「マイクロ コミューター コンセプト」
ホンダ、新感覚EVコミューターを出展

ホンダ、新感覚EVコミューターを出展

本田技研工業は、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける第42回東京モーターショーに、2人乗りのミニマムサイズの電気自動車(EV)「マイクロ コミューター コンセプト」を出展する

マイクロ コミューター コンセプト」は、ジャケットを羽織るような感覚で気軽に身にまとい、移動を楽しむ「未来都市型ケータイパワースーツ」とうたった、電動シティーコミューターのコンセプトモデル。全長×全幅×全高=2500×1250×1430mm、ホイールベース1860mmというコンパクトなボディーのリアにバッテリーやパワーコントロールユニットを集約し、タイヤを四隅にレイアウトしている。人のためのスペースは最大限に広く、メカニズムのためのスペースは最小限にという、ホンダが1960年代から提唱してきたM・M(マンマキシマム・メカミニマム)思想を徹底的に追求したパッケージングを実践し、自転車感覚で操れるサイズながら、1+2のシートレイアウトを採用して、大人2名もしくは大人1名と子供2名が快適に乗車できる室内空間を実現した。

デザインは、エクステリア、インテリアともにシンプルかつダイナミックな機能美を追求。シースルードアの採用や広いガラス面積によって、車内と車外のシームレスなつながりを演出し、キャビンに圧倒的な開放感をもたらした。また、エクステリアは好みの柄のシートを差し込むだけで、携帯電話のように気軽にカスタマイズが可能である。

主な性能は最高速度が60km/h以上、0-60km/h加速が7.4秒。リチウムイオンバッテリーの充電時間は200Vで1時間以下、100Vなら2時間以下で、最大航続距離は約60kmとなる。

走行用のバッテリーとは別に、エアコンやオーディオ用の電源として使用できるオリジナルの「ループバッテリー」を搭載。走行中の回生エネルギーによる充電が可能で、取り外してパソコンなどの携帯用電源として使うこともできる。

この「ループバッテリー」を電源とするコンパクトな電動二輪車のコンセプトモデルが「モーターコンポ」。ネーミングから推察されるように、かつての「モトコンポ」を現代によみがえらせたようなEVコミューターで、「マイクロ コミューター コンセプト」に搭載することも可能である。

(文=沼田亨)

「マイクロ コミューター コンセプト」の「ループバッテリー」。
ホンダ、新感覚EVコミューターを出展
電動二輪車のコンセプトモデル「モーターコンポ」。
ホンダ、新感覚EVコミューターを出展

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。