アバルト695ビポスト(FF/5MT)/595コンペティツィオーネ(FF/5AT)/595Cツーリズモ(FF/5AT)

みんなちがって みんないい 2016.04.16 試乗記 大磯ロングビーチに特設のジムカーナコースが出現! FCAが、フィアット、アルファ・ロメオ、アバルトの最新モデルを一度に試すことができる特別試乗会を開催した。前編では、刺激的な走りが身上の、アバルト各モデルの魅力をリポートする。

公道では試せないことが試せる

つい先日、神奈川の大磯ロングビーチで開催されたFCAの試乗会は、とってもとっても楽しかった。何せ広大な駐車場のスペースをたっぷりと使い、プロフェッショナルたちの手によってパイロンが並べられたジムカーナのコースが設営されていて、そこをフィアット、アルファ・ロメオ、アバルトの各モデルを取っ換え引っ換え、本数制限なしに好きなだけ走っていいよ、みたいな内容だったのだ。

もちろん会場から外に出ることもOKではあるのだけど、公道ではそうそうアクセルを全開にして走るわけにはいかないし、コーナリングを試すにしてもかなりの抑制が必要で、できることに限りがある。が、このジムカーナコースでは、いくらだってアクセルを全開にして走れるし、またコーナリングについても自分の走行ラインの取り方次第でさまざまな種類のコーナーや走らせ方を試すことができる。もちろん使えるギアは元気よく走るにはせいぜい2速までで、そういう意味では試せないこともあるし、計測タイムを縮めることを考えるとライン取りも走らせ方も決まってきちゃうから、試乗に徹するなら“ツメていく楽しみ”を諦める必要もあるけど、クルマの基本的な特性を知るのに適した素晴らしい試乗会だと思う。

僕はこの試乗会に用意されていた全てのモデルを楽しませていただいた。さすがに台数が多いので、2回に分けてリポートをお届けしたいと思う。まずは、最新のマイナーチェンジ版595コンペティツィオーネも用意されていた、アバルトから。

今回の試乗会は、大磯ロングビーチ周辺の一般道と、駐車場に特設されたジムカーナコースで開催された。ジムカーナコースはパイロン間隔の異なるスラロームやヘアピンを織り交ぜた本格的なもので、ラップタイムは速い人でも47秒台だった。
今回の試乗会は、大磯ロングビーチ周辺の一般道と、駐車場に特設されたジムカーナコースで開催された。ジムカーナコースはパイロン間隔の異なるスラロームやヘアピンを織り交ぜた本格的なもので、ラップタイムは速い人でも47秒台だった。
日本では2016年2月に発表、3月に発売された「595コンペティツィオーネ」のマイナーチェンジモデル。今回はシングルクラッチ式5段AT仕様に試乗した。
日本では2016年2月に発表、3月に発売された「595コンペティツィオーネ」のマイナーチェンジモデル。今回はシングルクラッチ式5段AT仕様に試乗した。
「595コンペティツィオーネ」のフロントを飾る、アバルトのサソリのエンブレム。
「595コンペティツィオーネ」のフロントを飾る、アバルトのサソリのエンブレム。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

695ビポストの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】NEW 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アバルト595 2017.2.20 画像・写真 FCAジャパンは2017年2月17日、マイナーチェンジを施した「アバルト595」シリーズを発表した。発売は2月25日。前後バンパーのデザインがよりアグレッシブになり、エアインテークには「ABARTH」の浮き文字があしらわれた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介NEW 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る