フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)

“愛されキャラ”の確かな進化 2016.04.01 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。

変わったのは見た目だけにあらず

フィアット500に初めてといえる大掛かりなマイナーチェンジが行われた。というと「どこが?」と感じる方もおられるだろう。そう、パッと見ではなじみ深い姿に相変わらずの“陽気な友達”な雰囲気。だけど、どこか違う。そんな感じなのだ。

でも、よくよく見ていくと結構変わっている。エクステリアではフロントグリルの形状が変わり、その左右にガーニッシュが追加され、ナンバープレートの真上に長めのモールが配された。ランプ類に関しても、ポジションランプが大型のLEDデイライトとなったほか、ヘッドランプも立体感のあるデザインとなった。テールランプは中央にボディー同色のパネルが見えるドーナツ型のものに改められ、バックランプとリアフォグランプはバンパー下に移設された。そしてもちろん前後バンパーの形状そのものも変更されており、結果、全体的にエレガントで高級感のある趣となった。

インテリアでは、ダッシュボードに5インチのタッチスクリーンが埋め込まれ、USBなどの外部入力端子と合わせて、スマートフォンや音楽プレーヤーとの連携や、携帯電話のハンズフリー通話などに対応できるようになった。またオプションだが、この5インチモニターの代わりに7インチのナビを埋め込むことも可能だ。シートもヘッドレストの形状が変更され、生地がチェックやヘリンボーン柄の絶妙にしゃれたものになった。

……いや、書き切れない。なにせ細かなパーツまで含めれば1900にもなる変更がなされているのだ。その一方で、パワートレインやサスペンションまわりといったメカニカルなパートに関しては、何ひとつアナウンスがない。変更はない、ということなのだろう。けれど実際に走らせてみたら「あれ?」と感じられるくらいに違っていたから驚かされた。

試乗したのはツインエアエンジン搭載車だったのだが、ツインエア特有の楽しさはそのままに、サウンドはやや静かになり、振動も減ったように感じられた。デュアロジックの変速スピードもわずかに速くなり、スムーズさを増している。サスペンションも同様で、乗り味が少し締まったように感じられる反面、動きのしなやかさも増していて、高速域でのフラット感も心なしか高くなっている。コーナーではさらにクルッと気持ちよくターンしてくれる感覚が強くなったように思える。全体的に、微妙だけど確実な進化を遂げていることが分かるのだ。

もちろん機構的には変更はないのだろう。けれど、おそらくさまざまな部分に“熟成”という名の魔法がていねいに振り掛けられている。販売が好調なモデルに手を入れるのはリスキーでやりにくいものだが、フィアットはそれを見事にクリアしたのだ。と同時に、デビュー10周年を前にしたこの小さな技の集大成は、持ち前の“愛されキャラ”を大事にしつつ、まだまだこのクルマを作り続けることの意思表示。それがとても喜ばしいことに思えるのは、僕自身がこのクルマのキャラクターを愛しちゃってるからなのだろうか?

(文=嶋田智之/写真=田村 弥)

【スペック】
全長×全幅×全高=3570×1625×1515mm/ホイールベース=2300mm/車重=1040kg/駆動方式=FF/エンジン=0.9リッター直2 SOHC 8バルブ ターボ(85ps/5500rpm、14.8kgm/1900rpm)/トランスミッション=5AT/燃費=24.0km/リッター/価格=259万2000円

2007年7月にデビューした「フィアット500」。大掛かりなマイナーチェンジは今回が初となる。
2007年7月にデビューした「フィアット500」。大掛かりなマイナーチェンジは今回が初となる。
今回のマイナーチェンジでは、外観デザインの一部を変更。上級グレードの「ラウンジ」では、ホイールの意匠も変更されている。
今回のマイナーチェンジでは、外観デザインの一部を変更。上級グレードの「ラウンジ」では、ホイールの意匠も変更されている。
インテリアでは、ダッシュボードにインフォテインメントシステム用のタッチスクリーンが装備されたのが、最大の変更点となっている。
インテリアでは、ダッシュボードにインフォテインメントシステム用のタッチスクリーンが装備されたのが、最大の変更点となっている。
シートについては、特徴的な丸いヘッドレストの形状を変更したほか、新しいデザインのシート表皮を採用した。
シートについては、特徴的な丸いヘッドレストの形状を変更したほか、新しいデザインのシート表皮を採用した。
「ツインエア」と呼ばれる0.9リッター2気筒ターボエンジン。動弁機構には、油圧制御でバルブを動かす「マルチエア」というシステムを採用している。
「ツインエア」と呼ばれる0.9リッター2気筒ターボエンジン。動弁機構には、油圧制御でバルブを動かす「マルチエア」というシステムを採用している。
「フィアット500ツインエア ラウンジ」
「フィアット500ツインエア ラウンジ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
ホームへ戻る