スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)

特別な体験が待っている 2016.04.07 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。

乗ったら思わず笑っちゃう

パーン! と膝をたたいて「ふははははははは」と高笑いしちゃった。と言って分かっていただけるだろうか? スタートして30秒たらず。もうその段階で、めちゃくちゃ楽しいクルマであることを実感させられたのだ。

たった30秒で何が分かる? それが困ったことに、もちろん全部が分かるわけじゃないけど、分かっちゃうのである。何せそういうクルマなのだ。軽い。エンジンもチカラがある。1速は瞬時に、2速も3速も速攻で吹け切ろうとする。スティックシフトの感触もカキコキと気持ちいい。加速も結構鋭い。──と、いきなり痛快なのである。「これじゃない感」という言葉をよく耳にするけれど、それに倣うなら、見事なまでの「これだよこれ感」なのだ。それはもう笑い出しちゃうくらいに……。

いや、試乗のときの興奮がよみがえってきて先走ってしまったが、何のことかといえば、アルト ワークスのお話。あっちこっちで評判がいいし、ぜひとも乗ってみたいと思っていたのだけれど、念願かなって走らせてみたら、聞いていた以上に楽しかった、というわけだ。

実のところ、昨年の春にデビューした「アルト ターボRS」も十分に楽しいクルマだった。軽自動車の規格に収まったクルマでありながら、軽自動車という概念から飛び出したようなとびきりホットなテイストに魅力を感じたものだった。ただし、トランスミッションが2ペダルのAMTのみで、それも時代というものか……と感じつつも、車体の小ささやエンジンのアウトプットを考えたら、3ペダルの手動変速の方が断然楽しいに違いない、と感じていたところがあったのも確かだ。

「アルト ワークス」のインストゥルメントパネルまわり。シフトノブ(5段AGS車ではシフトセレクター)の位置は、5段MT車(写真)はフロアシフト、5段AGS車はインパネシフトとなる。
「アルト ワークス」のインストゥルメントパネルまわり。シフトノブ(5段AGS車ではシフトセレクター)の位置は、5段MT車(写真)はフロアシフト、5段AGS車はインパネシフトとなる。
「アルト ワークス」に標準装備される、レカロ製のスポーツシート。色はブラックのみの設定となる。
「アルト ワークス」に標準装備される、レカロ製のスポーツシート。色はブラックのみの設定となる。
ツートンカラーも含めて11種類もの外装色が設定される「アルト」の標準車に対し、「アルト ワークス」の外装色は新採用の「スチールシルバーメタリック」を含む4色のみの設定となる。
 
ツートンカラーも含めて11種類もの外装色が設定される「アルト」の標準車に対し、「アルト ワークス」の外装色は新採用の「スチールシルバーメタリック」を含む4色のみの設定となる。
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.5.7 試乗記 「久々のターボモデル復活」と、「アルトワークス」を知る世代の人々の注目を集めることとなった「アルト ターボRS」。新時代のホットハッチをロングドライブに連れ出し、その魅力を味わった。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る