第2回:プジョー208アリュール シエロパッケージ

フランスの美意識が息づいている 2016.04.20 最新モデルが語る PEUGEOTの“今”<PR> フランス車ならではのしゃれた雰囲気と、取り回しのしやすいコンパクトなボディー、そして快活で気持ちのよい走りが身上の「プジョー208」。新しいパワートレインを得て、その走りはどう変わったか? 3人の論客が208の魅力を語り尽くす。

【どんなクルマ?】
デザインや装備だけでなく、走りのよさも魅力

日本ではおしゃれ感度の高い人や、走りにコダワリを持つ層を中心に人気を得てきたプジョー。そのなかでも、強豪ひしめくコンパクトカークラスにおいて、自分流のスタイルでクルマを乗りこなす楽しみを与えてくれる存在といえば208の名が挙げられるだろう。

最近のプジョーは美しく繊細に描かれたデザインに洗練性が息づいているが、それに加えて208は、2015年10月のマイナーチェンジでスポーツ性を際立たせた意匠に変貌を遂げた。今回試乗したのは、快適装備をプラスした「208アリュール シエロパッケージ」。ドアミラーはクロム仕立て。フロントグリルにも周囲を取り囲むようにクロムアクセントを配し、リアウィンドウにはスーパーティンテッドガラスを標準装備するなど、上質感とスポーティーさを表現した仕様となる。さらに、208のラインナップで唯一の設定となるガラスルーフは、車内に自然光を取り入れられるだけでなく、後席の乗員にとっては視界が開けてドライブ中に開放感が得られるところもうれしい。また周囲が暗くなると、車内ではガラスルーフのふちに仕込まれたブルーの間接照明がともり、室内の雰囲気をムーディーに演出してくれることが新感覚のドライブ体験に結びつく。

デザインや装備の進化以上に話題になっているのが、パワートレインの刷新だ。これまでにも設定されていた4気筒の1.6リッター直噴ターボエンジン+6段MT、3気筒 1.2リッターの自然吸気エンジン+5段MTに加えて、「スタイル」「アリュール」「GTライン」の3つのグレードには、「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2015」を受賞した“ピュアテック”3気筒1.2リッター直噴ターボエンジンが採用され、6段ATが組み合わされた。小排気量エンジンだけに、さまざまなシーンでの扱いやすさが気になるところだ。

→「プジョー208」オフィシャルサイト

プジョーのBセグメントコンパクトとして2012年に登場した「208」。これまでに累計100万台以上が生産されている。
プジョーのBセグメントコンパクトとして2012年に登場した「208」。これまでに累計100万台以上が生産されている。 拡大
「アリュール」には左右独立温度調整機能付きオートエアコンや前席センターアームレスト、レザーステアリングホイールなどが装備されている。
「アリュール」には左右独立温度調整機能付きオートエアコンや前席センターアームレスト、レザーステアリングホイールなどが装備されている。 拡大
「シエロパッケージ」に装備されるパノラミックガラスルーフ。フチの部分にはブルーのイルミネーションが備わる。
「シエロパッケージ」に装備されるパノラミックガラスルーフ。フチの部分にはブルーのイルミネーションが備わる。 拡大
デビューから3年を経て初のマイナーチェンジを受けた「208」。フロントまわりでは、グリルやバンパーの意匠が大きく変更された。
デビューから3年を経て初のマイナーチェンジを受けた「208」。フロントまわりでは、グリルやバンパーの意匠が大きく変更された。 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー5008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.19 試乗記 プジョーの多人数乗車モデル「5008」が、ミニバンから3列シートのSUVに大変身。ガソリンエンジンを搭載したエントリーグレード「アリュール」の試乗を通し、「3008」のストレッチバージョンとなった新型の出来栄えを確かめた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
ホームへ戻る