アストンが高性能モデルのヴァンテージGT8発表

2016.04.16 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンテージGT8」(写真右)
「アストンマーティン・ヴァンテージGT8」(写真右)

アストンマーティンが高性能モデルの「ヴァンテージGT8」を発表

英アストンマーティンは2016年4月15日、「V8ヴァンテージ」をベースとした高性能モデル「ヴァンテージGT8」を販売すると発表した。

 
アストンが高性能モデルのヴァンテージGT8発表の画像
 
アストンが高性能モデルのヴァンテージGT8発表の画像
 
アストンが高性能モデルのヴァンテージGT8発表の画像
 
アストンが高性能モデルのヴァンテージGT8発表の画像
 
アストンが高性能モデルのヴァンテージGT8発表の画像
 
アストンが高性能モデルのヴァンテージGT8発表の画像

■軽量化と空力性能の向上を追求

ヴァンテージGT8は、V8ヴァンテージの競技用モデル「V8ヴァンテージGTE」で得た技術を投入して開発された高性能モデルであり、主に軽量化とエアロダイナミクスの向上を通して動力性能の改善が図られている。

特に軽量化に関しては、ルーフやドアパネル、スポーツシートなどをカーボンファイバー製、リアウィンドウとリアサイドウィンドウをポリカーボネート製とするほか、センター出しのチタンエキゾーストシステムとリチウムイオンバッテリーを採用。数値的には100kgの重量軽減を目標としており、これが実現されれば同車は「ヴァンテージ史上最軽量モデル」となるという。

ベース車とは大きく異なる、ワイド化されたボディー形状も特徴のひとつで、カーボンファイバーのフロントスプリッターやフロント/リアバンパー、フェンダー、サイドシル、リアディフューザーを採用。フロントのホイールアーチには、レーシングカーをほうふつとさせるカットアウェイ処理が施されている。また、さらに高い空力性能を求めるユーザーのために、大型のリアウイングとフロントスプリッターコーナーエレメントからなるエアロパックがオプションで用意されている。

■生産台数は150台のみ、価格は16万5000ポンドから

パワーユニットやドライブトレインについても手が加えられており、4.7リッターV8エンジンは「ヴァンテージS」や「N430」を上回る446ps(予測値)の最高出力を発生。トランスミッションには6段MTとロボタイズドMTの「スポーツシフトII」が用意されている。

足元の仕様はミシュランのハイパフォーマンスタイヤ「パイロットスポーツ カップ2」と新デザインの5スポーツアロイホイールの組み合わせで、オプションで7本スポークのセンターロック式マグネシウムホイールも用意。シャシーについてもサーキット走行を想定したチューニングが施されているという。

一方でロードカーとしての快適性にも配慮されており、エアコンや「AMi III」と呼ばれるインフォテインメントシステムが標準装備される。

生産台数は150台の限定で、価格は16万5000ポンド(約2558万円、1ポンド=155円で換算)から。納車開始は2016年の第4四半期が予定されている。

(webCG)
 

関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • 第8回:夢の世界をちょこっと拝見!
    輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~
    2017.3.22 JAIA輸入車試乗会2017 ベントレーの「フライングスパー」に「ベンテイガ」、アストンマーティンの最新モデル「DB11」、「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動バージョン……。お値段2000万円オーバーの高級車の中から、webCG編集部員が注目モデルの走りをリポートする。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • 新型「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」日本上陸 2017.4.24 自動車ニュース アストンマーティンは2017年4月24日、フラッグシップモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」の新型を東京都内で披露した。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • アストンマーティンDB11 2016.3.1 画像・写真 アストンマーティンが、ジュネーブショー2016において新型車「DB11」を発表した。2003年に登場した「DB9」の後継モデルに当たり、パワーユニットには自社開発の5.2リッターV12ターボエンジンを採用している。アストンの新しい基幹モデルを、写真で紹介する。
ホームへ戻る