ポルシェ911カレラS(RR/7AT)

ほっぺたをつねりたくなる 2016.04.06 試乗記 3.8リッター自然吸気から3リッターツインターボへとパワーユニットを変更した「911カレラS」に試乗。最新型はどんなクルマに仕上がったのか? さまざまなシチュエーションでのドライブフィールに加え、燃費性能についてもリポートする。

フツーのカレラにもターボが付いた

ポルシェ911のカレラって、どんなクルマ? 「ターボの付いていない、フツーの911」。そう答えればよかったカレラ系にもターボが付いたのが、新型911シリーズ最大のニュースである。

その最新型911カレラSを都内で受け取ったとき、車載燃費計は4.7km/リッターだった。“ダウンサイジングターボ化”された水平対向6気筒は3リッターツインターボ。420psの最高出力は従来のカレラS用自然吸気3.8リッターを20psしのぐ。燃費はこんなもんか。と思って都内を泳ぎ出し、首都高から中央道に入る。20km走ったところで再び満タンリセット後の燃費をチェックすると、8.4km/リッターになっていた。

低負荷走行時にアクセルを緩めると、ノーマルモードではアイドリングに落ちて惰性走行する。クラッチがつながっても100km/hなら7速トップで1800rpmだ。そこで“スポーツ”に切り替えると、6速に落ちて2200rpm、“スポーツ+”だとエンジンがうなって4速まで落ちるが、それでもまだ3200rpmだ。

ステアリングホイールにスイッチが新設され、こうしたドライブモード切り替えが手元でできるようになったのも新型911(PDK付き)のニュースである。さらに、そのスイッチの真ん中にあるボタンを右手親指で押せば、“スポーツレスポンスモード”に変わり、エンジンとPDKが20秒間、最もスポーティーになる。ごぼう抜きのオーバーテイクボタンである。御丁寧にも作動中は計器盤にメーターが現れ、20秒をカウントダウンしてくれる。楽しいギミックだ。

3リッターターボエンジンが搭載された「911カレラ/カレラS」は2015年のフランクフルトショーで発表された。日本市場では2016年2月にお披露目されている。


	3リッターターボエンジンが搭載された「911カレラ/カレラS」は2015年のフランクフルトショーで発表された。日本市場では2016年2月にお披露目されている。
「カレラS」の運転席まわり。今回の大幅改良では、エンジンの刷新に加え、新しいインフォテインメントシステムの採用もトピック。
「カレラS」の運転席まわり。今回の大幅改良では、エンジンの刷新に加え、新しいインフォテインメントシステムの採用もトピック。
マルチインフォメーションディスプレイに表示される「スポーツレスポンスモード」の作動画面。20秒間のカウントダウン機能が備わっている。
マルチインフォメーションディスプレイに表示される「スポーツレスポンスモード」の作動画面。20秒間のカウントダウン機能が備わっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/7AT)【試乗記】 2016.4.6 試乗記 3.8リッター自然吸気から3リッターツインターボへとパワーユニットを変更した「911カレラS」に試乗。最新型はどんなクルマに仕上がったのか? さまざまなシチュエーションで感じたドライブフィールに加え、燃費性能についてもリポートする。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る