第445回:「マツダ+ヒュンダイ」でシナジー効果!?
これがイタリアの“併売ディーラー”だ!

2016.04.15 エッセイ

複数のブランドがひとつの店に!?

かつて海外旅行を始めたころ、各国を訪れるたびに楽しかったのが、クルマの「併売ディーラー」だ。日本で一般的な「1ブランド専売ディーラー」と違い、ひとつの営業所敷地内で、複数のブランドが扱われているのである。

今ボクが住むイタリアもしかり。日本では想像もつかないような取り合わせで、複数のブランドを扱っている店をよく目にする。アメリカのメガディーラーと比べてせまい敷地で営んでいるため、より面白みがある。

1店の取り扱いブランドが増えたり減ったりすることも珍しくない。ディーラーの経営者が、地区の代理権を獲得、または手放すことが頻繁なためだ。

そういえば少し前、ある日系ディーラーで、取材している最中に来客があった。クルマを見にきたようでもない。そこで本人が帰ったあと営業所長に聞いてみたら、「隣接県の大ディーラーの社員が、この地域の担当営業所にならないかって話をもってきたんだよ」という。そのくらい、ディーラーシップや営業所開設権の取引は日常のことなのである。

わが街シエナでかつてオペルを売っていた店は、近隣のディーラーがトヨタの地区代理権を手放したのを機に、1998年からトヨタ車を販売している。ダイハツブランドも、欧州撤退まで併売していた。

そのトヨタディーラーが2014年から、敷地の一角でシュコダも扱い始めた。シュコダは、フォルクスワーゲン・グループの、チェコを本拠地とするブランドである。イタリアでは、「ゆとりあるクルマが欲しいけど、アウディほどのプレミアム性は求めない」という実用性重視のユーザーに、アウディと同じプラットフォームや基幹技術が用いられていることもあって、一定の人気がある。これまでシュコダは、ふたつ隣の町まで行かないと販売店がなかったから、ファンには朗報だろう。

実はこのトヨタディーラー、隣の県ではすでにフォルクスワーゲン・ブランドのディーラーを営業していた。「そのご縁だよ」と、所長は教えてくれた。

シエナのトヨタ販売店は、2年前からシュコダも扱い始めた。
シエナのトヨタ販売店は、2年前からシュコダも扱い始めた。
シエナの郊外にあるディーラーから、新型「MX-5(日本名:ロードスター)」と営業マン。マツダは、脇目も振らずやってくる、指名買いのお客さんが多いとか。
シエナの郊外にあるディーラーから、新型「MX-5(日本名:ロードスター)」と営業マン。マツダは、脇目も振らずやってくる、指名買いのお客さんが多いとか。
こちらは、キア、プジョー、シトロエン、ボルボの4ブランド(!)をひとつ屋根の下に扱う、シエナのバッチモータース。お客さま専用駐車場に一番近いのはキアのショールーム。上の階はパーツ庫として用いられている。
こちらは、キア、プジョー、シトロエン、ボルボの4ブランド(!)をひとつ屋根の下に扱う、シエナのバッチモータース。お客さま専用駐車場に一番近いのはキアのショールーム。上の階はパーツ庫として用いられている。
バッチモータース内のボルボのコーナー。ただいまのイチオシ車種は「XC90」。
バッチモータース内のボルボのコーナー。ただいまのイチオシ車種は「XC90」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。