三菱、世界戦略車を「ミラージュ」と命名【東京モーターショー2011】

2011.11.10 自動車ニュース

【東京モーターショー2011】三菱、世界戦略車を「ミラージュ」と命名

三菱自動車は、2011年11月30日のプレスデイで開幕する第42回東京モーターショーに、新型コンパクトカー「ミラージュ」を出展する。

なつかしい「ミラージュ」の車名が12年ぶりに復活する。「省資源、省エネルギー、省スペースで高性能」をコンセプトに初代ミラージュが誕生したのは1978年のこと。以後、2000年まで5世代が市場に送り出された。

今回、東京モーターショーでデビューする新型は、ミラージュの原点に戻り、「限られたスペースを巧みに使い、機能を重視してコンパクトカーの本質を追究するクルマ」を目指したもの。「三菱コンセプト グローバル スモール」という車名で、プロトタイプが2011年3月のジュネーブショーで公開されていた。

新興国市場を中心に展開される世界戦略車として2012年3月にタイの新工場で生産が開始され、まずは同国で発売される。日本では、同年夏ごろに販売が開始される予定。日本向けは30km/リッターという優れた燃費性能を目標とし、同時に100万円前後からという低価格を目指すという。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3710×1665×1490mm。初代ミラージュよりも全長が短く、全幅は80mm拡大されている。コンパクトカーならではの取り回しの良さを実現しながら、大人5人のためのキャビンスペースを確保するという。

搭載されるエンジンは、1リッター直列3気筒“MIVEC”。最高出力や最大トルクなどのスペックは明らかにされていないが、CVTと組み合わせ、アイドリングストップの「オートストップ&ゴー(AS&G)」の採用や空気抵抗/走行抵抗の低減などによって、10・15モードで30km/リッターの燃費を目標とする。

(文=生方聡)

「ミラージュ」
「ミラージュ」
三菱、世界戦略車を「ミラージュ」と命名【東京モーターショー2011】の画像
三菱、世界戦略車を「ミラージュ」と命名【東京モーターショー2011】の画像
三菱、世界戦略車を「ミラージュ」と命名【東京モーターショー2011】の画像
価格は、「40万タイバーツ(約100万円)を切るのが目標」という。
価格は、「40万タイバーツ(約100万円)を切るのが目標」という。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.25 試乗記 ターゲットは「フォード・フォーカス」? スズキから新しいコンパクトモデルの「バレーノ」が登場。新開発のBセグメントプラットフォームの実力やいかに? 1リッターの直噴ターボエンジンを搭載した上級グレード「XT」を借り出し、その走りを試した。
  • 顔立ち一新、三菱ミラージュがマイナーチェンジ 2015.12.18 自動車ニュース 三菱がコンパクトカー「ミラージュ」をマイナーチェンジし、2016年1月14日に発売する。改良の内容は転支援システム「e-Assist」の採用や内外装デザインの変更など、装備の強化と内外装の質感の向上が主となっている。価格は138万240円~148万5000円。
ホームへ戻る