スマート・フォーツー エディション2を限定発売

2016.04.06 自動車ニュース
「スマート・フォーツー エディション2」(ラリーレッド)。
「スマート・フォーツー エディション2」(ラリーレッド)。

「スマート・フォーツー エディション2」を限定発売

メルセデス・ベンツ日本は2016年4月6日、シティーコンパクトカー「スマート・フォーツー エディション2」を発売した。ボディーカラーは全4色で、合計370台の限定車となる。車両価格は201万円から。

「スマート・フォーツー エディション2」(クリスタルホワイト)。
「スマート・フォーツー エディション2」(クリスタルホワイト)。
「スマート・フォーツー エディション2」(ディープブラック)。
「スマート・フォーツー エディション2」(ディープブラック)。
「スマート・フォーツー エディション2」(イエロー)。
「スマート・フォーツー エディション2」(イエロー)。

■レッド、ホワイト、ブラック、イエローの4色を用意

今回発売されたスマート・フォーツー エディション2は、フォーツーの特別仕様車第2弾に当たる。

4人乗りの「フォーフォー」はカタログモデルとして常時販売されるが、2人乗りのフォーツーは限定車として扱われ、年間で数回展開されることが発表されている。第1弾の「フォーツー エディション1」は2015年10月の東京モーターショーで発表され、「ラバオレンジ」(限定数220台)と「ミッドナイトブルー」(同220台)という2色のボディーカラーが用意された。

それに対し、エディション2では「ラリーレッド」「クリスタルホワイト」「ディープブラック」「イエロー」の4色が設定され、全ての仕様で「トリディオンセーフティセル」(Aピラーからルーフを経由してBピラーに至るモノコック部分)とフロントグリルはホワイトになる。

インテリアカラーは、ラリーレッドとクリスタルホワイトが「ブラック」、ディープブラックとイエローが「ブラック/ホワイト」となる。なお、装備と機能についてはエディション1に準じている。

限定数は、ラリーレッド:100台、クリスタルホワイト:70台、ディープブラック:100台、イエロー:100台の合計370台。車両価格はレッド、ホワイト、ブラックが201万円、イエローが204万円。

(webCG)

→「スマート・フォーツー エディション2」の詳しい画像はこちら。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • 「アウディQ3」が、よりスポーティーなデザインに 2017.3.6 自動車ニュース アウディがSUV「Q3」の仕様を一部変更。「1.4 TFSIスポーツ」「2.0 TFSIクワトロ」の2グレード、およびオプションである「Sラインパッケージ」「Sラインエクステリアパッケージ」に、よりスポーティーな新デザインのバンパーを採用した。
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
ホームへ戻る