BMW i3にブラックの特別限定車が登場

2016.04.07 自動車ニュース
「BMW i3セレブレーション エディション カーボナイト」
「BMW i3セレブレーション エディション カーボナイト」

「BMW i3」にブラックの特別限定車が登場

BMWジャパンは2016年4月7日、電気自動車「BMW i3」の特別限定モデル「i3 Celebration Edition Carbonight(セレブレーション・エディション・カーボナイト)」を、全国合計40台の台数限定で発売した。車両価格は598万円。

「i3セレブレーション エディション カーボナイト」(LEDヘッドランプ)
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」(LEDヘッドランプ)
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」(20インチ・アロイホイール)
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」(20インチ・アロイホイール)
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」(サンプロテクション・ガラス)
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」(サンプロテクション・ガラス)
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」(ハーマンカードンHiFiスピーカーシステム)
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」(ハーマンカードンHiFiスピーカーシステム)
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」のインテリア。
「i3セレブレーション エディション カーボナイト」のインテリア。
ボディーカラーは新色の「フルード・ブラック」。
ボディーカラーは新色の「フルード・ブラック」。

■LEDヘッドライトや20インチホイールなどを標準装備

ベースはバッテリー発電用の小型エンジンを搭載した「BMW i3レンジ・エクステンダー装備車」。i3で唯一、単色のボディーカラーとなる新色の「フルード・ブラック」を採用した。

また、通常はオプション扱いとなるLEDヘッドライトや20インチ・アロイホイール、サンプロテクション・ガラス、ハーマンカードンHiFiスピーカーシステムなどを標準装備とした。

特別装備の内容は以下のとおり。

・ボディーカラー:フルード・ブラック
・LEDヘッドライト
・20インチBMW iダブルスポーク・スタイリング430アロイホイール (フロント)5J×20ホイール+155/60R20タイヤ、(リア)5.5J×20ホイール+175/55R20タイヤ
・サンプロテクション・ガラス(リアドアウィンドウ、ラゲッジルームサイドウィンドウ、リアウィンドウ)
・インテリア:BMW iインテリア・デザインLOFT
・フロント・シートヒーター(運転席および助手席)
・ハーマンカードンHiFiスピーカー・システム(360W、12スピーカー、7チャンネルサラウンド)
・専用スペシャルエディション・インテリアプレート
・BMW iコネクテッド・ドライブ・プレミアム(コネクテッド・ドライブ・サービス、BMWドライバー・サポート・デスク、BMW Apps)
・購入特典(付属品/付帯サービス)(カーボン製iPhoneカバーケース、ハーマンカードンAURA STUDIO<ワイヤレス・ホーム・スピーカー・システム>、自宅への充電設備<e-インストレーション>の無償設置、またはBMWサービスインクルーシブ)

なお、当限定車は、独BMWの創立100周年を記念した特別限定車の第1弾と位置づけられている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

i3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW i3 レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2014.5.13 試乗記 走り、デザイン、生産技術など、さまざまな分野でこれまでのクルマとは一線を画す「BMW i3」。BMWが提案する未来のクルマの、今日における実用性を試した。
  • BMW i3(RR)/i3 レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2014.3.22 試乗記 「BMW i3」がいよいよ日本に上陸。EV、そしてRRレイアウトと、BMWの市販モデルとしては異例ずくめの一台だが、新しいのはクルマそのものだけではなかった。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • BMWが「i3」を一部改良、走行可能距離が390kmに 2016.9.27 自動車ニュース BMWが電気自動車「i3」を一部改良。リチウムイオンバッテリーの改良により、従来モデルより70%長い390kmの一充電走行可能距離を実現した。発電用エンジンを備えたレンジ・エクステンダー装備車では、511kmの距離を無給油、無充電で走れるという。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る