日産タイタンXD プラチナムリザーブ(4WD/6AT)/NP300ナバラ ダブルキャブ(4WD/6AT)/NV350キャラバン ライダー ブラックライン トランスポーター(FR/5AT)/NV350キャラバン プレミアムGX(FR/5AT)/e-NV200 G(FF)

本物はカッコいい 2016.04.05 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。

商用車は教えてくれる

はたらくクルマがカッコいいのはどうしてか? 商用車がもつ“遊びじゃない感”が独特の迫力を醸し出すからではないだろうか。家でパジャマのままゴロゴロしているお父さんはダサいのに、スーツを含むユニホーム姿でバリバリ仕事をしているお父さんの姿がカッコよく見えるのと同じ。はたらくクルマがはたらいている時というのは、F1マシンがレースしているときと同じで、輝いているからカッコいいのだろう。

ユニホームというのはどんな種類であっても、本当にその仕事をしている人じゃないと着こなせないようにできている。ワークウエアのカタログで金髪の長身モデルがニッカポッカでポーズをとってもカッコよくないが、早朝に疲れた表情で缶コーヒー片手に商用ワンボックスに乗り込む5頭身のおっさんのくたびれたニッカポッカ姿はなぜかカッコよく見える。少なくとも頼もしく見える。コスプレじゃダメなのだ、本物じゃないと。まぁある種のコスプレがそれはそれで魅力的なのも否定しないが。

話をクルマに戻そう。要するにモデルのコスプレニッカポッカ姿は、実際には悪路になんか足を踏み入れないSUVみたいなもので、逆に本職のおっさんのニッカポッカ姿は、遊びじゃなく本当に過酷な用途にさらされているバンやトラックなのだ。カッコよく見られることなんかみじんも考えず、ひたすら仕事に役立つカタチや性能を徹底的に追求するとカッコよくなるというのは、逆説的で示唆に富んでいるじゃないか。カッコよくない男がモテるために必要なのはおしゃれなんかじゃない。仕事なのだということを商用車が教えてくれている。

日産が開催した商用車の試乗会で、とっかえひっかえ商用車を運転しながらそんなことを考えていた。

ずらりと並んだ日産の小型商用車(LCV)。日産が世界で販売する新車の5台に1台がLCVという。
100%電気トラックの「e-NT400」。小型トラックの「アトラス」をベースに、電気自動車の「リーフ」のコンポーネンツを搭載している。
「NV350キャラバン」をベースにした特装車。写真右がリフト機能を備えた「リフター」、その左隣が車いす用リフターを持つ「チェアキャブ」。
「NV200バネット」。1.6リッター直4ガソリンエンジンを搭載。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る