「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・シビック タイプR(前編)

2016.04.14 mobileCG

「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・シビック タイプR(前編)

SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー・谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「ホンダ・シビック タイプR」。“FF量産車世界最速”のタイトルを持つスーパーハッチバックのハンドルを握り、その魅力を考える。

■これ、何馬力ですか?

「ニュルブルクリンクでFF量産車世界最速」
このシンプルでいながら極めて困難なテーマを掲げて開発されたホンダ・シビック タイプRは、2014年5月にニュルブルクリンクのノルドシュライフェ(北コース)で7分50秒63を記録。それまで「ルノー・メガーヌR.S. 275」が保持していた7分54秒36のラップレコードを打ち破り、目標どおり“FF量産車世界最速”のタイトルを手に入れたのである。

谷口信輝がそんなシビック タイプRに試乗したのは、春もまだ浅く肌寒い時期の箱根ターンパイク。しかも、これほどハイパフォーマンスなFF車をテストするというのに、当日の天気はあいにくの雨だった。

「これ、何馬力ですか?」 タイプRの運転席から降り立った谷口は、真っ先にそんな質問をスタッフのひとりに投げかけた。「6500rpmで310psです」 そう恐る恐る答えたスタッフに、谷口は「いやあ、そんなことはないでしょ」と言い放った。ひょっとして、カタログ値ほどのパワーを実感できなかったのだろうか?

「いやいや、最高出力の発生回転数が6500rpmというのが、ちょっとひっかかりました。というのも、6500rpmをほんの少し過ぎたくらいでレブリミッターに当たっちゃうんですよ。たぶん、6700rpmとかそのくらいで。だから、最高出力はもう少し手前で出ているような感じがしました」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
シビックホンダ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
ホームへ戻る