三菱、世界戦略車を「ミラージュ」と命名【東京モーターショー2011】

2011.11.10 自動車ニュース

【東京モーターショー2011】三菱、世界戦略車を「ミラージュ」と命名

三菱自動車は、2011年11月30日のプレスデイで開幕する第42回東京モーターショーに、新型コンパクトカー「ミラージュ」を出展する。

なつかしい「ミラージュ」の車名が12年ぶりに復活する。「省資源、省エネルギー、省スペースで高性能」をコンセプトに初代ミラージュが誕生したのは1978年のこと。以後、2000年まで5世代が市場に送り出された。

今回、東京モーターショーでデビューする新型は、ミラージュの原点に戻り、「限られたスペースを巧みに使い、機能を重視してコンパクトカーの本質を追究するクルマ」を目指したもの。「三菱コンセプト グローバル スモール」という車名で、プロトタイプが2011年3月のジュネーブショーで公開されていた。

新興国市場を中心に展開される世界戦略車として2012年3月にタイの新工場で生産が開始され、まずは同国で発売される。日本では、同年夏ごろに販売が開始される予定。日本向けは30km/リッターという優れた燃費性能を目標とし、同時に100万円前後からという低価格を目指すという。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3710×1665×1490mm。初代ミラージュよりも全長が短く、全幅は80mm拡大されている。コンパクトカーならではの取り回しの良さを実現しながら、大人5人のためのキャビンスペースを確保するという。

搭載されるエンジンは、1リッター直列3気筒“MIVEC”。最高出力や最大トルクなどのスペックは明らかにされていないが、CVTと組み合わせ、アイドリングストップの「オートストップ&ゴー(AS&G)」の採用や空気抵抗/走行抵抗の低減などによって、10・15モードで30km/リッターの燃費を目標とする。

(文=生方聡)

「ミラージュ」
「ミラージュ」
三菱、世界戦略車を「ミラージュ」と命名【東京モーターショー2011】の画像
三菱、世界戦略車を「ミラージュ」と命名【東京モーターショー2011】の画像
三菱、世界戦略車を「ミラージュ」と命名【東京モーターショー2011】の画像
価格は、「40万タイバーツ(約100万円)を切るのが目標」という。
価格は、「40万タイバーツ(約100万円)を切るのが目標」という。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラージュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ミラージュ1.2G(FF/CVT)【試乗記】 2015.2.6 試乗記 三菱のコンパクトカー「ミラージュ」に、1.2リッターエンジンを搭載した新グレードが登場。試乗を通して、日本で求められるコンパクトカーのあり方を考えた。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】NEW 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • 「フェラーリGTC4ルッソT」発表会の会場から 2017.3.16 画像・写真 フェラーリがフロントエンジンの4シーターモデル「GTC4ルッソT」を日本で初公開。0-100km/h加速が3.5秒、最高速が320km/h以上という動力性能と、4シーターならではの実両性を併せ持つニューモデルのディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
ホームへ戻る