「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・シビック タイプR(前編)

2016.04.14 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・シビック タイプR(前編)の画像

「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・シビック タイプR(前編)

SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー・谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「ホンダ・シビック タイプR」。“FF量産車世界最速”のタイトルを持つスーパーハッチバックのハンドルを握り、その魅力を考える。

 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・シビック タイプR(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・シビック タイプR(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・シビック タイプR(前編)の画像

■これ、何馬力ですか?

「ニュルブルクリンクでFF量産車世界最速」
このシンプルでいながら極めて困難なテーマを掲げて開発されたホンダ・シビック タイプRは、2014年5月にニュルブルクリンクのノルドシュライフェ(北コース)で7分50秒63を記録。それまで「ルノー・メガーヌR.S. 275」が保持していた7分54秒36のラップレコードを打ち破り、目標どおり“FF量産車世界最速”のタイトルを手に入れたのである。

谷口信輝がそんなシビック タイプRに試乗したのは、春もまだ浅く肌寒い時期の箱根ターンパイク。しかも、これほどハイパフォーマンスなFF車をテストするというのに、当日の天気はあいにくの雨だった。

「これ、何馬力ですか?」 タイプRの運転席から降り立った谷口は、真っ先にそんな質問をスタッフのひとりに投げかけた。「6500rpmで310psです」 そう恐る恐る答えたスタッフに、谷口は「いやあ、そんなことはないでしょ」と言い放った。ひょっとして、カタログ値ほどのパワーを実感できなかったのだろうか?

「いやいや、最高出力の発生回転数が6500rpmというのが、ちょっとひっかかりました。というのも、6500rpmをほんの少し過ぎたくらいでレブリミッターに当たっちゃうんですよ。たぶん、6700rpmとかそのくらいで。だから、最高出力はもう少し手前で出ているような感じがしました」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・シビック Siプロトタイプ 2016.11.24 画像・写真 本田技研工業はロサンゼルスショー2016(開催期間:2016年11月14日~27日)で、北米向け新型「ホンダ・シビック」シリーズのスポーティーモデル「シビック Siプロトタイプ」を展示している。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る