DS 4がマイナーチェンジ 派生モデルも登場

2016.04.01 自動車ニュース
「DS 4」
「DS 4」

マイナーチェンジした「DS 4」、派生モデルとともに発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年4月1日、マイナーチェンジした「DS 4」と、その派生モデルである「DS 4クロスバック」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

バイキセノンヘッドライトとLEDポジションランプからなる「DS LED VISION」。
バイキセノンヘッドライトとLEDポジションランプからなる「DS LED VISION」。
「DS 4」のインテリア。
「DS 4」のインテリア。
「DS 4クロスバック」
「DS 4クロスバック」
「DS 4クロスバック」のリアビュー。
「DS 4クロスバック」のリアビュー。
「DS 4」のサイドビュー。
「DS 4」のサイドビュー。

■よりSUVらしい派生モデルも

DSブランドのクロスオーバーモデルDS 4にマイナーチェンジが施された。フロントグリルには、ダブルシェブロンと呼ばれるシトロエンのエンブレムに代えて、DSブランドのエンブレムを装着。バイキセノンヘッドライトとLEDポジションランプからなる「DS LED VISION」も、新たなアイコンとなっている。

インテリアは、「クルマを操る喜びを高める」とうたわれるコックピットのデザインが特徴。クロームデコレーションの3連メーター、スポーティーなアルミペダル、パノラミックフロントウィンドウなどが備わる。オプションで、高品質なセミアニリンレザーを用いたクラブレザーシートも用意される。

このDS 4に加えて、ルーフモールや専用バンパーなどを装着しSUVテイストが強められたDS 4クロスバックがラインナップされるのもニュース。DS 4クロスバックのボディーサイズは、全長×全幅×全高=4285×1810×1530mmで、全高およびドライバーのアイポイントはDS 4よりも30mm高くなっているものの、多くの立体駐車場に対応できる点がセリングポイントとされている。 

DS 4とDS 4クロスバックともに、パワーユニットは1.6リッター直4ターボエンジン(最高出力165ps、最大トルク24.5kgm)。自然吸気の2リッターエンジンをしのぐパフォーマンスを発揮しながら、ストップ&スタート(アイドリングストップ)システムとの相乗効果により、優れた燃費性能も実現するとアピールされる。トランスミッションには、ダイレクトなレスポンスを特徴とする新世代の6段ATを採用。マニュアルモードのシフトスピードを高めることで、よりスポーティーなドライビングを実現したという。

価格は以下の通り。
・DS 4シック:293万円
・DS 4シック DS LED VISIONパッケージ:326万円
・DS 4クロスバック:338万円

(webCG)

関連キーワード:
DS 4DS 4クロスバックDSシトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
ホームへ戻る