キャデラックCTSセダン プレミアム(4WD/8AT)

たいしたもんだよキャデラック! 2016.04.11 試乗記 キャデラックのラインナップの中核を担うミドルクラスモデル「CTSセダン」が、年次改良によって2016年モデルに進化した。従来型からの変化の度合いと、CTSが生来持ち合わせているワールドクラスの実力をリポートする。

欧州勢と同じ“文法”で造られている

キャデラックのミドルサイズサルーン、CTSの2016年モデル最大の特徴は、オートマチックギアボックスが6段から8段へと多段化されたことである。信号待ちなどでエンジンを自動的に停止&始動するオートスタート/ストップも装備し、一層の高効率化が図られた。

アメリカンドリームの頂点に君臨するところのキャデラックである。吝嗇(りんしょく)でしているわけではない。国際市場で「メルセデス・ベンツEクラス」や「BMW 5シリーズ」等々と伍(ご)すために必要だからである。

2013年のニューヨークショーでデビューした現行3代目CTSは、ヨーロッパのプレミアムブランドとほとんど同じ考え方で成り立っている。日本仕様の場合、駆動方式は電子制御のオンデマンド式4WDのみだけれど、基本はエンジン縦置きの後輪駆動である。前後重量配分は50:50を理想とする。ボンネットを開けると、エンジンがかなりキャビン寄りに搭載されていることがわかる。

サスペンションは、前ストラット、後ろマルチリンクで、電子制御の可変ダンピングシステムを備えている。ブレーキはイタリアのブレンボである。ボディーはアルミやマグネシウムなどの軽量素材を積極的に用い、接着剤による接合を取り入れて、軽量化と剛性アップにつとめている。なにしろニュルブルクリンクを走り込んで開発している。先代比、ボディー剛性は40%も向上しているという。「シボレー・コルベットZ06」とエンジンを同じくする「CTS-V」の存在も貢献すること大だろう。

2013年のニューヨークショーの前夜祭で世界初公開された現行型「キャデラックCTS」。日本では2014年4月に発売された。
2013年のニューヨークショーの前夜祭で世界初公開された現行型「キャデラックCTS」。日本では2014年4月に発売された。
「CTS」のインストゥルメントパネルまわり。2016年モデルでは、内装色に既存の「ジェットブラック」に加えて「ライトカシミア」(写真)が設定された。
「CTS」のインストゥルメントパネルまわり。2016年モデルでは、内装色に既存の「ジェットブラック」に加えて「ライトカシミア」(写真)が設定された。
駆動方式については、以前は日本でもFR車が販売されていたものの、現在は4WD車のみのラインナップとなっている。
駆動方式については、以前は日本でもFR車が販売されていたものの、現在は4WD車のみのラインナップとなっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTSセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る