プジョー3008アリュール(FF/6AT)

“盛りだくさん”も良しあし 2016.04.12 試乗記 2014年にマイナーチェンジされたプジョーのクロスオーバーモデル「3008」が、新たにエンジンとトランスミッションをアップデート。それで走りはどう変わったのか? 乗り心地や使い勝手も含めた、最新型の印象を報告する。

コツコツとアップデート

「プジョー308」からスピンオフしたクロスオーバーモデルが3008である。ポッチャリ系の5ドアボディーは、308より10cm長く、16cm高い。4WDではないが、最低地上高も308より4cmかさ上げしてある。

天井に大きなグラスルーフを備えることもあり、車重は308を200kg上回る1490kg。そのため、エンジンは直噴1.6リッター4気筒ターボだ。3気筒の直噴1.2リッターターボをメインとする308よりひとクラス上のスペックである。
 
3008が登場したのは2009年。現行308は2013年にモデルチェンジした2代目だが、3008はこれまでフェイスリフトを重ねながらアップデートしてきた。

今回試乗したのはこの3月に国内導入された新型で、機能面ではエンジン出力が156psから165psに向上したこと、アイシン・エィ・ダブリュ製の6段ATが最新バージョンの「EAT6」に換装されたことなどが新しい。

グレードは「アリュール」のみになり、価格は349万円。ちなみに「308アリュール」は279万円。ステーションワゴンの「308SWアリュール」は303万8000円である。

日本では2010年6月にデビューした、プジョーのクロスオーバー「3008」。今回は、2016年3月に発売された最新型をテストした。
日本では2010年6月にデビューした、プジョーのクロスオーバー「3008」。今回は、2016年3月に発売された最新型をテストした。
今回新たに搭載された、1.6リッター直4直噴ターボエンジン。最高出力165ps、最大トルク24.5kgmを発生する。
今回新たに搭載された、1.6リッター直4直噴ターボエンジン。最高出力165ps、最大トルク24.5kgmを発生する。
ボディーカラーは、写真のエジプシャンブルーのほか、パールホワイト、ヴェイパーグレー、ペルラネラブラック、ビアンカホワイトが設定される。
ボディーカラーは、写真のエジプシャンブルーのほか、パールホワイト、ヴェイパーグレー、ペルラネラブラック、ビアンカホワイトが設定される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • プジョー308GTi 250 by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)【試乗記】 2016.5.23 試乗記 270psバージョンと250psバージョン、2つの仕様がラインナップされる、プジョーの高性能モデル「308GTi by PEUGEOT SPORT」。今回は、後者の「250」に試乗。「270」との違いを交えつつ、その走りの質をリポートする。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る