ホンダ、未来型4ドアサルーン「AC-X」を出展【東京モーターショー2011】

2011.11.10 自動車ニュース

【東京モーターショー2011】ホンダ、未来型4ドアサルーン「AC-X」を出展

本田技研工業は、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける第42回東京モーターショーに、コンセプトカー「AC-X」を出展する。

「AC-X」は、ホンダの未来型ミドルクラスサルーンのコンセプトモデルだ。ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4700×1820×1400mm。現行「アコード」に近いミディアムクラスの車体を持つ。

エクステリアの大きな特徴は、可変式のフロントバンパーとアンダーフロアを採用することで、走行中の空気抵抗を調整可能としたこと。これにより高速走行時はバンパー位置を下げて空気抵抗を低減するといった機能的な変化と、視覚的な変化を同時に楽しめる。さらにホイールに無回転のディフューザーを採用し、タイヤハウスへの風の巻き込みを抑えることで、Cd値0.21の優れた空力性能を実現した。

インテリアは、未来的なツインレバーステアリングを採用。これは右側レバーを前方に押し込むと連動して左側レバーが手前に動いて左折、右側レバーを引くと左側レバーが奥に移動して右折する仕組みになっている。さらに自動運転モードに切り替えるとステアリングが格納され、シートがリクライニングするとともにオットマンが出現するなど、完全な自動運転も想定した作りとなっている。

パワーユニットは、排気量1.6リッターのガソリンエンジン(129ps)にモーター(163ps)とリチウムイオン電池を組み合わせた、プラグインハイブリッドシステムとなる。モーターのみで走行するEVモードでは最高速度100km/h、航続距離50kmを実現し、ハイブリッドモードも含めた最大航続距離は1000kmを超えるという。

(webCG 曽宮)

「ホンダAC-X」
「ホンダAC-X」

ホンダ、未来型4ドアサルーン「AC-X」を出展【東京モーターショー2011】の画像

ホンダ、未来型4ドアサルーン「AC-X」を出展【東京モーターショー2011】の画像

ホンダ、未来型4ドアサルーン「AC-X」を出展【東京モーターショー2011】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。