メルセデス・ベンツGLC250 4MATICスポーツ(4WD/9AT)

ヒットは続くよ どこまでも 2016.04.13 試乗記 好調なセールスを続けるメルセデスのラインナップに、新たな売れセンSUV「GLC」が加わった。「Cクラス」の“C”を冠した、注目モデルの出来栄えは? 下野康史がリポートする。

Cクラス似のスタイリング

セダン系のCクラスに相当するメルセデスの新型SUVがGLCである。すでにある「GLA」と「GLE」の中間に位置するプレミアムコンパクトSUVだ。

実写版スーパーマリオのTVコマーシャルで驚かせたGLAは新規車種だが、GLEはかつての「Mクラス」、GLCは「GLK」を引き継ぐ。統一感のなかったモデル名が、SUVファミリーとしてこれでわかりやすくなった。

ちょっと中近東っぽい、ナゾのデザインという感じがけっしてワルくなかったGLKに対して、こんどのGLCはスタイリングもCクラス似である。5ドアボディーということで、「Cクラス ステーションワゴン」と比べると、全長は6cm短いが、全幅は8cm広く、全高は20cm高い。かなり堂々とした押し出しだ。

本国には後輪駆動の2WDやディーゼルもあるが、日本仕様の第1弾は、直噴2リッター4気筒ターボを搭載する250の「4MATIC」。今回、試乗したのはスポーツサスペンションを備える“スポーツ”で、本体価格は678万円。Cクラスワゴンの「250スポーツ」が738万円もすることを考えると、このGLC250 4MATICスポーツは内容盛りだくさんでお買い得に感じられる。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4670×1890×1645mm。メルセデスのSUVとしては、2番目にコンパクトなモデルとなる。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4670×1890×1645mm。メルセデスのSUVとしては、2番目にコンパクトなモデルとなる。
インテリアの各所に、アルミ、もしくはピアノラッカー調の装飾パーツが採用されている。内装色はブラックのみとなる。
インテリアの各所に、アルミ、もしくはピアノラッカー調の装飾パーツが採用されている。内装色はブラックのみとなる。
テールゲートに装着された「4MATIC」のバッジ。日本仕様のラインナップはシンプルで、パワーユニットは2リッター直4ガソリンターボエンジンのみ、駆動方式は4WDのみとなっている。
テールゲートに装着された「4MATIC」のバッジ。日本仕様のラインナップはシンプルで、パワーユニットは2リッター直4ガソリンターボエンジンのみ、駆動方式は4WDのみとなっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツGLCクーペ 2016.3.24 画像・写真 独ダイムラーは2016年3月23日、ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2016年3月23日~4月3日)で「メルセデス・ベンツGLCクーペ」を世界初公開した。その姿を画像で紹介する。
  • メルセデス・ベンツが「GLCクーペ」を日本に導入NEW 2017.2.22 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年2月22日、「GLCクーペ」を発表し、同日発売した。「メルセデスAMG GLC43 4MATICクーペ」については同年3月下旬に発売する予定。
  • メルセデス、「GLC」に367psの高性能モデルを設定 2016.9.9 自動車ニュース 「メルセデス・ベンツGLC」に、最高出力367psの3リッターV6ツインターボエンジンを搭載した高性能モデル「メルセデスAMG GLC43 4MATIC」が登場。0-100km/h加速は4.9秒(欧州仕様値)という動力性能を実現している。
  • 充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場 2017.2.3 自動車ニュース 「ポルシェ・カイエン」に充実した装備と特別な内外装の仕様が特徴の新グレード「カイエンSプラチナエディション」が登場。21インチのアルミホイールやアルカンターラとレザーのコンビシートなどが標準装備される。
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC クーペ (4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.7 試乗記 ベースとなった「GLE」から、より長く、より幅広く、そして低められたボディーと、流麗なルーフラインが特徴的な「メルセデス・ベンツGLEクーペ」。3リッターV6搭載の「AMG GLE43 4MATIC クーペ」に試乗し、メルセデスの意図したところを探った。
ホームへ戻る