BMW M4 GTS(FR/7AT)

すべてはサーキットのために 2016.04.15 試乗記 最高出力は500ps。停止状態からわずか3.8秒で100km/hに達し、ニュルブルクリンクの北コースを7分28秒で駆けぬける“ロードリーガル・レーシングカー”が「BMW M4 GTS」の正体だ! スペインのカタルニア・サーキットからの第一報。

スペシャル中のスペシャル

BMWが創立100周年を迎えるという記念すべき今年は、「M3」のデビュー30周年にも当たる。ちょうど30年前、1986年に登場したE30 M3は、その“レーシング”ないでたちが大いにウケて、M3という名前を世のクルマ好きの心に刻み込んだ。

以来、M3はBMW Mの代表選手として、ブランドをけん引し続けてきた。E36からE90まで3世代続いたM3は、現行F30型に至ってクーペとセダンとを区別して呼ぶこととなり、M3クーペの系譜はM4クーペに引き継がれている。

そんな歴代のM謹製高性能クーペに、それぞれ、スペシャルなモデルが存在していたことをご存じだろうか。E30の「エボリューション」&「スポーツエボリューション」、E36の「GT」、E46の「CSL」、そしてE90の「GTS」がそれだ。

日本市場へ正規で輸入されたのは、このうち、E46のM3 CSLだけだったから、一般的にはあまりなじみのないモデルたちかもしれない。けれども今回、最新のM4にもGTSが設定され、日本でもわずかながらも販売が決定したことで、過去のスペシャルなM3たちも再び日の目をみることになるだろう。すでに、E30 M3エボリューションあたりの取引相場は急騰しつつある。

2015年秋の東京モーターショーでワールドプレミアを果たしたM4 GTSは、世界限定700台、日本国内30台という貴重なモデルであり、お値段2000万円級(日本での希望小売価格は1950万円)にも関わらず、他国市場においては既に完売御礼だという。

ヨーロッパ市場では、販売前にも関わらず、プレミア価格でもいいから欲しいという人が続出しているらしい。ここでもまた、クルマの詳細を記す前ではあるけれども、欲しいと思っているなら読む暇を惜しんでBMWディーラーへ問い合わせてみることを、恨まれる前にオススメしておく。

「M3」ベースの歴代のスペシャルモデルと「M4 GTS」。写真奥の右から「M3スポーツエボリューション」「M3 GT」「M3 CSL」「M3 GTS」。
「M3」ベースの歴代のスペシャルモデルと「M4 GTS」。写真奥の右から「M3スポーツエボリューション」「M3 GT」「M3 CSL」「M3 GTS」。
「M4 GTS」は2015年の東京モーターショーで世界初公開された。全世界700台の限定モデルで、日本では30台が販売される予定。
「M4 GTS」は2015年の東京モーターショーで世界初公開された。全世界700台の限定モデルで、日本では30台が販売される予定。
ウイングとディフューザーが後ろ姿をスポーティーに演出する。ボディーカラーはフローズングレー(日本市場では48万3000円のオプション)。
ウイングとディフューザーが後ろ姿をスポーティーに演出する。ボディーカラーはフローズングレー(日本市場では48万3000円のオプション)。
リアウイングはCFRP製。
リアウイングはCFRP製。
トランクリッドに貼られた「M4 GTS」のオーナメント。
トランクリッドに貼られた「M4 GTS」のオーナメント。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M4クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
ホームへ戻る