スズキ・バレーノXT(FF/6AT)/バレーノXG(FF/CVT)

“あと一歩”が欲しい 2016.04.14 試乗記 スズキの新型Bセグメントコンパクト「バレーノ」がいよいよ発売された。インドで生産され、スズキの“お膝元”である日本へと輸出される新しいグローバルカーの出来栄えやいかに? 運動性能と快適性を中心に、その実力を確かめた。

スズキの世界戦略を担うグローバルカー

「ソリオ」「アルト ワークス」「イグニス」と、昨2015年から立て続けに話題のモデルを放ち続けるスズキが、このたびBセグメントの5ドアハッチバック、バレーノを発売した。
日本での年間目標販売台数は6000台と控えめだが、バレーノはれっきとした世界戦略車。その生産はインドの子会社であるマルチ・スズキ・インディア社が行い(部品の一部は日本から供給)、スズキが圧倒的なシェアを誇るインドはもちろん、「スイフト」で高い認知度を得たヨーロッパにも、その販売を拡大していく。つまりこれは“逆輸入車”である。

全長×全幅×全高のスリーサイズは全長×全幅×全高=3995×1745×1470mm。スイフトよりもちょっとだけ大きめなボディーには新開発のプラットフォームが用いられ、エンジンルーム長を抑えることで広い室内空間を得た。特にそのゆとりは後席の居住空間の拡大にあてられており、前席のヒップポイントから後席のヒップポイントまでの距離は805mmとしている。
また、トランク容量はラゲッジボードを上段に置いた状態で320リッターを確保しており、9インチのゴルフバッグを横置きで収納可能。さらにこれを下段にセットすれば、荷室高が620mmから870mmへと拡大する。

グレードは2種類。「XG」は自然吸気(NA)の1.2リッター直列4気筒DOHCエンジン(91ps/12.0kgm)を搭載するモデルで、CVTと組み合わせることで24.6km/リッターの燃費性能を発揮(JC08モード)する。ちなみにこのエンジンは、マルチ・スズキ・インディアで製作される。
一方「XT」は、1リッター直噴ターボの直列3気筒DOHCエンジン(111ps/16.3kgm)を搭載した上級モデル。燃費は6段ATとの組み合わせで20.0km/リッター(JC08モード)とXGにやや劣るが、このモデルは燃費よりも快適性や走行性能に重きを置いており、価格もXG(141万4800円)より高く設定されている(161万7840円)。

「MARUTI SUZUKI INDIA LTD.」と書かれたコーションプレート。「バレーノ」はインドから世界各国へと輸出される、スズキの世界戦略車である。
「MARUTI SUZUKI INDIA LTD.」と書かれたコーションプレート。「バレーノ」はインドから世界各国へと輸出される、スズキの世界戦略車である。
上級グレード「XT」のインテリア。空調がオートエアコンだったり、ステアリングホイールが本革巻きだったりと、エントリーグレード「XG」とは各部の仕様、装備が異なる。
上級グレード「XT」のインテリア。空調がオートエアコンだったり、ステアリングホイールが本革巻きだったりと、エントリーグレード「XG」とは各部の仕様、装備が異なる。
荷室には後席を起こした状態で320リッターの容量を確保。床面の高さを2段階に調整できるラゲッジボードが標準装備される。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
荷室には後席を起こした状態で320リッターの容量を確保。床面の高さを2段階に調整できるラゲッジボードが標準装備される。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
「バレーノ」は2015年9月のフランクフルトショーで世界初公開され、生産国のインドでは同年10月に発売された。
「バレーノ」は2015年9月のフランクフルトショーで世界初公開され、生産国のインドでは同年10月に発売された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)/イグニス ハイブリッドMZ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.2.24 試乗記 ありそうでなかったAセグメントのクロスオーバーSUV「スズキ・イグニス」。“軽自動車のちょっと上”という絶妙なボディーサイズと、多彩なシートアレンジをはじめとした使い勝手のよさ、そして“メガネ顔”のファニーなデザインが織り成す、その魅力に触れた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
ホームへ戻る