日産エルグランドの装備が充実

2016.04.04 自動車ニュース

「日産エルグランド」の装備が充実

日産自動車は2016年4月4日、「エルグランド」の一部仕様を向上させ、同日発売した。

2.5リッターの2グレードが対象

今回、一部仕様向上が施されたグレードは、2.5リッター直4エンジンを搭載する「250ハイウェイスタープレミアム」と「250ハイウェイスタープレミアム アーバンクロム」。

「250ハイウェイスタープレミアム」では運転席側ワンタッチオートスライドドアとリモコンオートバックドアが標準装備とされた。一方、「250ハイウェイスタープレミアム アーバンクロム」ではリモコンオートバックドアが標準装備とされた。

車両価格は以下のとおり。

・250ハイウェイスタープレミアム(FF):413万6400円
・250ハイウェイスタープレミアム アーバンクロム(FF):434万1600円
・250ハイウェイスタープレミアム(4WD):442万8000円
・250ハイウェイスタープレミアム アーバンクロム(4WD):463万3200円

日産エルグランド250ハイウェイスタープレミアム
日産エルグランド250ハイウェイスタープレミアム

関連キーワード:
エルグランド日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
ホームへ戻る