メルセデス・ベンツGLC250 4MATICスポーツ(4WD/9AT)

ヒットは続くよ どこまでも 2016.04.13 試乗記 好調なセールスを続けるメルセデスのラインナップに、新たな売れセンSUV「GLC」が加わった。「Cクラス」の“C”を冠した、注目モデルの出来栄えは? 下野康史がリポートする。

Cクラス似のスタイリング

セダン系のCクラスに相当するメルセデスの新型SUVがGLCである。すでにある「GLA」と「GLE」の中間に位置するプレミアムコンパクトSUVだ。

実写版スーパーマリオのTVコマーシャルで驚かせたGLAは新規車種だが、GLEはかつての「Mクラス」、GLCは「GLK」を引き継ぐ。統一感のなかったモデル名が、SUVファミリーとしてこれでわかりやすくなった。

ちょっと中近東っぽい、ナゾのデザインという感じがけっしてワルくなかったGLKに対して、こんどのGLCはスタイリングもCクラス似である。5ドアボディーということで、「Cクラス ステーションワゴン」と比べると、全長は6cm短いが、全幅は8cm広く、全高は20cm高い。かなり堂々とした押し出しだ。

本国には後輪駆動の2WDやディーゼルもあるが、日本仕様の第1弾は、直噴2リッター4気筒ターボを搭載する250の「4MATIC」。今回、試乗したのはスポーツサスペンションを備える“スポーツ”で、本体価格は678万円。Cクラスワゴンの「250スポーツ」が738万円もすることを考えると、このGLC250 4MATICスポーツは内容盛りだくさんでお買い得に感じられる。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4670×1890×1645mm。メルセデスのSUVとしては、2番目にコンパクトなモデルとなる。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4670×1890×1645mm。メルセデスのSUVとしては、2番目にコンパクトなモデルとなる。
インテリアの各所に、アルミ、もしくはピアノラッカー調の装飾パーツが採用されている。内装色はブラックのみとなる。
インテリアの各所に、アルミ、もしくはピアノラッカー調の装飾パーツが採用されている。内装色はブラックのみとなる。
テールゲートに装着された「4MATIC」のバッジ。日本仕様のラインナップはシンプルで、パワーユニットは2リッター直4ガソリンターボエンジンのみ、駆動方式は4WDのみとなっている。
テールゲートに装着された「4MATIC」のバッジ。日本仕様のラインナップはシンプルで、パワーユニットは2リッター直4ガソリンターボエンジンのみ、駆動方式は4WDのみとなっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC クーペ (4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.7 試乗記 ベースとなった「GLE」から、より長く、より幅広く、そして低められたボディーと、流麗なルーフラインが特徴的な「メルセデス・ベンツGLEクーペ」。3リッターV6搭載の「AMG GLE43 4MATIC クーペ」に試乗し、メルセデスの意図したところを探った。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
  • メルセデス・ベンツGLC250 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.8 試乗記 メルセデス・ベンツの新たなミドルクラスSUV「GLC」が、日本に上陸。試乗してみると、ライバルメーカーを戦々恐々とさせるに足る、完成度の高さが見えてきた。
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2016.7.18 試乗記 AMGの名から想像するよりずっと静かなエンジンと、それに不似合いな硬さの足まわり。「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」の本性を、街中だけで見抜くのは簡単ではない。いざ、高速道路に乗って、このツンデレなSUVのアクセルを踏み込むと……。
ホームへ戻る