トヨタ86 GRMN(FR/6MT)/マークX GRMN(FR/6MT)/iQ GRMN(FF/6MT)/ノアG's プロトタイプ(FF/CVT)

もう退屈とは言わせない 2016.04.20 試乗記 トヨタのモータースポーツ活動を担うGAZOO Racingが、「86(ハチロク)」のコンプリートカー「86 GRMN」を中心とした試乗会を千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催した。クローズドコースでの走行で感じた各車のインプレッションを報告する。

648万円の“ハチロク”が即完売

トヨタは販売台数世界No.1の自動車メーカーであり、国内乗用車販売シェアの半数を長年維持するリーディングカンパニーだ。大きさは十分以上だが、昔からプロダクトがクルマ好きにウケているという印象に乏しい。過去にスポーツカーも多数ラインナップしてきたし、F1、WRC、WECと、あらゆるモータースポーツカテゴリーに参戦するなど、他のどのメーカーよりも熱い思いをアピールしてきたにもかかわらずだ。それらをかき消してしまうほどの勢いでエコカーやファミリーカーを販売しまくっているためかもしれないが、とにかく“無難な商品を適価で売るメーカー”というイメージが定着している。

2009年に社長に就任した創業家の豊田章男氏はそうしたイメージからの脱却に熱心で、同社のモータースポーツ関連のノウハウを活用し、メーカー自らチューニングカーやカスタマイズカーを手がけることで、万人受けではないスポーティーなモデルの開発に取り組んできた。「GRMN」とは、公式にはGAZOO Racing tuned by Meister of Nürburgringの略とされ、走りに大きく影響する部分まで本格的に手が入れられたモデルにのみに冠せられる。カスタマイズされたモデルが名乗る「G's」と差別化されているわけだ。

86 GRMNは、GAZOO Racingのニュルブルクリンク24時間レース参戦10周年を記念して100台限定で製作された。トヨタの現行ラインナップ中唯一のスポーツカーである86をベースとした最新作だ。ちなみにすでに完売している。2016年1月16日にウェブ上で商談申し込み受け付けが開始され、即座に100名を超える申し込みがあったようだ。648万円と決して安くはない価格にもかかわらずだ。

GAZOO Racingが開発したコンプリートカー「86 GRMN」。価格は648万円で、100台が限定販売された。
GAZOO Racingが開発したコンプリートカー「86 GRMN」。価格は648万円で、100台が限定販売された。
「86 GRMN」のインテリア。アルカンターラ巻きのステアリングホイールやシフトノブ、サイドブレーキレバー、「GRMN」のロゴ入り3眼メーターなどは、いずれも同車専用装備となる。
「86 GRMN」のインテリア。アルカンターラ巻きのステアリングホイールやシフトノブ、サイドブレーキレバー、「GRMN」のロゴ入り3眼メーターなどは、いずれも同車専用装備となる。
ボディーについてはボンネットフードやルーフ、トランクフードなどにCFRPを採用。軽量化が図られている。
ボディーについてはボンネットフードやルーフ、トランクフードなどにCFRPを採用。軽量化が図られている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

86の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • トヨタ86 GT/86 GT“リミテッド”【試乗記】 2016.9.28 試乗記 「トヨタ86」が、デビュー4年目にしてエンジンやドライブトレインに手の加わる大幅なマイナーチェンジを受けた。さまざまなグレードの比較試乗を通し、従来モデルからの進化の度合いや、仕様の違いによる差などを確かめた。
  • トヨタ86 G/86 GT“リミテッド”/86 GT(ブレンボブレーキ装着車)【試乗記】 2016.7.16 試乗記 デビューから4年。FRスポーツカー「トヨタ86」のエンジンや足まわり、デザインに手が加えられた。「車両の性格をより走りに特化させた」というマイナーチェンジの効果やいかに? さまざまなグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る