ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック(4WD/9AT)

空を味方につけたSUV 2016.04.15 試乗記 あらゆる地面を手なずけたレンジローバーが、次に狙いを定めたのは空だった! トレードマークともいえるあのスマートなメタルルーフを脱ぎ去って、しかし足元は妥協なき4WDシステムで固めたトップレスSUV「イヴォーク コンバーチブル」に試乗した。

道を選ばぬオープンカー

羽田空港(東京)→シャルル・ド・ゴール空港(パリ)→サン=テグジュペリ空港(リヨン)と航空機を乗り継いでやってきたのはフランス南東部の高級スキーリゾート、クールシュベル。ひと山ふた山越えればイタリア・トリノで、反対側にはスイス・ジュネーブという国境が入り組んだところにある高い山だ。3月下旬でもまだまだ雪は十分に残っていて、オフピーク時期を狙ったスキー客がちらほら街を歩いていた。皆リッチそう。

イヴォーク コンバーチブルがどうして国際試乗会にそこを選んだかというと、このクルマのキャッチフレーズが「Convertible for All Season」だから。道を選ばないオープンカーだということを示すために、試乗は雪交じりの一般道とゲレンデに特設したクローズドコースで行われた。ただしわれわれのスケジュールはひと月以上やってる試乗会の後半だったため、もう路上には雪はなかった。

空港で受け取ったイヴォークは、ガソリンの2リッター直4ターボエンジンと9段ATのパワートレインを採用した4WDの「HSEダイナミック」というモデル。この右ハンドル版が日本仕様として輸入される予定だ。日本仕様のボディーカラーはわれわれがテストしたコリス・グレーではなく、フェニックス・オレンジ1種類で押し通す予定! だそうだ。派手なスタイリングなら地味な色、地味なスタイリングなら派手な色というのが、クルマをカッコよく見せるひとつのセオリーとしてあるが、別にこの判断がゲスの極みだとは思わない。万人に向けたモデルでないことは一目瞭然。似合う(と自分で思う)人だけが選ぶべきクルマだ。

まずは2012年3月にコンセプトモデルが世に問われ、2015年11月に量産型が公開された「イヴォーク コンバーチブル」。シリーズの最上位に位置づけられている。
まずは2012年3月にコンセプトモデルが世に問われ、2015年11月に量産型が公開された「イヴォーク コンバーチブル」。シリーズの最上位に位置づけられている。
10.2インチのタッチスクリーン式インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」が初めて採用された。
10.2インチのタッチスクリーン式インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」が初めて採用された。
乗車定員は4人。試乗車は左ハンドル仕様だが、日本には右ハンドルが導入される予定。
乗車定員は4人。試乗車は左ハンドル仕様だが、日本には右ハンドルが導入される予定。
ボディーサイズは4370×1980×1609mm。車重は1936kgと、メタルルーフの「クーペ」より150kg以上重い。写真の車体色はコリス・グレー。
ボディーサイズは4370×1980×1609mm。車重は1936kgと、メタルルーフの「クーペ」より150kg以上重い。写真の車体色はコリス・グレー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る