BMW i3にブラックの特別限定車が登場

2016.04.07 自動車ニュース
「BMW i3セレブレーション エディション カーボナイト」
「BMW i3セレブレーション エディション カーボナイト」

「BMW i3」にブラックの特別限定車が登場

BMWジャパンは2016年4月7日、電気自動車「BMW i3」の特別限定モデル「i3 Celebration Edition Carbonight(セレブレーション・エディション・カーボナイト)」を、全国合計40台の台数限定で発売した。車両価格は598万円。

「i3セレブレーション エディション カーボナイト」(LEDヘッドランプ)
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」(LEDヘッドランプ)
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」(20インチ・アロイホイール)
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」(20インチ・アロイホイール)
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」(サンプロテクション・ガラス)
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」(サンプロテクション・ガラス)
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」(ハーマンカードンHiFiスピーカーシステム)
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」(ハーマンカードンHiFiスピーカーシステム)
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」のインテリア。
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」のインテリア。
ボディーカラーは新色の「フルード・ブラック」。
ボディーカラーは新色の「フルード・ブラック」。

■LEDヘッドライトや20インチホイールなどを標準装備

ベースはバッテリー発電用の小型エンジンを搭載した「BMW i3レンジ・エクステンダー装備車」。i3で唯一、単色のボディーカラーとなる新色の「フルード・ブラック」を採用した。

また、通常はオプション扱いとなるLEDヘッドライトや20インチ・アロイホイール、サンプロテクション・ガラス、ハーマンカードンHiFiスピーカーシステムなどを標準装備とした。

特別装備の内容は以下のとおり。

・ボディーカラー:フルード・ブラック
・LEDヘッドライト
・20インチBMW iダブルスポーク・スタイリング430アロイホイール (フロント)5J×20ホイール+155/60R20タイヤ、(リア)5.5J×20ホイール+175/55R20タイヤ
・サンプロテクション・ガラス(リアドアウィンドウ、ラゲッジルームサイドウィンドウ、リアウィンドウ)
・インテリア:BMW iインテリア・デザインLOFT
・フロント・シートヒーター(運転席および助手席)
・ハーマンカードンHiFiスピーカー・システム(360W、12スピーカー、7チャンネルサラウンド)
・専用スペシャルエディション・インテリアプレート
・BMW iコネクテッド・ドライブ・プレミアム(コネクテッド・ドライブ・サービス、BMWドライバー・サポート・デスク、BMW Apps)
・購入特典(付属品/付帯サービス)(カーボン製iPhoneカバーケース、ハーマンカードンAURA STUDIO<ワイヤレス・ホーム・スピーカー・システム>、自宅への充電設備<e-インストレーション>の無償設置、またはBMWサービスインクルーシブ)

なお、当限定車は、独BMWの創立100周年を記念した特別限定車の第1弾と位置づけられている。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
ホームへ戻る