第120回:島のファミリーカーはアトレーのYAZAWA号
『モヒカン故郷に帰る』

2016.04.08 エッセイ

『もらとりあむタマ子』の続編?

タマ子が妊娠していた! 甲府の実家に戻ってグータラ生活を送っていたタマ子は一念発起して東京に旅立ったが、居酒屋『天狗』で知り合ったバンドマンと同棲を始めていたらしい……。というのは勝手な想像である。『モヒカン故郷に帰る』は、2013年に公開された『もらとりあむタマ子』の続編みたいなのだ。『タマ子』は山下敦弘監督で『モヒカン』は沖田修一監督だからまったく関係はないのだが、前田敦子のキャラクターには驚くほどの連続性がある。

はじめに強調しておきたいのは、前田敦子が今回も素晴らしい演技をしていることだ。ネットなどでは前田敦子や大島優子の演技が下手だと書き飛ばした記事を散見するが、作品を観ずにAKB出身というイメージだけで断定しているのは明らかだ。2人とも、女優として素晴らしい実績を持っている。山下、沖田両監督に加え、黒沢清監督も彼女の才能に太鼓判を押しているのを知らないのだろうか。思えば、デビュー当時の松田聖子はブリっ子しているだけで歌は下手という評価が普通だった。今そんなことを言う者はいない。

このタイトルは、もちろん『カルメン故郷に帰る』にインスパイアされたものだろう。日本初の総天然色映画とされている1951年の木下恵介作品だ。高峰秀子が演じるおきんは浅間山のふもとで育った田舎娘だったが、家出して上京し、ストリッパーのリリィ・カルメンとなって村に戻ってくるという話だった。今作では、家出息子がモヒカンになる。冒頭でいきなりデス声を披露するのが松田龍平で、彼は売れないメタルバンドのボーカルなのだ。同棲相手の由佳が妊娠して結婚することに決め、7年ぶりに瀬戸内海の島に帰ってきた。

©2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会
 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。