「キャプチャー」
ルノー、4台の注目モデルを日本初公開

ルノー、4台の注目モデルを日本初公開

ルノー・ジャポンは、2011年11月30日のプレスデイで開幕する第42回東京モーターショーに、4台のジャパンプレミアを出展する。

「ルノー・カングー イマージュ」
ルノー、4台の注目モデルを日本初公開
「ルノー・ウインド ゴルディーニ」
ルノー、4台の注目モデルを日本初公開
「ルノー・メガーヌ グラスルーフ カブリオレ」
ルノー、4台の注目モデルを日本初公開

今回の東京モーターショーで同社は、コンセプトモデル1台と2012年市販モデル3台の計4台のジャパンプレミアを発表する。

コンセプトモデル「キャプチャー」は、2011年のジュネーブショーで初公開されたスポーティーなクロスオーバー車。「2人で世界を旅する」をテーマに、ルノーの今後のロードカーデザインの方向性を示しているという。走りの楽しみとCO2排出量の削減を両立させたという“dCi160ツインターボエナジーコンセプトエンジン”を搭載する。

一方、2012年の市販予定車として、「ルノー・カングー イマージュ」、「ルノー・ウインド ゴルディーニ」、「ルノー・メガーヌ グラスルーフ カブリオレ」が発表される。

「カングー イマージュ」は、カングー ビボップと同じデザインのバンパーが装着され、明るい彩りのツートーンの内装が採用されたモデル。
ウインド ゴルディーニ」は、電動回転格納式ハードトップを備えた小型オープンカー「ルノー・ウインド」のスポーティ版として、2011年のジューネーブショーで発表されたもの。
メガーヌ グラスルーフ カブリオレ」は、先代型と同様に全自動格納式の全面ガラスルーフが用いられている。

この他、「メガーヌ ルノー・スポール」や、「メガーヌGTライン」も展示される。

(文=滝本智志)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る