メルセデス・ベンツGLC250 4MATICスポーツ(4WD/9AT)

ヒットは続くよ どこまでも 2016.04.13 試乗記 好調なセールスを続けるメルセデスのラインナップに、新たな売れセンSUV「GLC」が加わった。「Cクラス」の“C”を冠した、注目モデルの出来栄えは? 下野康史がリポートする。

Cクラス似のスタイリング

セダン系のCクラスに相当するメルセデスの新型SUVがGLCである。すでにある「GLA」と「GLE」の中間に位置するプレミアムコンパクトSUVだ。

実写版スーパーマリオのTVコマーシャルで驚かせたGLAは新規車種だが、GLEはかつての「Mクラス」、GLCは「GLK」を引き継ぐ。統一感のなかったモデル名が、SUVファミリーとしてこれでわかりやすくなった。

ちょっと中近東っぽい、ナゾのデザインという感じがけっしてワルくなかったGLKに対して、こんどのGLCはスタイリングもCクラス似である。5ドアボディーということで、「Cクラス ステーションワゴン」と比べると、全長は6cm短いが、全幅は8cm広く、全高は20cm高い。かなり堂々とした押し出しだ。

本国には後輪駆動の2WDやディーゼルもあるが、日本仕様の第1弾は、直噴2リッター4気筒ターボを搭載する250の「4MATIC」。今回、試乗したのはスポーツサスペンションを備える“スポーツ”で、本体価格は678万円。Cクラスワゴンの「250スポーツ」が738万円もすることを考えると、このGLC250 4MATICスポーツは内容盛りだくさんでお買い得に感じられる。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4670×1890×1645mm。メルセデスのSUVとしては、2番目にコンパクトなモデルとなる。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4670×1890×1645mm。メルセデスのSUVとしては、2番目にコンパクトなモデルとなる。
インテリアの各所に、アルミ、もしくはピアノラッカー調の装飾パーツが採用されている。内装色はブラックのみとなる。
インテリアの各所に、アルミ、もしくはピアノラッカー調の装飾パーツが採用されている。内装色はブラックのみとなる。
テールゲートに装着された「4MATIC」のバッジ。日本仕様のラインナップはシンプルで、パワーユニットは2リッター直4ガソリンターボエンジンのみ、駆動方式は4WDのみとなっている。
テールゲートに装着された「4MATIC」のバッジ。日本仕様のラインナップはシンプルで、パワーユニットは2リッター直4ガソリンターボエンジンのみ、駆動方式は4WDのみとなっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツGLC250 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.13 試乗記 好調なセールスを続けるメルセデスのラインナップに、新たな売れセンSUV「GLC」が加わった。「Cクラス」の“C”を冠した、注目モデルの出来栄えは? 下野康史がリポートする。
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2016.7.18 試乗記 AMGの名から想像するよりずっと静かなエンジンと、それに不似合いな硬さの足まわり。「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」の本性を、街中だけで見抜くのは簡単ではない。いざ、高速道路に乗って、このツンデレなSUVのアクセルを踏み込むと……。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • メルセデス、「GLC」のラインナップを拡充 2017.2.22 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年2月22日、ミドルサイズSUV「GLC」のラインナップに「GLC200」および「GLC220d 4MATIC」を追加設定し、販売を開始した。
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の限定車、受注開始 2017.4.5 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年4月5日、「ランドローバー・ディスカバリー」の特別仕様車「ディスカバリー ファーストエディション」の受注を開始した。同年4月17日まで注文を受け付けた後、抽選を経て30台限定で販売する。
ホームへ戻る