ダイハツ・コペンに黒と赤のツートン仕様登場

2016.04.04 自動車ニュース
「カラーフォーメーション type A」が選択された「ダイハツ・コペン ローブ」。
「カラーフォーメーション type A」が選択された「ダイハツ・コペン ローブ」。

ダイハツが「コペン」を一部改良 黒と赤のツートンカラーを設定

ダイハツ工業は2016年4月4日、軽規格のオープンカー「コペン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「カラーフォーメーション type A」が選択された「ダイハツ・コペン ローブ」のリアビュー。
「カラーフォーメーション type A」が選択された「ダイハツ・コペン ローブ」のリアビュー。
「レッドインテリアパック」
「レッドインテリアパック」
アルミホイールについては、写真の2種類のデザインが各モデルで選択可能となった。
アルミホイールについては、写真の2種類のデザインが各モデルで選択可能となった。

今回の改良では、樹脂外板パーツの塗り分けによるツートンカラー仕様「カラーフォーメーション type A」を「ローブ」「ローブS」に設定した。具体的には、車体色は「ブラックマイカメタリック」とし、フロントグリル、左右のロッカー、リアバンパーに「マタドールレッドパール」を採用。内装には赤いインパネガーニッシュやシート、ドアトリムからなる「レッドインテリアパック」を用いている。

また既存のオプションについても適応車種を拡大。ローブと「セロ」用のアルミホイールを「エクスプレイ」でも、またエクスプレイ用のアルミホイールをローブとセロでも選択可能としたほか、ローブ、セロ、エクスプレイの全車にレッドインテリアパックと「ブラックインテリアパック」「ベージュインテリアパック」を設定した。

装備の強化も図っており、マルチリフレクターハロゲンフォグランプや、ステアリングスイッチとインパネオーディオクラスターからなる「純正ナビ・オーディオ装着用アップグレードパック」を全車に標準で採用。カラーバリエーションについては、これまでローブ専用のボディーカラーだった「リキッドシルバーメタリック」をセロにも設定したほか、内装のインパネ・トリム基調色を全車ブラックに統一した。

価格は以下の通り。
・ローブ:185万2200円(CVT)/187万3800円(5MT)
・ローブS:205万2000円(CVT)/207万3600円(5MT)
・エクスプレイ:185万2200円(CVT)/187万3800円(5MT)
・エクスプレイS:205万2000円(CVT)/207万3600円(5MT)
・セロ:190万6200円(CVT)/192万7800円(5MT)
・セロS:210万6000円(CVT)/212万7600円(5MT)

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペン ローブの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • ダイハツ・コペン ローブS(FF/CVT)【試乗記】 2015.4.6 試乗記 ダイハツの2シーターオープンカー「コペン ローブ」に、レカロシートやビルシュタインダンパーを装着したスポーティーグレード「コペン ローブS」が追加された。その走りは? 乗り心地は? 市街地からワインディングロードまで、さまざまなシーンで確かめた。
  • ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)/コペン ローブ(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.21 試乗記 着せ替え可能なボディーパネルや、高剛性が自慢の骨格構造「D-Frame」など、話題にあふれた新型「コペン」。その走りを箱根のワインディングロードで試した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る