速度が約4倍に向上。ナビゲーション機能が標準採用されたほか、スマートフォンを車載のインターフェイスで操作できる「Apple CarPlay」に対応した。 拡大
シートは「プレミアム」「プラチナム」ともに本革だが、革の種類が異なっており、プラチナムの場合、1、2列目にはセミアニリン仕上げのナッパレザー、3列目にはムーランレザーが用いられている。
シートは「プレミアム」「プラチナム」ともに本革だが、革の種類が異なっており、プラチナムの場合、1、2列目にはセミアニリン仕上げのナッパレザー、3列目にはムーランレザーが用いられている。 拡大
クロムメッキのインサート(装飾パーツ)が用いられた「プラチナム」のホイール。タイヤサイズは全車共通で285/45R22。
クロムメッキのインサート(装飾パーツ)が用いられた「プラチナム」のホイール。タイヤサイズは全車共通で285/45R22。 拡大
2016年モデルの「エスカレード」には、新たにステアリングアシスト付きの「レーンキープアシスト」機能が採用された。
2016年モデルの「エスカレード」には、新たにステアリングアシスト付きの「レーンキープアシスト」機能が採用された。 拡大

また乗ってみたくなる

車重は2650kgある。この種のSUVとしては決して重くもあるまいが、もちろん軽くもない。それがためらうことなくスッと動く。「シボレー・コルベット」とまったく同じ排気量、まったく同じボア&ストロークの6.2リッターV8 OHV自然吸気ユニットのトルキーな特性によるものだろう。排気量に勝るチューニングなし。

自社製6段オートマチックは極めてハイギアードで、100km/h巡航は1500rpmにすぎない。乗り心地は高級ホテルのエアベッドで眠るがごとく、ではなくて、西部劇に出てくる牧場のロッヂのベッドといった感じ。これはこれで味わいがある。前ダブルウイッシュボーン、後ろ5リンクリジッドのトラック用シャシーに22インチの巨大なタイヤ&ホイールを履いていることをハンディとしていない。リジッド特有の細かい振動は微妙にあるものの、可変ダンピングと車重の重さが効いていて、全般的には上下動が少ないフラットな乗り心地を実現している。

さらに2016年モデルでは「レーンキープアシスト」に代表される最新のセーフティーデバイスが新たに装備された。駐車時に便利な360度の俯瞰(ふかん)映像が見られる「サラウンドビジョン」も付いている。2列目はミニバンみたいに広い。3列目にも大人が座れる。大きいってすばらしい。何より、外観が『スター・ウォーズ』の帝国軍みたいでステキだ。

目的地に到着後、Siriに「終了」と言ったら、「終了ですか。せめて、さようならと言ってください」と返された。なんだか、エスカレードにそう言われたような気がした。また会いたい。

(文=今尾直樹/写真=郡大二郎)

米国では2016年モデルの「エスカレード」のトランスミッションは8段ATだが、日本仕様では6段ATのままとなっている。
米国では2016年モデルの「エスカレード」のトランスミッションは8段ATだが、日本仕様では6段ATのままとなっている。 拡大
426psを発生する6.2リッターV8エンジン。バルブ駆動はシンプルなOHVだが、筒内直接燃料噴射システムや可変バルブタイミング機構、気筒休止システムなどが採用された最新エンジンである。
426psを発生する6.2リッターV8エンジン。バルブ駆動はシンプルなOHVだが、筒内直接燃料噴射システムや可変バルブタイミング機構、気筒休止システムなどが採用された最新エンジンである。 拡大
「エスカレード」には磁性流体を用いた可変ダンパー「マグネティックライド」が標準装備されている。
「エスカレード」には磁性流体を用いた可変ダンパー「マグネティックライド」が標準装備されている。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

テスト車のデータ

キャデラック・エスカレード プラチナム

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5195×2065×1910mm
ホイールベース:2950mm
車重:2650kg
駆動方式:4WD
エンジン:6.2リッターV8 OHV 16バルブ
トランスミッション:6段AT
最高出力:426ps(313kW)/5600rpm
最大トルク:63.5kgm(623Nm)/4100rpm
タイヤ:(前)285/45R22 110H M+S/(後)285/45R22 110H M+S(ブリヂストン・デューラーH/Lアレンザ)
燃費:シティー=14mpg(約6.0km/リッター)、ハイウェイ=21mpg(約8.9km/リッター)(米国EPA値)
価格:1349万円/テスト車=1368万2900円
オプション装備:ボディーカラー<クリスタルホワイトトゥリコート>(12万9000円)/フロアマット<6枚セット>(6万3900円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:1719km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(プレミアムガソリン)
参考燃費:--km/リッター

キャデラック・エスカレード プラチナム
キャデラック・エスカレード プラチナム 拡大

関連キーワード:
エスカレードキャデラック試乗記

あなたにおすすめの記事