ベントレー、新しいGTスピードなどを発表

2016.04.08 自動車ニュース
「ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション」
「ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション」 拡大

ベントレー、新しい「GTスピード」などを発表

英ベントレーは2016年4月4日、「コンチネンタルGT」の高性能仕様である「コンチネンタルGTスピード」を発表した。また、同車にブラックのアクセントを施した「ブラックエディション」を併せて発表した。

「ブラックエディション」では外装の随所が高光沢ブラック仕上げとなる。
「ブラックエディション」では外装の随所が高光沢ブラック仕上げとなる。 拡大
「ブラックエディション」のインテリア。
「ブラックエディション」のインテリア。 拡大
「ブラックエディション」では写真のように外装をコントラストカラーで彩ることもできる。
「ブラックエディション」では写真のように外装をコントラストカラーで彩ることもできる。 拡大
「ブラックエディション」のインテリア。コントラストカラーは室内でも反復することができる。
「ブラックエディション」のインテリア。コントラストカラーは室内でも反復することができる。 拡大
「ベントレー・コンチネンタルGTスピード コンバーチブル ブラックエディション」
「ベントレー・コンチネンタルGTスピード コンバーチブル ブラックエディション」 拡大

■パワーは642ps、トルクは840Nmへ

新しいコンチネンタルGTスピードは、引き続き6リッターW12ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は642ps、最大トルクは840Nm(85.7kgm)と、従来型と比較して7psと20Nm(2.0kgm)強化されている。これにより、0-100km/h加速は4.1秒(従来型は4.2秒)に短縮された。最高速は従来と同じ331km/h。

また今回、ブラックのアクセントが施されたコンチネンタルGTスピード ブラックエディションが併せて発表された。ウィンドウまわりやランプベゼルなど、外装の各所が高光沢のブラック仕上げとなるほか、21インチの5本スポークホイールもブラックとなり、その間からのぞくブレーキキャリパーはレッドとブラックから選択できる。

また、フロントスプリッター、サイドスカート、リアディフューザー、ドアミラーなどの外装パーツを、「ホールマーク」「ベルーガ」「セントジェームスレッド」「サイバーイエロー」という4色のコントラストカラーで彩り、車両を個性的に演出することもできる。

ダークトーンと色鮮やかなアクセントカラーの組み合わせは、室内でも反復されている。フェイシア、センターコンソール、ルーフコンソールにはカーボンファイバーをあしらい、豪華な雰囲気を演出しつつ、シートとセンターコンソールの一部を外装同様、コントラストカラーで彩ることができる。

新型GTスピードおよびGTスピード ブラックエディションの日本での価格は未定。顧客には2016年度中に納車される予定。

(webCG)

 

関連キーワード:
コンチネンタルGTベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.28 試乗記 新世代プラットフォームを基に開発された、第3世代の「ベントレー・コンチネンタルGT」にオーストリアで試乗。ベントレーの伝統を継承しつつ革新的な進化を目指したという新型は、驚くほどシャープなモデルに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
ホームへ戻る