第4回:押しも押されもしない高級車の共演
輸入車チョイ乗りリポート~1000万から2000万円編~

2016.04.19 JAIA輸入車試乗会2016
 
第4回:押しも押されもしない高級車の共演 輸入車チョイ乗りリポート~1000万から2000万円編~の画像

車両価格はいよいよ1000万円オーバーの世界へ。パフォーマンスが自慢のスポーツカーや“至れり尽くせり”のプレミアムセダンなど、押しも押されもしない高級車のなかから特にwebCGメンバーが注目したモデルを紹介する。

ポルシェ・ボクスター スパイダー
ポルシェ・ボクスター スパイダー
 
第4回:押しも押されもしない高級車の共演 輸入車チョイ乗りリポート~1000万から2000万円編~の画像
 
第4回:押しも押されもしない高級車の共演 輸入車チョイ乗りリポート~1000万から2000万円編~の画像
 
第4回:押しも押されもしない高級車の共演 輸入車チョイ乗りリポート~1000万から2000万円編~の画像

買っとけばよかった
ポルシェ・ボクスター スパイダー……1012万円

“自然吸気ボクスター”のフィナーレを飾るスペシャルモデルが「ボクスター スパイダー」である。ボクスター史上最大の3.8リッターフラット6は、ターボ化前の「911カレラS」ゆずり。最高出力375ps、最大トルク42.8kgmを発生する。

「軽量化」もボクスター スパイダーのキーワードだ。ソフトトップの開け閉めは、ほろの先端とリアリッドのロック解除だけが電動。他のボクスターとは違って、それ以外は手作業となる。スポーツバケットシートや、ベルト形状ドアインナーハンドルの採用もお約束だ。

シートに座り、「おもっ」と思った。クラッチペダルの話である。トランスミッションは6段MTのみの設定となる。エンジンに火が入ると、その存在感にほほがゆるむ。オープンカーでミドシップ。音源はすぐそこだ。アクセルを踏み込めば、3000rpm以上でレスポンスが鋭さを増し、5000rpmからはリミット目指して一気に吹け上がる。自然吸気フラット6の金属音と振動が心も揺さぶる。

ボクスター スパイダーは、“自然吸気ボクスター”の純米大吟醸である。残念ながら、正規輸入分はとっくに完売していて手に入らない。次期型の存在も定かではないし、あっても4気筒ターボになるかもしれない。あぁ、買っとけばよかったなぁ。……なんてヒト、多いんじゃないでしょうか?

(文=webCG こんどー/写真=田村 弥)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMW 740i(FR/8AT)【試乗記】 2015.12.9 試乗記 BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」がモデルチェンジを受けた。新機軸を多数搭載した“電子仕掛けの旗艦”は、その走りをどこまで進化させたのだろうか。ラインナップのベーシックグレード「740i」に試乗した。
  • BMW 740i(FR/8AT)【レビュー】 2015.11.25 試乗記 新機軸を満載して攻めの姿勢を見せる新型「BMW 7シリーズ」。果たして「駆けぬける歓び」は守れたのだろうか。7シリーズのラインナップで最もベーシックな位置付けの「740i」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る