ベントレー、新しいGTスピードなどを発表

2016.04.08 自動車ニュース
「ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション」
「ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション」

ベントレー、新しい「GTスピード」などを発表

英ベントレーは2016年4月4日、「コンチネンタルGT」の高性能仕様である「コンチネンタルGTスピード」を発表した。また、同車にブラックのアクセントを施した「ブラックエディション」を併せて発表した。

「ブラックエディション」では外装の随所が高光沢ブラック仕上げとなる。
「ブラックエディション」では外装の随所が高光沢ブラック仕上げとなる。
「ブラックエディション」のインテリア。
「ブラックエディション」のインテリア。
「ブラックエディション」では写真のように外装をコントラストカラーで彩ることもできる。
「ブラックエディション」では写真のように外装をコントラストカラーで彩ることもできる。
「ブラックエディション」のインテリア。コントラストカラーは室内でも反復することができる。
「ブラックエディション」のインテリア。コントラストカラーは室内でも反復することができる。
「ベントレー・コンチネンタルGTスピード コンバーチブル ブラックエディション」
「ベントレー・コンチネンタルGTスピード コンバーチブル ブラックエディション」

■パワーは642ps、トルクは840Nmへ

新しいコンチネンタルGTスピードは、引き続き6リッターW12ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は642ps、最大トルクは840Nm(85.7kgm)と、従来型と比較して7psと20Nm(2.0kgm)強化されている。これにより、0-100km/h加速は4.1秒(従来型は4.2秒)に短縮された。最高速は従来と同じ331km/h。

また今回、ブラックのアクセントが施されたコンチネンタルGTスピード ブラックエディションが併せて発表された。ウィンドウまわりやランプベゼルなど、外装の各所が高光沢のブラック仕上げとなるほか、21インチの5本スポークホイールもブラックとなり、その間からのぞくブレーキキャリパーはレッドとブラックから選択できる。

また、フロントスプリッター、サイドスカート、リアディフューザー、ドアミラーなどの外装パーツを、「ホールマーク」「ベルーガ」「セントジェームスレッド」「サイバーイエロー」という4色のコントラストカラーで彩り、車両を個性的に演出することもできる。

ダークトーンと色鮮やかなアクセントカラーの組み合わせは、室内でも反復されている。フェイシア、センターコンソール、ルーフコンソールにはカーボンファイバーをあしらい、豪華な雰囲気を演出しつつ、シートとセンターコンソールの一部を外装同様、コントラストカラーで彩ることができる。

新型GTスピードおよびGTスピード ブラックエディションの日本での価格は未定。顧客には2016年度中に納車される予定。

(webCG)

 

関連キーワード:
コンチネンタルGTベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(ベントレー/ブガッティ) 2017.9.15 画像・写真 2017年のフランクフルトショーに、ベントレーは新型「コンチネンタルGT」を出展した。ブラッシュアップされたW12エンジンは、最高出力が635ps、最大トルクは900Nmに達している。1500psを誇るブガッティの「シロン」とともに写真で紹介する。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • 「ボルボV40」にポールスターチューンの限定車登場 2017.10.27 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年10月27日、コンパクトハッチバック「V40」に特別仕様車「V40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター」を設定し、50台の台数限定で発売した。価格は499万円。
  • 【フランクフルトショー2017】ベントレーが新型「コンチネンタルGT」を発表 2017.8.30 自動車ニュース
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8A... 2017.6.7 試乗記