ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)

いまどきのJeep事情 2016.04.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。

どうせ買うなら……

節約志向が続くご時世とはいえ、ことクルマに関しては理性的な買い物ができないのは、筆者の場合、身軽な独身時代から変わっていない。「どうせ買うなら……」「せっかくだから……」と、ついつい見積額が増えてしまうのはいつものことだ。

だから、コンパクトSUVを選ぶなら、価格が手ごろで低燃費のFFでも自分の生活には十分とわかっていながら、FFを買って「やっぱり4WDにしておけばよかったかなぁ」とずっともやもやするくらいなら、多少無理をしてでもすっきりするほうがいい。その結果、「どうせ買うなら4WD」ということになる。

だから、ジープブランド初のコンパクトSUV、レネゲードから1台選ぶとしたら、迷うことなく4WDのトレイルホークを指名するだろう。

ご存じのとおり、このレネゲードは同じグループのフィアットから発売された「500X」の兄弟車で、プラットフォームやパワートレインなど共通の部分が多い。一方、エクステリアデザインはそれぞれ個性的で、バッジがなくてもどこのブランドのクルマなのかひと目でわかる。

さらに、クロスオーバーとSUVというすみ分けもあって、500Xとレネゲードとで迷う人は少ないに違いない。4WDに限れば、搭載されるエンジンが異なるが、たぶん私は直感でレネゲードを選んでしまうと思う。

「トレイルホーク」は「レネゲード」のラインナップで唯一の4WDモデル。フロントフェンダーパネルには「TRAIL RATED」のバッジが貼られる。
「トレイルホーク」は「レネゲード」のラインナップで唯一の4WDモデル。フロントフェンダーパネルには「TRAIL RATED」のバッジが貼られる。
「プレミアムファブリック」で仕立てられたシート。「トレイルホーク」の内装色はブラックのみとなる。
「プレミアムファブリック」で仕立てられたシート。「トレイルホーク」の内装色はブラックのみとなる。
大雨の中、悪路を行く「トレイルホーク」。最低地上高は200mm。他のグレードよりも30mm高められている。
大雨の中、悪路を行く「トレイルホーク」。最低地上高は200mm。他のグレードよりも30mm高められている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レネゲードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る