DS 4がマイナーチェンジ 派生モデルも登場

2016.04.01 自動車ニュース
「DS 4」
「DS 4」

マイナーチェンジした「DS 4」、派生モデルとともに発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年4月1日、マイナーチェンジした「DS 4」と、その派生モデルである「DS 4クロスバック」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

バイキセノンヘッドライトとLEDポジションランプからなる「DS LED VISION」。
バイキセノンヘッドライトとLEDポジションランプからなる「DS LED VISION」。
「DS 4」のインテリア。
「DS 4」のインテリア。
「DS 4クロスバック」
「DS 4クロスバック」
「DS 4クロスバック」のリアビュー。
「DS 4クロスバック」のリアビュー。
「DS 4」のサイドビュー。
「DS 4」のサイドビュー。

■よりSUVらしい派生モデルも

DSブランドのクロスオーバーモデルDS 4にマイナーチェンジが施された。フロントグリルには、ダブルシェブロンと呼ばれるシトロエンのエンブレムに代えて、DSブランドのエンブレムを装着。バイキセノンヘッドライトとLEDポジションランプからなる「DS LED VISION」も、新たなアイコンとなっている。

インテリアは、「クルマを操る喜びを高める」とうたわれるコックピットのデザインが特徴。クロームデコレーションの3連メーター、スポーティーなアルミペダル、パノラミックフロントウィンドウなどが備わる。オプションで、高品質なセミアニリンレザーを用いたクラブレザーシートも用意される。

このDS 4に加えて、ルーフモールや専用バンパーなどを装着しSUVテイストが強められたDS 4クロスバックがラインナップされるのもニュース。DS 4クロスバックのボディーサイズは、全長×全幅×全高=4285×1810×1530mmで、全高およびドライバーのアイポイントはDS 4よりも30mm高くなっているものの、多くの立体駐車場に対応できる点がセリングポイントとされている。 

DS 4とDS 4クロスバックともに、パワーユニットは1.6リッター直4ターボエンジン(最高出力165ps、最大トルク24.5kgm)。自然吸気の2リッターエンジンをしのぐパフォーマンスを発揮しながら、ストップ&スタート(アイドリングストップ)システムとの相乗効果により、優れた燃費性能も実現するとアピールされる。トランスミッションには、ダイレクトなレスポンスを特徴とする新世代の6段ATを採用。マニュアルモードのシフトスピードを高めることで、よりスポーティーなドライビングを実現したという。

価格は以下の通り。
・DS 4シック:293万円
・DS 4シック DS LED VISIONパッケージ:326万円
・DS 4クロスバック:338万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS 4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 5シック レザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.6.27 試乗記 DSブランドの中でも、他に類を見ない斬新なスタイリングが特徴の5ドアモデル「DS 5」が、新しい“DS顔”にフェイスリフト。さらにパワートレインにも手が加えられる大幅改良が施された。進化したDSブランドのフラッグシップの魅力に触れた。
  • DS 4クロスバック(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.20 試乗記 「DS 4」のマイナーチェンジを機に、新たにラインナップに加えられた派生モデル「DS 4クロスバック」。個性的なのは見た目だけなのか、それとも……? そのドライブフィールや乗り心地、燃費データを報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道・剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
ホームへ戻る