ランドローバー、シリーズ1を復元販売

2016.04.08 自動車ニュース
ランドローバーの処女作「シリーズ1」が25台、復元販売される。

ランドローバー、「シリーズ1」を復元販売

英ジャガー・ランドローバーは2016年4月6日、ドイツ・エッセンで開催されているヒストリックカーイベント「第28回テクノ・クラシカ・エッセン」で、第二次世界大戦後に発売したランドローバーの処女作「シリーズ1」を25台、復元して販売すると発表した。

 
 
 

■1948年当時の形に忠実に復元

レストア(復元)はジャガー・ランドローバー社内のクラシックカー部門が行う。レストアベース車はジャガー・ランドローバーが自社のネットワークを通じて調達し、シリーズ1が新車として販売された1948年当時の形や性能に、忠実に戻すという。

ボディーカラーは「ライトグリーン」「ブロンズグリーン」「RAF(英国空軍)ブルー」「ドーブグレー」「ポピーレッド」の5色が用意される。

注文主はランドローバー・クラシック部門の助言や協力を得ながら、自分の好みのレストアベース車両を選ぶことができる。

レストアは「ディフェンダー」(2016年1月に生産終了)が生産されていたランドローバーの英国ソリハル工場で行われ、レストアの開始から終了まで、自分の車両の仕上がり具合を追いかけることができるという。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。