アバルト695ビポスト(FF/5MT)/595コンペティツィオーネ(FF/5AT)/595Cツーリズモ(FF/5AT)

みんなちがって みんないい 2016.04.16 試乗記 大磯ロングビーチに特設のジムカーナコースが出現! FCAが、フィアット、アルファ・ロメオ、アバルトの最新モデルを一度に試すことができる特別試乗会を開催した。前編では、刺激的な走りが身上の、アバルト各モデルの魅力をリポートする。

公道では試せないことが試せる

つい先日、神奈川の大磯ロングビーチで開催されたFCAの試乗会は、とってもとっても楽しかった。何せ広大な駐車場のスペースをたっぷりと使い、プロフェッショナルたちの手によってパイロンが並べられたジムカーナのコースが設営されていて、そこをフィアット、アルファ・ロメオ、アバルトの各モデルを取っ換え引っ換え、本数制限なしに好きなだけ走っていいよ、みたいな内容だったのだ。

もちろん会場から外に出ることもOKではあるのだけど、公道ではそうそうアクセルを全開にして走るわけにはいかないし、コーナリングを試すにしてもかなりの抑制が必要で、できることに限りがある。が、このジムカーナコースでは、いくらだってアクセルを全開にして走れるし、またコーナリングについても自分の走行ラインの取り方次第でさまざまな種類のコーナーや走らせ方を試すことができる。もちろん使えるギアは元気よく走るにはせいぜい2速までで、そういう意味では試せないこともあるし、計測タイムを縮めることを考えるとライン取りも走らせ方も決まってきちゃうから、試乗に徹するなら“ツメていく楽しみ”を諦める必要もあるけど、クルマの基本的な特性を知るのに適した素晴らしい試乗会だと思う。

僕はこの試乗会に用意されていた全てのモデルを楽しませていただいた。さすがに台数が多いので、2回に分けてリポートをお届けしたいと思う。まずは、最新のマイナーチェンジ版595コンペティツィオーネも用意されていた、アバルトから。

今回の試乗会は、大磯ロングビーチ周辺の一般道と、駐車場に特設されたジムカーナコースで開催された。ジムカーナコースはパイロン間隔の異なるスラロームやヘアピンを織り交ぜた本格的なもので、ラップタイムは速い人でも47秒台だった。
今回の試乗会は、大磯ロングビーチ周辺の一般道と、駐車場に特設されたジムカーナコースで開催された。ジムカーナコースはパイロン間隔の異なるスラロームやヘアピンを織り交ぜた本格的なもので、ラップタイムは速い人でも47秒台だった。
日本では2016年2月に発表、3月に発売された「595コンペティツィオーネ」のマイナーチェンジモデル。今回はシングルクラッチ式5段AT仕様に試乗した。
日本では2016年2月に発表、3月に発売された「595コンペティツィオーネ」のマイナーチェンジモデル。今回はシングルクラッチ式5段AT仕様に試乗した。
「595コンペティツィオーネ」のフロントを飾る、アバルトのサソリのエンブレム。
「595コンペティツィオーネ」のフロントを飾る、アバルトのサソリのエンブレム。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

695ビポストの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • アバルト595 2017.2.20 画像・写真 FCAジャパンは2017年2月17日、マイナーチェンジを施した「アバルト595」シリーズを発表した。発売は2月25日。前後バンパーのデザインがよりアグレッシブになり、エアインテークには「ABARTH」の浮き文字があしらわれた。
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る