ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)

打倒! ジャーマンスリー 2016.04.15 試乗記 “新世代ジャガー”の嚆矢(こうし)として、2007年にデビューした4ドアセダン「XF」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型はドイツのライバルと渡り合うことができるのか? その実力を試す。

新世代ジャガーの真価が問われる

このところのジャガーは、ポルシェの作品を猛烈に意識している。「Fタイプ」のコンバーチブルが「『ボクスター』と『911カブリオレ』のはざま」を狙って生み出されたことは明らかだし、ついにローンチされたジャガー初のSUV「Fペース」も、開発陣が「『マカン』が最大のライバル」という意味のコメントをはばかることなく発している。

そんな昨今のクルマづくりの背景には、かつてポルシェ社で副社長を務め、“マーケティングの神様”ともいわれたハンス・リーデル氏が、実は現在ではジャガーのインハウス・エージェントに属し、同社のブランディングやマーケティングに深く関与をしている影響が大きい……と、個人的にはにらんでいる。

それはともかくとして、特に2007年にブランニューモデルとしてXFが送り出されて以降、ジャガー車はいずれもすこぶるダイナミックな走りの持ち主であることを大きな特徴としている。そんな“新世代ジャガー”の第1号モデルとなったXFが、初めてのフルモデルチェンジを受けて日本に上陸した。

「うっかりすると見分けがつかない!」といったコメントが寄せられることは承知の上と言わんばかりに、昨年Dセグメントに投入された「XE」と2代目となったXFの雰囲気が極めて近いのは、新しい世代のジャガーセダンのスタイリングイメージが、まだ構築の途上であることを物語っているともいえそう。
ただし、XEと比べれば全長は285mm、ホイールベースは125mmも長く、その分後席の足元やラゲッジスペースの余裕は明確に大きく、全体のプロポーションも特にボディー後半部分がより流麗であることは間違いない。

エンジンに火を入れると、ディーゼル特有の音質は明確。ただし、そのボリュームは「やかましい」と文句を言いたくなるほどではなく、特に車外でのノイズは、同じくディーゼルエンジンを搭載するメルセデス・ベンツやBMWのコンペティターに対して、明らかに静かである。
およそ100kg軽い重量に同じ心臓を組み合わせるXEほどではないものの、加速力は十二分なレベル。タイトな駆動力の伝達感と微低速でもスムーズな変速を実現する出来のいい8段ATも、そんな好印象を生み出すひとつの立役者となっている。このアイテムがきめ細かく、レスポンスのよい変速を行ってくれることで、低回転域から太いトルクを生み出すエンジンの特性を巧みに引き出し、滑らかでありながらも力強い走りを実現してくれるのだ。

回頭感に優れたハンドリングとフットワークの軽やかさは、最新のジャガー車ならでは。時にタイヤのトレッド面がかたく、エンベロープ性(タイヤが路面の突起物を乗り越える際に、トレッド面が変形する特性)が今一つ、という感覚を抱かされる場面もあるが、全般にはコンフォート性能も満足すべき水準にある。アクセルワークによって気分よく荷重移動をコントロールできるのは、ほぼ50対50という前後重量配分に優れたFRレイアウトの持ち主であることも、当然無関係ではないはずだ。

果たして、独自の立ち位置と最新のボディーやエンジンを武器に“ジャーマンスリー”と呼ばれるドイツ発の強豪たちと渡り合うことはできるのか? 新世代ジャガーの真価が、今まさに問われようとしている。

(文=河村康彦/写真=ジャガー・ランドローバー・ジャパン)

【スペック】
全長×全幅×全高=4965×1880×1455mm/ホイールベース=2960mm/車重=1760kg/駆動方式=FR/エンジン=2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ(180ps/4000rpm、43.8kgm/1750-2500rpm)/トランスミッション=8AT/燃費=16.7km/リッター/価格=693万円

試乗会場に並べられた新型「ジャガーXF」。2015年4月のニューヨークショーで世界初公開され、日本では同年9月に受注が開始された。
試乗会場に並べられた新型「ジャガーXF」。2015年4月のニューヨークショーで世界初公開され、日本では同年9月に受注が開始された。
「XF 20dプレステージ」のインストゥルメントパネルまわり。従来モデルの「XF」や、「XE」「XJ」と同じく、ダイヤル式のシフトセレクターを採用している。
「XF 20dプレステージ」のインストゥルメントパネルまわり。従来モデルの「XF」や、「XE」「XJ」と同じく、ダイヤル式のシフトセレクターを採用している。
淡いベージュ色のレザーシートが備えられた試乗車のインテリア。車内空間では特に後席の居住性の改善が図られており、レッグルームが15mm、ニールームが24mm、ヘッドルームが27mm拡大している。
淡いベージュ色のレザーシートが備えられた試乗車のインテリア。車内空間では特に後席の居住性の改善が図られており、レッグルームが15mm、ニールームが24mm、ヘッドルームが27mm拡大している。
2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、Eセグメントセダンの車体を過不足なく走らせられる力強さと、JC08モード計測で16.7km/リッターという燃費を実現している。
2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、Eセグメントセダンの車体を過不足なく走らせられる力強さと、JC08モード計測で16.7km/リッターという燃費を実現している。
2リッターディーゼル車であることを示す「20d」のバッジ。日本仕様の「XF」には、2リッター直4ディーゼルターボと2リッター直4ガソリンターボ、スーパーチャージャー付き3リッターV6ガソリンの3種類のエンジンが用意される。
2リッターディーゼル車であることを示す「20d」のバッジ。日本仕様の「XF」には、2リッター直4ディーゼルターボと2リッター直4ガソリンターボ、スーパーチャージャー付き3リッターV6ガソリンの3種類のエンジンが用意される。
全長×全幅×全高=4965×1880×1455mmというボディーサイズは従来モデルとほぼ同じだが、ホイールベースは50mm延ばされて2960mmとなった。
全長×全幅×全高=4965×1880×1455mmというボディーサイズは従来モデルとほぼ同じだが、ホイールベースは50mm延ばされて2960mmとなった。
「ジャガーXF 20dプレステージ」
「ジャガーXF 20dプレステージ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編)NEW 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る