スマート・フォーツー エディション2を限定発売

2016.04.06 自動車ニュース
「スマート・フォーツー エディション2」(ラリーレッド)。
「スマート・フォーツー エディション2」(ラリーレッド)。

「スマート・フォーツー エディション2」を限定発売

メルセデス・ベンツ日本は2016年4月6日、シティーコンパクトカー「スマート・フォーツー エディション2」を発売した。ボディーカラーは全4色で、合計370台の限定車となる。車両価格は201万円から。

「スマート・フォーツー エディション2」(クリスタルホワイト)。
「スマート・フォーツー エディション2」(クリスタルホワイト)。
「スマート・フォーツー エディション2」(ディープブラック)。
「スマート・フォーツー エディション2」(ディープブラック)。
「スマート・フォーツー エディション2」(イエロー)。
「スマート・フォーツー エディション2」(イエロー)。

■レッド、ホワイト、ブラック、イエローの4色を用意

今回発売されたスマート・フォーツー エディション2は、フォーツーの特別仕様車第2弾に当たる。

4人乗りの「フォーフォー」はカタログモデルとして常時販売されるが、2人乗りのフォーツーは限定車として扱われ、年間で数回展開されることが発表されている。第1弾の「フォーツー エディション1」は2015年10月の東京モーターショーで発表され、「ラバオレンジ」(限定数220台)と「ミッドナイトブルー」(同220台)という2色のボディーカラーが用意された。

それに対し、エディション2では「ラリーレッド」「クリスタルホワイト」「ディープブラック」「イエロー」の4色が設定され、全ての仕様で「トリディオンセーフティセル」(Aピラーからルーフを経由してBピラーに至るモノコック部分)とフロントグリルはホワイトになる。

インテリアカラーは、ラリーレッドとクリスタルホワイトが「ブラック」、ディープブラックとイエローが「ブラック/ホワイト」となる。なお、装備と機能についてはエディション1に準じている。

限定数は、ラリーレッド:100台、クリスタルホワイト:70台、ディープブラック:100台、イエロー:100台の合計370台。車両価格はレッド、ホワイト、ブラックが201万円、イエローが204万円。

(webCG)

→「スマート・フォーツー エディション2」の詳しい画像はこちら。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スマート・フォーツー/フォーフォー」ターボモデルの発表会場から 2016.8.3 画像・写真 コンパクトカー「スマート・フォーツー/フォーフォー」のターボエンジン搭載モデルが、3車種そろってデビュー。2016年8月3日から、順次販売が開始される。「Mercedes me Tokyo HANEDA」で開催された、発表会の様子を写真で紹介する。
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場NEW 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
ホームへ戻る