スマート・フォーツー エディション2を限定発売

2016.04.06 自動車ニュース
「スマート・フォーツー エディション2」(ラリーレッド)。
「スマート・フォーツー エディション2」(ラリーレッド)。

「スマート・フォーツー エディション2」を限定発売

メルセデス・ベンツ日本は2016年4月6日、シティーコンパクトカー「スマート・フォーツー エディション2」を発売した。ボディーカラーは全4色で、合計370台の限定車となる。車両価格は201万円から。

「スマート・フォーツー エディション2」(クリスタルホワイト)。
「スマート・フォーツー エディション2」(クリスタルホワイト)。
「スマート・フォーツー エディション2」(ディープブラック)。
「スマート・フォーツー エディション2」(ディープブラック)。
「スマート・フォーツー エディション2」(イエロー)。
「スマート・フォーツー エディション2」(イエロー)。

■レッド、ホワイト、ブラック、イエローの4色を用意

今回発売されたスマート・フォーツー エディション2は、フォーツーの特別仕様車第2弾に当たる。

4人乗りの「フォーフォー」はカタログモデルとして常時販売されるが、2人乗りのフォーツーは限定車として扱われ、年間で数回展開されることが発表されている。第1弾の「フォーツー エディション1」は2015年10月の東京モーターショーで発表され、「ラバオレンジ」(限定数220台)と「ミッドナイトブルー」(同220台)という2色のボディーカラーが用意された。

それに対し、エディション2では「ラリーレッド」「クリスタルホワイト」「ディープブラック」「イエロー」の4色が設定され、全ての仕様で「トリディオンセーフティセル」(Aピラーからルーフを経由してBピラーに至るモノコック部分)とフロントグリルはホワイトになる。

インテリアカラーは、ラリーレッドとクリスタルホワイトが「ブラック」、ディープブラックとイエローが「ブラック/ホワイト」となる。なお、装備と機能についてはエディション1に準じている。

限定数は、ラリーレッド:100台、クリスタルホワイト:70台、ディープブラック:100台、イエロー:100台の合計370台。車両価格はレッド、ホワイト、ブラックが201万円、イエローが204万円。

(webCG)

→「スマート・フォーツー エディション2」の詳しい画像はこちら。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(後編)【試乗記】 2016.10.11 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。後編はトゥインゴとフォーフォーを乗り比べ、それぞれの特徴を明らかにする。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る