スバル、レヴォーグの安全性などを強化

2016.04.12 自動車ニュース
「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」
「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」

スバル、「レヴォーグ」の安全性などを強化

富士重工業は2016年4月11日、「スバル・レヴォーグ」に改良を施し、同年6月10日に発売すると発表した。

「レヴォーグ1.6GT-S EyeSight」
「レヴォーグ1.6GT-S EyeSight」
レヴォーグ1.6GT-S EyeSight」
「レヴォーグ1.6GT-S EyeSight」
「レヴォーグ1.6GT EyeSight」
「レヴォーグ1.6GT EyeSight」
「レヴォーグ1.6GT-S EyeSight」に新設定されるブライトパール内装。
「レヴォーグ1.6GT-S EyeSight」に新設定されるブライトパール内装。
ブライトパール内装。シルバー基調のレザーとブルーステッチによって、インテリアの質感を高めた
ブライトパール内装。シルバー基調のレザーとブルーステッチによって、インテリアの質感を高めた。

■2016年夏にはSTIブランドの新グレード追加も

今回の改良では、安全性の強化に加え、デザイン性や静粛性を向上させることで、レヴォーグの商品力や総合性能を磨き上げることを目的としている。

安全性では衝突安全性能を強化し、前面衝突時に瞬時にシートベルトを巻き取り、乗員を拘束するシートベルトプリテンショナーを左右リアシートにも採用する。また、リアシートのクッションも安全性の高い構造に改良するなど、後席の乗員保護性能を向上させる。さらに、フロントドアにアッパービームを追加し、側面衝突への対応も強化する。

一方、デザイン性の向上として、エントリーグレードの「1.6GT EyeSight」には、新デザインの17インチアルミホイールを採用する。ガンメタリック塗装と切削光輝を組み合わせたスポーティーで質感の高いデザインを採用しつつ、空力性能の向上と軽量化も併せて実現した。

また、「GT-S」グレードには、スポーティーかつ上質で華やかな印象を与える「ブライトパール内装」をメーカーオプションとして新設定。パールのような輝きをもったシルバー基調のレザーとブルーステッチによるコーディネートによって、インテリアの質感を高めた。

さらに、フロントドアガラスの室内側ショルダー部ウェザーストリップを2枚化して、室内への透過音を低減した。加えて、リアクオーターガラスの板厚アップや、カーゴルームの吸音材追加などで静粛性を高め、室内の質感と快適性を高めた。

このほか、レヴォーグのスポーティーな走りと高い質感をSTIによって進化させた“新たな価値を提供するモデル”を、最上級グレードとして2016年の夏に発売予定という。

価格は以下のとおり。

・1.6GT EyeSight:277万5600円
・1.6GT EyeSight S-style:290万5200円
・1.6GT-S EyeSight:305万6400円
・2.0GT-S EyeSight:356万4000円

(webCG)

関連キーワード:
レヴォーグスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【レビュー】
    2016.7.14 試乗記 STIが手がけた、スポーツワゴン「スバル・レヴォーグ」の最上級グレード「STI Sport」。これまでのようなカスタマイズカーや特別仕様車としてではなく、メーカーがライン生産する“カタログモデル”として登場したSTIの実力を試す。
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:TRD/STI編)【試乗記】 2017.10.2 試乗記 日本メーカー直系のスポーツブランドの実力やいかに? NISMOと無限のマシンを紹介した前編に続いては、TRDの手になる特別な「86」と「エスクァイア」、STIがチューンした「インプレッサ」「レヴォーグ」の走りをリポートする。
ホームへ戻る