新しいパワーユニットを搭載したDS 5登場

2016.04.05 自動車ニュース
「DS 5」
「DS 5」

新しいパワーユニットを搭載した「DS 5」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年4月5日、大幅改良を受けた「DS 5」の販売を開始した。

 
新しいパワーユニットを搭載したDS 5登場の画像
 
新しいパワーユニットを搭載したDS 5登場の画像
 
新しいパワーユニットを搭載したDS 5登場の画像
 
新しいパワーユニットを搭載したDS 5登場の画像
 
新しいパワーユニットを搭載したDS 5登場の画像

今回の改良では、2015年の東京モーターショーで発表された特別仕様車「エディション1955」から導入が進められている、新世代のDSモデルに共通するフロントマスクの意匠を採用。中央にDSのエンブレムを配した「NEW DS WING」と呼ばれるラジエーターグリルや、バイキセノンヘッドランプとLEDポジションランプを組み合わせた「DS LED VISION」が用いられた。

動力性能に関連する部分にも手が加えられており、パワーユニットには最新の1.6リッター直4直噴ターボエンジンを採用。ピストンとシリンダーの摺動(しゅうどう)部やカムシャフトベアリングにフリクションロスを低減させるための特殊なコーティングを施しており、最高出力を165psに高めるとともに、排出ガスのクリーン化も実現している。

トランスミッションは「EAT6」と呼ばれる6段ATで、マニュアルモード時のシフトスピードを向上させたほか、駆動力の伝達ロスを低減するためにロックアップ領域を拡大。さらにアイドリングストップ機構を新たに採用することで、燃費性能を従来モデル比で約33%アップの15.0km/リッターに向上させた。

足まわりについても、操縦安定性を高めるとともに、路面からの上下方向のショックをより効果的にするよう改良を実施。リアサスペンションのマウントにはハイドラスティックブロックを採用することで、前後方向の剛性を高めている。

ラインナップは「シック」と「シック レザーパッケージ」の2種類で、後者には以下の装備が用いられている。

・セミアニリン クラブレザーシート
・インテリジェントハイビーム
・レーンデパーチャーウォーニング
・DENON Hifiオーディオ
・DSモノグラム ドアインナーハンドル
・DSモノグラム センターコンソール
・フロアマット

ボディーカラーは「ブラン ナクレ」「ノアール ペルラネラ」「グリ ハリケーン」「ブルー アンクル」「ウィスパー」に新色の「グリ アルタンス」「グリ プラチナム」を加えた全7色。価格はシックが409万円、シック レザーパッケージが454万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS 5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • DS 5シック レザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.6.27 試乗記 DSブランドの中でも、他に類を見ない斬新なスタイリングが特徴の5ドアモデル「DS 5」が、新しい“DS顔”にフェイスリフト。さらにパワートレインにも手が加えられる大幅改良が施された。進化したDSブランドのフラッグシップの魅力に触れた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る