「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ911カレラS(後編)

2016.04.07 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ911カレラS(後編)の画像

「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ911カレラS(後編)

SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー・谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ポルシェ911カレラS」に試乗する。

 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ911カレラS(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ911カレラS(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ911カレラS(後編)の画像

■ターボ化されて断然乗りやすくなった

ポルシェ初のターボエンジン搭載モデルである「911ターボ」が発表されたのは1974年のこと。これはスポーツカーメーカーとしては異例に早いタイミングで、以来、ポルシェは911のフラッグシップモデルとして“ターボ”を綿々とラインナップしてきた。いっぽうで、911ターボ以外のモデルにはこれまた連綿と自然吸気エンジンを採用してきたのも紛れもない事実。そんなポルシェが、「カレラ/カレラ4」と「カレラS/カレラ4S」の“911カレラ系”にもついにターボエンジンを投入したのは2015年後半のこと。その第一印象はいかなるものだったのか? 911カレラSを操った直後の谷口信輝に語ってもらった。

「例えばクルマの剛性感とかコーナリングの印象とか、そういう基本的なフィーリングはこれまでの911と大きくは変わっていないと思います。でも、エンジンははっきりと違いますね。いままで911に積まれていた自然吸気エンジンは、やっぱり回転を上げてパワーを出す感じだった。だから、回せば回すほど気持ちよくなっていくけれど、本当の速さを一般公道で引き出すのは簡単じゃなくて、突き詰めたことをいえば、やっぱりサーキットを走ることでしかポルシェの神髄って体験できなかったような気がします」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 530dツーリング(FR/8AT)/520dツーリング(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.5.31 試乗記 1991年の誕生以来、これまでに100万台以上が販売されてきたという「BMW 5シリーズ ツーリング」。その最新モデル「G31」に、BMWのお膝元であるドイツ・バイエルンの地で試乗する機会を得た。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
ホームへ戻る