第339回:軽のタイヤも“乗り心地”で選ぶ時代に!?
軽自動車用高級タイヤ「レグノGRレジェーラ」を試す

2016.04.12 エッセイ
テスト車の「ダイハツ・ムーヴ」に装着された「レグノGRレジェーラ」。

ブリヂストンのプレミアムブランド「レグノ」から、まさかの軽自動車用タイヤ「GRレジェーラ」が登場した。「ダイハツ・ムーヴ」を使った比較試乗を通して、その実力をチェックするとともに、新製品のリリースに見るブリヂストンの戦略を探った。

「レグノGRレジェーラ」は軽自動車用のプレミアムタイヤで、2015年12月に発表、2016年2月に発売された
試乗会に先立って行われた、技術説明会の展示の様子。「GRレジェーラ」は、1981年に誕生したブリヂストンの高級タイヤブランド「レグノ」からリリースされる、初の軽自動車用タイヤである。

あのレグノから軽専用タイヤが登場!?

きっとそろそろ登場するのでは? と、漠然とそんな予想をしていた「ズバリそのもの」のタイヤが、ブリヂストンから登場した。レグノシリーズの一員として2016年2月15日に発売された、GRレジェーラがそれだ。

レグノの初代モデルが誕生したのは1981年。振り返れば、すでに35年となる歴史を持つこのブランドが当初狙っていたのは、主に高級輸入セダンなどへの装着を意識した「静かで快適なプレミアムタイヤ」というものであった。

実際、そんな新しいタイヤブランドの知名度を高めるため、テレビや雑誌の初期のCMに選ばれていたのは、ジャガーやメルセデス・ベンツなど、今で言うところの欧州プレミアムブランドの作品ばかりであったもの。
見方を変えれば、日本のコンパクトカーや軽自動車は、完全に蚊帳の外――それが、レグノの立ち位置でもあったのだ。

実はここに紹介をするのは、このブランドの立ち上げ当初には誰もが予想をしなかったであろう、“軽自動車用のレグノ”なる一品。ひとつ手法を誤れば、ようやく築き上げた高級タイヤというイメージに傷を付けかねないリスクを負いつつも、ついにこれまで「アンタッチャブル」だった軽自動車の世界への展開を敢行した裏には、もちろん綿密なるセールス戦略があったことは間違いない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ