第3回:プジョー2008 CROSSCITY

都会とアウトドアを行き来する人へ 2016.04.26 特集 都会でも、アウトドアでも映えるクロスオーバーモデル「プジョー2008」に、特別仕様車「CROSSCITY」が登場。カタログモデルからさらに高められたオフロード性能と、専用にコーディネートされた内外装が織り成す魅力に触れた。

【どんなクルマ?】
コンパクトハッチバックとSUVの“いいとこ取り”

プジョー2008とは、簡単に言えばコンパクトハッチバックである「プジョー208」のクロスオーバー版。コンパクトカーの合理性とSUV的なタフさを併せ持つ、“1粒で2度おいしい”タイプのモデルである。2540mmというホイールベースはベースとなった208と同じだが、全高はプラス100mmの1570mmとなっている。

中でも今回試乗したCROSSCITYは、2016年3月に発売された特別仕様車。特筆すべきは刷新されたパワートレインで、1.2リッターの3気筒ターボエンジンに最新の6段ATを組み合わせる。ちなみにこの1.2リッター「PureTech」ターボエンジンは、「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2015」の1~1.4リッター部門で最優秀賞に選ばれている。

このクルマの特記事項はもうひとつある。それは、滑りやすい路面でも駆動力を確保するために機能する、「グリップコントロール」というシステムが採用されたことだ。これは進化版トラクションコントロールシステムとも呼ぶべき仕組みで、路面状況に応じて駆動輪へのエンジントルクの供給とブレーキをコントロールし、駆動力を最適化することができる。
具体的には「ノーマル」(舗装路)、「スノー」(雪道)、「マッド」(ぬかるみ)、「サンド」(砂地)、そしてESCを解除する「OFF」の5つのモードからなり、さまざまな状態の路面に対応するオールシーズンタイヤの力も借りて、タフな路面コンディションでも安全に走れるようアシストしてくれる。

また、プジョー2008 CROSSCITYには、内外装にもSUV的な雰囲気を強調するためにいくつかの専用装備が備わる。エクステリアでは、ボディーサイドのステッカー、黒いドアミラー、ツートンの17インチアルミホイールが、全体を精悍(せいかん)に引き締める。
インテリアに目を移すと、シートやステアリングホイールに施されたグリーンのステッチが、「アウトドアのアクティビティーを楽しむクルマ」というキャラクターを強調する。ほかにも、ボディーサイドのステッカーと合わせてコーディネートされたフロアマットや、フロントドアステップガードもこのクルマの特徴となっている。

→「プジョー2008 CROSSCITY」オフィシャルサイト

2016年3月に発売された「プジョー2008」の特別仕様車「CROSSCITY」。2015年2月にも同名のモデルが限定で販売されているが、その内容は大きく異なるものとなっている。
2016年3月に発売された「プジョー2008」の特別仕様車「CROSSCITY」。2015年2月にも同名のモデルが限定で販売されているが、その内容は大きく異なるものとなっている。
専用デザインのシートやドアグリップ、フロアマットなどでコーディネートされた「2008 CROSSCITY」のインテリア。
専用デザインのシートやドアグリップ、フロアマットなどでコーディネートされた「2008 CROSSCITY」のインテリア。
シートはファブリックとテップレザーのコンビタイプで、前席にはヒーターが標準装備される。
シートはファブリックとテップレザーのコンビタイプで、前席にはヒーターが標準装備される。
「ERIDAN」と呼ばれるツートン仕様の17インチアルミホイールと、ボディーサイドを飾るステッカーも「2008 CROSSCITY」の特徴となっている。
「ERIDAN」と呼ばれるツートン仕様の17インチアルミホイールと、ボディーサイドを飾るステッカーも「2008 CROSSCITY」の特徴となっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る