ベントレー、新しいGTスピードなどを発表

2016.04.08 自動車ニュース
「ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション」
「ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション」

ベントレー、新しい「GTスピード」などを発表

英ベントレーは2016年4月4日、「コンチネンタルGT」の高性能仕様である「コンチネンタルGTスピード」を発表した。また、同車にブラックのアクセントを施した「ブラックエディション」を併せて発表した。

「ブラックエディション」では外装の随所が高光沢ブラック仕上げとなる。
「ブラックエディション」では外装の随所が高光沢ブラック仕上げとなる。
「ブラックエディション」のインテリア。
「ブラックエディション」のインテリア。
「ブラックエディション」では写真のように外装をコントラストカラーで彩ることもできる。
「ブラックエディション」では写真のように外装をコントラストカラーで彩ることもできる。
「ブラックエディション」のインテリア。コントラストカラーは室内でも反復することができる。
「ブラックエディション」のインテリア。コントラストカラーは室内でも反復することができる。
「ベントレー・コンチネンタルGTスピード コンバーチブル ブラックエディション」
「ベントレー・コンチネンタルGTスピード コンバーチブル ブラックエディション」

■パワーは642ps、トルクは840Nmへ

新しいコンチネンタルGTスピードは、引き続き6リッターW12ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は642ps、最大トルクは840Nm(85.7kgm)と、従来型と比較して7psと20Nm(2.0kgm)強化されている。これにより、0-100km/h加速は4.1秒(従来型は4.2秒)に短縮された。最高速は従来と同じ331km/h。

また今回、ブラックのアクセントが施されたコンチネンタルGTスピード ブラックエディションが併せて発表された。ウィンドウまわりやランプベゼルなど、外装の各所が高光沢のブラック仕上げとなるほか、21インチの5本スポークホイールもブラックとなり、その間からのぞくブレーキキャリパーはレッドとブラックから選択できる。

また、フロントスプリッター、サイドスカート、リアディフューザー、ドアミラーなどの外装パーツを、「ホールマーク」「ベルーガ」「セントジェームスレッド」「サイバーイエロー」という4色のコントラストカラーで彩り、車両を個性的に演出することもできる。

ダークトーンと色鮮やかなアクセントカラーの組み合わせは、室内でも反復されている。フェイシア、センターコンソール、ルーフコンソールにはカーボンファイバーをあしらい、豪華な雰囲気を演出しつつ、シートとセンターコンソールの一部を外装同様、コントラストカラーで彩ることができる。

新型GTスピードおよびGTスピード ブラックエディションの日本での価格は未定。顧客には2016年度中に納車される予定。

(webCG)

 

関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
ホームへ戻る