ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)

モータースポーツ直系のボルボ 2016.04.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに? 南仏でそのステアリングを握った。

AMG”や“M”のような存在になる?

ボルボ車、と耳にして、ことさらにスポーティーなモデルをイメージする人は、そうは多くはないだろう。モータースポーツとの関連を思い浮かべる人となると、さらに少ないかもしれない。

が、恐らくボルボ自身では、そうした状況こそは今後改善が不可欠な、ある意味「現在の自らのウイークポイント」でもある、と認識をしている兆しがうかがえる。

なぜならばボルボは昨年、1996年以来のオフィシャル・モータースポーツ・パートナーである、自身の本社とも至近の場所に居を構えるポールスター社を、レーシング部門を除いてすべて子会社化。従業員は新たに自社の社員として迎え、その活動をより直接的にコントロールしていく姿勢を明確にしているからだ。

ちなみに、独立して残された前出ポールスターのレーシング部門は、今年2016年からツーリングカーレースの世界最高峰であるWTCC(World Touring Car Championship)にフル参戦する。

当然ながら、その活動はボルボ本体が全面的な支援を行う事実上の“ワークス体制”になる一方で、そんなコンペティションシーンで得られたさまざまな事柄が、ボルボ車の開発やプロモーション活動により積極的に使われるようになっていく可能性も濃厚だ。

かくして、まだ知名度が高いとは言えない「ポールスター」の名が、これからより頻繁に聞かれるようにもなっていくことは間違いない。端的に言えば、目指すは“ボルボのAMG”であり、“ボルボのM”であるに違いないのだ。

2リッター直4ツインチャージャーエンジン搭載の新しい「ボルボS60/V60ポールスター」のデビューは2016年4月1日。367psを誇り、同社史上最速とうたわれる。
2リッター直4ツインチャージャーエンジン搭載の新しい「ボルボS60/V60ポールスター」のデビューは2016年4月1日。367psを誇り、同社史上最速とうたわれる。
ボルボは2015年7月、レース部門を除くポールスターの株式を100%取得したと発表した。以来、ポールスターはボルボ・カーのパフォーマンスブランドという位置づけになった。
ボルボは2015年7月、レース部門を除くポールスターの株式を100%取得したと発表した。以来、ポールスターはボルボ・カーのパフォーマンスブランドという位置づけになった。
ポールスターのレース部門はシアン・レーシングと改名。ポールスター・サイアン・レーシングとして、2016年FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)などを戦っている。写真はWTCCに参戦する「ボルボS60ポールスターTC1レースカー」。
ポールスターのレース部門はシアン・レーシングと改名。ポールスター・サイアン・レーシングとして、2016年FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)などを戦っている。写真はWTCCに参戦する「ボルボS60ポールスターTC1レースカー」。
ポールスター・シアン・レーシングのドライバー、テッド・ビョーク選手(左)とフレドリック・エクブロム選手(右)。
ポールスター・シアン・レーシングのドライバー、テッド・ビョーク選手(左)とフレドリック・エクブロム選手(右)。
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.18 試乗記 これまでの3リッター直6エンジンに代えて、新世代の2リッター直4エンジンが搭載された「ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN」に試乗。ターボとスーパーチャージャーの両方を搭載した新ユニットの実力やいかに? 雪の舞う東京‐新潟の往復ルートで、その走りを試した。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ボルボS60 T3 SE(FF/6AT)/XC60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.3.23 試乗記 ボルボの60シリーズに新しいDrive-Eエンジンが2機種、搭載された。1.5リッター直4ターボのT3ユニットを積む「S60」と、2リッター直4ターボ+スーパーチャージャーのT6ユニットを搭載する「XC60」に試乗し、その実力を確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
ホームへ戻る