「キャプチャー」
ルノー、4台の注目モデルを日本初公開

ルノー、4台の注目モデルを日本初公開

ルノー・ジャポンは、2011年11月30日のプレスデイで開幕する第42回東京モーターショーに、4台のジャパンプレミアを出展する。

「ルノー・カングー イマージュ」
ルノー、4台の注目モデルを日本初公開
「ルノー・ウインド ゴルディーニ」
ルノー、4台の注目モデルを日本初公開
「ルノー・メガーヌ グラスルーフ カブリオレ」
ルノー、4台の注目モデルを日本初公開

今回の東京モーターショーで同社は、コンセプトモデル1台と2012年市販モデル3台の計4台のジャパンプレミアを発表する。

コンセプトモデル「キャプチャー」は、2011年のジュネーブショーで初公開されたスポーティーなクロスオーバー車。「2人で世界を旅する」をテーマに、ルノーの今後のロードカーデザインの方向性を示しているという。走りの楽しみとCO2排出量の削減を両立させたという“dCi160ツインターボエナジーコンセプトエンジン”を搭載する。

一方、2012年の市販予定車として、「ルノー・カングー イマージュ」、「ルノー・ウインド ゴルディーニ」、「ルノー・メガーヌ グラスルーフ カブリオレ」が発表される。

「カングー イマージュ」は、カングー ビボップと同じデザインのバンパーが装着され、明るい彩りのツートーンの内装が採用されたモデル。
ウインド ゴルディーニ」は、電動回転格納式ハードトップを備えた小型オープンカー「ルノー・ウインド」のスポーティ版として、2011年のジューネーブショーで発表されたもの。
メガーヌ グラスルーフ カブリオレ」は、先代型と同様に全自動格納式の全面ガラスルーフが用いられている。

この他、「メガーヌ ルノー・スポール」や、「メガーヌGTライン」も展示される。

(文=滝本智志)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • 新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」が日本上陸 2017.9.6 自動車ニュース FCAジャパンは2017年9月6日、高性能スポーツサルーン「アルファ・ロメオ・ジュリア」を発表した。同年10月14日に、全4モデルのラインナップで販売を開始する。価格は446万円から1132万円まで。
  • ルノーの新型SUV「カジャー」、限定車が先行上陸 2017.8.31 自動車ニュース 「カジャーBose」は、2018年初頭に国内本導入が予定されている「カジャー」の先行発売モデルである。名前の通りBOSEサウンドシステムを特別装備するほか、専用デザインのシートとパノラミックルーフも与えられる。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る