「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ911カレラS(前編)

2016.03.31 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ911カレラS(前編)の画像

「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ911カレラS(前編)

SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー・谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「ポルシェ911カレラS」。3リッターの水平対向6気筒ターボユニットを搭載する新型のハンドルを握り、その魅力を考えた。

 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ911カレラS(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ911カレラS(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ911カレラS(前編)の画像

■ポルシェは“へこたれない”スポーツカーだ!

「僕はポルシェのドライビングスクールを時々お手伝いさせてもらっているんで、わりとポルシェはいろいろと乗っていますよ」と語る谷口信輝。端的に言って、その魅力はどこにあるのだろうか? 「ポルシェのいいところは、サーキットを走らせても簡単には“へこたれない”こと。エンジンの水温、油温、それからギアボックス、ブレーキと、温度の許容レベルがものすごく高いところに設定されているんですね。だから、サーキットで連続走行してもまず問題が起きない。これが、ダメなスポーツカーだったらブレーキとかがすぐに“へこたれる”。これこそ、ポルシェのすごいところですよね」

もうひとつ谷口が挙げたのは“wrong end”とも呼ばれる911特有のリアエンジン・レイアウトについてだった。「これこそポルシェのこだわりでしょ? でも、彼らはずっとリアエンジンを熟成し続けてきた。おかげでリアのトラクションは本当にものすごい。今日はあいにくの雨で、しかも最初はタイヤが冷えていたから、トラクションコントロールを切って発進すると結構ホイールスピンしていたけれど、ちょっと走ってタイヤを温めさえすれば、こんなにパワーがあるクルマをぬれた路面で走らせてもすごいトラクションが得られる。二輪駆動でこれほど高いトラクション性能を持っているクルマは、めったにありませんよね」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
911ポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911 RSR/911 GT3 R/911 GT3 Cup【海外試乗記】 2017.9.5 試乗記 デビューイヤーの2017年から、さまざまなレースで高い戦闘力を見せつけている「ポルシェ911 RSR」。レーシングドライバーにして“ポルシェ使い”の田中哲也氏が、レーシング911の走りの最前線をリポートする。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • 第57回:激安エリート特急の大勝利(たぶん) 2017.9.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第57回は「激安エリート特急の大勝利(たぶん)」。海千山千の中古ドイツ車専門店で「BMW 320d」の購入を決めた筆者。不安を抱えつつ、ようやく迎えた納車日だったが……。気になるクルマの状態は?
  • BMW 540i xDriveツーリング Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.6 試乗記 2017年春に世界初公開された新型「BMW 5シリーズ ツーリング」のデリバリーが国内でスタート。その走りや使い勝手はどれほどのものか、最上級モデル「540i xDriveツーリング Mスポーツ」で確かめた。
  • ホンダ CBR250RR(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.16 試乗記 250ccの排気量で動力性能を極める……。ここにきて再燃の兆しを見せる“ニーハン”クラスのバイク競争に、ホンダがニューモデル「CBR250RR」を投入した。由緒正しき“RR”の名を冠する、小さなスーパーバイクの実力を試す。
ホームへ戻る