新しいパワーユニットを搭載したDS 5登場

2016.04.05 自動車ニュース
「DS 5」
「DS 5」

新しいパワーユニットを搭載した「DS 5」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年4月5日、大幅改良を受けた「DS 5」の販売を開始した。

 
新しいパワーユニットを搭載したDS 5登場の画像
 
新しいパワーユニットを搭載したDS 5登場の画像
 
新しいパワーユニットを搭載したDS 5登場の画像
 
新しいパワーユニットを搭載したDS 5登場の画像
 
新しいパワーユニットを搭載したDS 5登場の画像

今回の改良では、2015年の東京モーターショーで発表された特別仕様車「エディション1955」から導入が進められている、新世代のDSモデルに共通するフロントマスクの意匠を採用。中央にDSのエンブレムを配した「NEW DS WING」と呼ばれるラジエーターグリルや、バイキセノンヘッドランプとLEDポジションランプを組み合わせた「DS LED VISION」が用いられた。

動力性能に関連する部分にも手が加えられており、パワーユニットには最新の1.6リッター直4直噴ターボエンジンを採用。ピストンとシリンダーの摺動(しゅうどう)部やカムシャフトベアリングにフリクションロスを低減させるための特殊なコーティングを施しており、最高出力を165psに高めるとともに、排出ガスのクリーン化も実現している。

トランスミッションは「EAT6」と呼ばれる6段ATで、マニュアルモード時のシフトスピードを向上させたほか、駆動力の伝達ロスを低減するためにロックアップ領域を拡大。さらにアイドリングストップ機構を新たに採用することで、燃費性能を従来モデル比で約33%アップの15.0km/リッターに向上させた。

足まわりについても、操縦安定性を高めるとともに、路面からの上下方向のショックをより効果的にするよう改良を実施。リアサスペンションのマウントにはハイドラスティックブロックを採用することで、前後方向の剛性を高めている。

ラインナップは「シック」と「シック レザーパッケージ」の2種類で、後者には以下の装備が用いられている。

・セミアニリン クラブレザーシート
・インテリジェントハイビーム
・レーンデパーチャーウォーニング
・DENON Hifiオーディオ
・DSモノグラム ドアインナーハンドル
・DSモノグラム センターコンソール
・フロアマット

ボディーカラーは「ブラン ナクレ」「ノアール ペルラネラ」「グリ ハリケーン」「ブルー アンクル」「ウィスパー」に新色の「グリ アルタンス」「グリ プラチナム」を加えた全7色。価格はシックが409万円、シック レザーパッケージが454万円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • DS 4クロスバック(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.20 試乗記 「DS 4」のマイナーチェンジを機に、新たにラインナップに加えられた派生モデル「DS 4クロスバック」。個性的なのは見た目だけなのか、それとも……? そのドライブフィールや乗り心地、燃費データを報告する。
  • シトロエンDS5シック(FF/6AT)【試乗記】 2012.7.22 試乗記 シトロエンDS5シック(FF/6AT)
    ……445万円

    スタイリングと実用性の類いまれなる融合例(!?)として目下話題の「シトロエンDS5」。見てよし、触れてよしの希代のクロスオーバーは、どんな走りの後味を残すのか。
ホームへ戻る