BMWとMINIの新サービス拠点が東京にオープン

2016.04.14 自動車ニュース
BMW TOKYO木場サービス・センターの外観
BMW TOKYO木場サービス・センターの外観

BMWとMINIの新サービス拠点が東京にオープン

BMWジャパンは2016年4月14日、正規ディーラーである「BMW TOKYO」の新サービス拠点「木場サービス・センター」(東京都江東区)のオープンを発表し、メディア向けの内覧会を行った。

木場サービス・センターの2階は、板金作業のスペース。「BMW i3」(写真)のカーボンフレーム修復にも対応している。
木場サービス・センターの2階は、板金作業のスペース。「BMW i3」(写真)のカーボンフレーム修復にも対応している。
最上階の3階は、塗装作業のスペースになっている。写真は、塗装の下地処理を行うブース。
最上階の3階は、塗装作業のスペースになっている。写真は、塗装の下地処理を行うブース。
塗装ブースはリフトを完備。車両を持ち上げることで、ボディー下部の塗装作業を効果的に行う。
塗装ブースはリフトを完備。車両を持ち上げることで、ボディー下部の塗装作業を効果的に行う。

内覧会には、BMWジャパンのペーター・クロンシュナーブル代表取締役社長も出席。「BMW GROUP Tokyo Bay」を含む、都市圏の投資案件について説明した。


	内覧会には、BMWジャパンのペーター・クロンシュナーブル代表取締役社長も出席。「BMW GROUP Tokyo Bay」を含む、都市圏の投資案件について説明した。
この日は、BMW/MINIブランドの体験型販売新拠点「BMW GROUP Tokyo Bay」の概要も説明された。同施設は、2016年7月にグランドオープンする予定。
この日は、BMW/MINIブランドの体験型販売新拠点「BMW GROUP Tokyo Bay」の概要も説明された。同施設は、2016年7月にグランドオープンする予定。

■カーボンフレーム修復にも対応

BMW TOKYOは、都心でBMWとMINIの新車販売店および認定中古車センターを展開している直営ディーラーだ。公開された新施設は、既存のサービス拠点を補完するもので、板金塗装や車検整備に特化している。また国内唯一のカーボンフレームの修理対応拠点としての役目も持つ。

完成したばかりの木場サービス・センターは、3階建てのメンテナンス専用施設。作業内容によりフロアが分かれており、1階はワークショップ、2階と3階が板金塗装の専用スペースに割り当てられている。

ワークショップとなる1階は、診断機とリフトを備えた車両整備スペースや車検ライン、洗車スペースなどをそろえた整備専用のフロアとなる。板金作業が行われるのは2階で、ボディーパネルの交換や修復はもちろん、フレーム修正まで対応する。また「i3」「i8」などのカーボンフレーム修復のための設備があり、特殊な研修を受けたメカニックが常駐しているのも、この施設の特徴だ。

そして、最上階の3階では、室内の温度と湿度をしっかりコントロールし塗装作業に最適な空間を作り出すことで、高品質な塗装を実現している。オープン前ということもあり、作業が行われる車両はおさまっていなかったが、同サービス・センターは、同年4月15日より稼働するという。

同施設の記者発表に登壇したBMWジャパンの代表取締役社長、ペーター・クロンシュナーブル氏は、同社が臨海副都心に今年の夏オープンを予定するBMW/MINIブランド体験型販売新拠点の正式名称を「BMW GROUP Tokyo Bay」とすることも明らかにした。

これは、国内最大規模となるBMWとMINIのディーラーやカフェスペース、300人以上を収容可能な国際会議ホールなどを備えた大型施設で、敷地面積は東京ドームのグラウンド2つ分に相当する2万7000平方メートルにも及ぶ。敷地内には、クルマやバイクの試乗だけでなく、基礎的な運転トレーニングも可能なBMW M社認定のドライビングエリアも設けられるなど、既存のディーラーとは異なるユニークな施設となる。またディーラーエリアには、BMWが28台、MINIが11台、BMWモトラッド10台の展示スペースが確保され、幅広いラインナップだけでなくMなどの特殊なモデルもそろえる。

BMW GROUP Tokyo Bayのプレオープンは、2016年6月初旬とされ、7月から本格稼働となる予定。この夏、お台場エリアの話題スポットのひとつとして注目されそうだ。

(文と写真=大音安弘)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。