第444回:クルマ業界人が引き込まれやすい? 「食品ビジネス」の世界

2016.04.08 エッセイ

元鉄道駅で開催される食材見本市

「テイスト」とは、毎年3月フィレンツェで開催される、イタリア高級食材の見本市のことである。
一般入場も時間により可能だが、基本的には食品バイヤーや高級レストランを対象にしたプロ向け見本市だ。
第11回を迎えた今年は、2016年3月12日~14日に開催され、340の出展者と1万5500人の来場者でにぎわった。
主催者発表によると、昨年と比べてバイヤー数は英国と米国からが2倍、フランス、ベルギー、オーストリア、スイスからが3倍の伸びで、ドイツや日本からのバイヤーも増えたという。みんなイタリアの食べ物が好きである。

このイベント、会場も面白い。
名前を「スタツィオーネ・レオポルダ」(レオポルダ駅)というが、今日「駅」としての役割は果たしていない。
レオポルダ駅は、遠くイタリア統一前の1848年にフィレンツェ初の駅として開業した。しかし1861年、現在のサンタマリア・ノヴェッラ駅にその役割が移されたのを機に閉鎖されてしまう。

その後フィレンツェがイタリアの首都だった時代は税関として使われ、さらに後年は弾薬製造工場などとして使われた。やがて1990年代初めに展示会場として生まれ変わるまでは、第2次大戦中も含め、機関車用部品の修理工場として使われていた。
今日レオポルダ駅は、世界屈指のメンズファッションとして有名な「ピッティ・イマージネ」を主催するイベント会社が所有している。

フィレンツェの旧レオポルダ駅は今日、メッセ会場として用いられている。
フィレンツェの旧レオポルダ駅は今日、メッセ会場として用いられている。
会場の床には、機関車用の転車台が残る。
会場の床には、機関車用の転車台が残る。
古いファサードとアーチもそのまま残され、現在はイベント開催時のゲートとして用いられている。
古いファサードとアーチもそのまま残され、現在はイベント開催時のゲートとして用いられている。
施設の古いはかりも、今やオブジェに。
施設の古いはかりも、今やオブジェに。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。