三菱、世界戦略車を「ミラージュ」と命名【東京モーターショー2011】

2011.11.10 自動車ニュース

【東京モーターショー2011】三菱、世界戦略車を「ミラージュ」と命名

三菱自動車は、2011年11月30日のプレスデイで開幕する第42回東京モーターショーに、新型コンパクトカー「ミラージュ」を出展する。

なつかしい「ミラージュ」の車名が12年ぶりに復活する。「省資源、省エネルギー、省スペースで高性能」をコンセプトに初代ミラージュが誕生したのは1978年のこと。以後、2000年まで5世代が市場に送り出された。

今回、東京モーターショーでデビューする新型は、ミラージュの原点に戻り、「限られたスペースを巧みに使い、機能を重視してコンパクトカーの本質を追究するクルマ」を目指したもの。「三菱コンセプト グローバル スモール」という車名で、プロトタイプが2011年3月のジュネーブショーで公開されていた。

新興国市場を中心に展開される世界戦略車として2012年3月にタイの新工場で生産が開始され、まずは同国で発売される。日本では、同年夏ごろに販売が開始される予定。日本向けは30km/リッターという優れた燃費性能を目標とし、同時に100万円前後からという低価格を目指すという。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3710×1665×1490mm。初代ミラージュよりも全長が短く、全幅は80mm拡大されている。コンパクトカーならではの取り回しの良さを実現しながら、大人5人のためのキャビンスペースを確保するという。

搭載されるエンジンは、1リッター直列3気筒“MIVEC”。最高出力や最大トルクなどのスペックは明らかにされていないが、CVTと組み合わせ、アイドリングストップの「オートストップ&ゴー(AS&G)」の採用や空気抵抗/走行抵抗の低減などによって、10・15モードで30km/リッターの燃費を目標とする。

(文=生方聡)

「ミラージュ」
「ミラージュ」
三菱、世界戦略車を「ミラージュ」と命名【東京モーターショー2011】の画像
三菱、世界戦略車を「ミラージュ」と命名【東京モーターショー2011】の画像
三菱、世界戦略車を「ミラージュ」と命名【東京モーターショー2011】の画像
価格は、「40万タイバーツ(約100万円)を切るのが目標」という。
価格は、「40万タイバーツ(約100万円)を切るのが目標」という。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラージュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • ダイハツ・トールG“SA II”/トヨタ・ルーミー カスタムG-T【試乗記】 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。
ホームへ戻る