スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)

日本のためのコンパクト 2016.04.08 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。

【総評】キラリと光る存在感に注目……★★★☆☆<3>

軽自動車やミニバンなど、いわゆる「ガラパゴス商品」と呼ばれる日本市場に照準を絞ったモデルたち。一方で、それらを除いては「自国ユーザーを考えたクルマづくり」という雰囲気がめっきり感じられなくなってしまったのが、昨今の日本メーカーの作品群だ。

そうした動きを顕著に感じるのは、全幅が1.7mの大台を超えてなおコンパクトという表現を用いるモデルの急増。確かに、欧米など縦列駐車がメインの市場では、クルマのサイズ感は“長さ方向”が基準となる。昨今の現状は、そんなかの地を念頭に置いて開発されたモデル群を、日本市場に向けて半ば無理やりに、そのまま販売しようとするがゆえの副作用でもあるはずだ。

かくして、特に全幅方向の拡大に歯止めが利かない中にあって、幅1660mmというスペックを前面に押し出し、真の小ささを大きな売り物に誕生したのが、これまで海外向けには用いられつつも日本ではブランニューとなるネーミングをいただいたスズキ・イグニスである。

4ドア+ハッチゲートという単一ボディーに、搭載パワーパックはCVTとの組み合わせによる1.2リッターユニットと、こちらも1種類のみ。かように構成はシンプルながら、そこにさまざまな付加価値を上乗せすることで単なるベーシックなコンパクトカーにはとどまらないモデルに仕立てているのが、スズキの巧みで特徴的な商品戦略だ。
1.6mに迫る全高や180mmという大きな最低地上高、15もしくは16インチの、このクラスでは大き目な径のシューズによってSUV風味を醸し出した上で、ルーフをブラックアウト化したツートン仕様を含む多彩なボディーカラーの設定でも“選ぶ楽しさ”を実現させている。

そんなこんなで、このモデルにはかつて「クオリティコンパクト」というフレーズとアクロバティックなテレビCMで一世を風靡(ふうび)したいすゞの乗用車、「FFジェミニ」と同様の爽やかさが感じられるもの。ベーシックカーでありつつも久々に“指名買い”の対象となりそうな、キラリと光る存在感に注目だ。

<編集部注>各項目の採点は5点(★★★★★)が満点です。

2015年の東京モーターショーでお披露目された「スズキ・イグニス」。2016年1月に発表され、同年2月に発売された。
2015年の東京モーターショーでお披露目された「スズキ・イグニス」。2016年1月に発表され、同年2月に発売された。

シャシーには現行型「ソリオ」から導入が進められている、新世代のAセグメント用プラットフォームが用いられている。


	シャシーには現行型「ソリオ」から導入が進められている、新世代のAセグメント用プラットフォームが用いられている。
メーターは中央に速度計、左側にエンジン回転計を備えた2眼式。右側には燃費などの情報を表示するディスプレイが備わる。
メーターは中央に速度計、左側にエンジン回転計を備えた2眼式。右側には燃費などの情報を表示するディスプレイが備わる。
各所に施されたユニークなデザインも「イグニス」の特徴。インテリアでは円筒形のモニターと横並びのスイッチを組み合わせた空調の操作パネルが目を引く。
各所に施されたユニークなデザインも「イグニス」の特徴。インテリアでは円筒形のモニターと横並びのスイッチを組み合わせた空調の操作パネルが目を引く。
テールゲートに備えられた「IGNIS」のバッジ。かつてスズキは、初代「スイフト」を海外で販売する際に「イグニス」という車名を使っていたが、日本国内で使用するのは今回が初となる。
テールゲートに備えられた「IGNIS」のバッジ。かつてスズキは、初代「スイフト」を海外で販売する際に「イグニス」という車名を使っていたが、日本国内で使用するのは今回が初となる。
関連記事
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.25 試乗記 ターゲットは「フォード・フォーカス」? スズキから新しいコンパクトモデルの「バレーノ」が登場。新開発のBセグメントプラットフォームの実力やいかに? 1リッターの直噴ターボエンジンを搭載した上級グレード「XT」を借り出し、その走りを試した。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)/バレーノXG(FF/CVT)【試乗記】 2016.4.14 試乗記 スズキの新型Bセグメントコンパクト「バレーノ」がいよいよ日本でも発売された。インドで生産され、スズキの“お膝元”へと輸出される新しいグローバルカーの出来栄えやいかに? 運動性能と快適性を中心に、その実力を確かめた。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • 【上海ショー2017】スズキが「イグニス」と「SX4 S-CROSS」を中国市場に投入 2017.4.19 自動車ニュース スズキが上海ショーの出展概要を発表。コンパクトクロスオーバーの「イグニス」、およびCセグメントクロスオーバーの「SX4 S-CROSS」を公開した。ともに2017年中の中国市場投入が予定されている。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
ホームへ戻る